東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子供の日って雨降りが多いかもネ。でも、雨もまた楽し。

小雨がパラついた子供の日、浅草ROXのスーパーマルチコートでは大勢の子供たちがナントカレンジャーたちと記念撮影大会で賑わっていた。此処はBMXの大会やラジコンカーの大会など休日は大抵何かイベントを開催しているナ。でも此処、本当はフットサル場だったっけ。

そして、僕はその向かい側の洋食屋『ヨシカミ』へと並んだのだ。此処は朝11時45分と云う微妙な時間に開店するので、それを逃すと1時間近くは待つ事になる。で、午後1時を廻る頃には名物のハヤシライスもオムライスも品切れとなった。
でも、僕の目当ては違うのだ。むふふ、カニサラダにビールなのだナ、これが。

此処は一人だとカウンターに座り、修行中の若者が大きなフライパンで必死にチキンライスを大量に一気に作る姿を眺めながら、ビールを飲むのが好きだ。
b0019140_14565213.jpg
大勢ならば、奥のテーブル席が良い。ヨシカミは何が良いって、味はもちろんの事、働く人たちの姿が実に素晴らしい。これは目黒の『とんかつ とんき』も同様だが、此処でしっかり修行をして、故郷に錦を飾るのだ、って云う意気込みがヒシヒシと伝わってくるのだヨ。ホント、見ていて気持ちが良いのだ。
b0019140_14545896.jpg
どうです、このカニサラダ。これでビールを一本空け、お次ぎはオムライスといきたい所だが、売り切れなのでメンチカツにチキングラタンにしてみた。
b0019140_1456116.jpg
メンチかハンバーグサンドにするか悩んだが、今回はメンチにトーストに軍配だ。
b0019140_14552697.jpg
此処のグラタンは濃厚なベシャメルソースが旨いのなんの。幸せな休日を過ごしてるって感じだナ。ぐふふ。もう、うますぎて申し訳ないス!ってネ。
b0019140_1502785.jpg
満腹になった所で、『アロマ』で美味しい珈琲を戴いた。

休日は美味い飯に落語だろうって事で、午後は「浅草演芸ホール」の夜の部を楽しんだ。
b0019140_1458574.jpg
それにしても、ゴールデンウィーク特別興行と銘打っただけの事はある凄い顔ぶれが集まった。
b0019140_1457484.jpg
僕の大好きな権太楼師匠をはじめ、小満ん師匠、志ん五師匠、のいる・こいる師匠も出たのだ。そして、務めトリを飾るのは柳家小三治師匠なのだから凄い顔ぶれだろう。先日も「国立演芸場」の開場三十周年記念公演でも拝見したが、本当に素晴らしい噺家だネ。立ち見もなんのその、で大いに笑ったナ。

飯を喰らい、大笑いし、また腹が減るので飯を食う。てな訳で、躯が肉モードに突入していったのでアル。

川崎で大当たりした『ホルモンしばうら』が目黒本町に支店を出していたので、行ってみた。鮨も焼き肉も兎に角美味い店を知ってしまうと、それ以外はそこそこ美味しくて安い店ってのが気軽に使えてイイネ。これにスタッフの感じが良いとすぐリピーターになってしまう僕なのだ。

で、此処も大変素晴らしい店だった。なんせ、安くて美味い。
b0019140_152847.jpg
ウリのホルモンも網の上でサッと炙って口に運べば、ジュワっと脂が溶け出し、適度な歯ごたえが幸せを運んでくれるのだヨ。むふふ。和牛肉はA5級しか扱わないらしい。
b0019140_1522638.jpg
最近、カルビよりもロースが好みの僕には、此処の塩ロースが気に入ってしまった。
b0019140_1524945.jpg
メニューの品数が適度ってのも良い。余りに多いと決め悩んでしまうからね。ハラミは輸入肉だそうだが、これはタレが良い。ハラミは『みやこや』って決めているが、此処だって十二分に美味かった。

沢山食べて、呑んで、最後の会計で、また幸せな気分に浸れるのだ。それほど手頃な価格で可成り美味いのだから云う事ナシだネ。あぁ、この日はまたも幸せな休日を過ごせたな。
b0019140_1562495.jpg
もうすぐ三社祭だね。今年は2年ぶりの宮出しで盛り上がるネ。
[PR]
by cafegent | 2009-05-11 15:09 | 食べる