東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近のお気に入り。手土産にオススメの菓子を幾つか。

b0019140_16121599.jpg
小説「楢山節考」を書いた深沢七郎は、晩年曳舟駅近くで『夢屋』と云う今川焼き屋を営んでいた。そのお焼きの包装紙を横尾忠則氏がデザインしているのは有名な話だ。『立ち飲み なるきよ』に行けば、横尾さんデザインの美濃焼ガイコツ柄の大皿で刺身を盛りつけてくれるが、買い食い駄菓子のお焼きの袋をデザインしてたなんて、一度で良いから見てみたかったナ。

毎週、立石の『宇ち多”』で呑んだ後は、同じ仲見世商店街の中に在る大判焼き屋でお焼きをひとつ買って行く。
b0019140_161018.jpg
最近、いろんな街の商店街にたい焼き屋さんが在るが、僕はお焼きの方が好きだ。カリカリに香ばしい角の辺りをかじるのがたまらなく好きなのだ。中からはみ出したあずきを地面に落とさないように気をつけながら歩いて行く。

そう、僕は甘いものに目がない。酒呑みのくせに、大の甘党でアル。
ちょうど今の時期は新茶の季節。香り高き緑茶に合わせるのは、矢張り和菓子だろうか。まぁ、ロールケーキなどの洋菓子も好きなので、概ね菓子類は好きなのだろうナ。

そんな中、今とてもハマっている菓子が有る。銀座六丁目のコリドー街に店を構える『甘楽』さんでアル。甘く楽しいで、"かんら"と読む。
豆大福やどら焼きが人気だが、僕は何と云っても「銀六餅」がお気に入り。以前、頂き物として食べて以来、病みついている。そして、事ある毎に手頃な手土産としても利用させて戴いているのだ。

さて、その「銀六餅」だが、見た目はどう見ても小さなどら焼きだ。だが、一くち口に入れたら、どら焼きの生地とはまるで違うモッチリした食感に驚かされることだろう。どら焼きの生地は薄力粉に卵で焼くので、とてもふんわかしているのだが、こちらは餅粉を使っているので、食べればやっぱりお餅なのだ。
b0019140_15555253.jpg
甘さを控えめにした粒餡が絶妙にマッチし、虜になってしまうのだ。

また、此処が使う小豆は北海道は、留寿都の契約農場だと知って、北海道出身のボクとしては増々親近感が湧いたのだ。ルスツは小さな頃、よくスキーをしに行ったところだ。

銀座のど真ん中で毎日餡を炊き、餅をつき、生地を焼いてひとつ一つ丁寧に和菓子を作っている。その日に作った菓子を、その日のうちに食べてもらいたいと云う事だろうか、此処では「朝生菓子」と呼んでいる。この小さな心意気が僕らを魅了して止まないのだろうナ。これ、ホントにオススメしたい一品だ。

銀座の銘菓を紹介したのだから、我が故郷のお菓子も紹介しないと、だナ。

ひとつ目は、『千秋庵』が作る「ノースマン」だ。パイ生地の中に小豆餡を入れて焼き上げている。今でこそ、馴れ親しんだ味なのだが、初めて食べた時は驚いたなぁ。
b0019140_1556422.jpg
パイって云うもん自体が洋風でとても洒落ていた。それまで『千秋庵』と云えばミルク煎餅の「山親爺」だったが、これが登場してからは、帰省する度に買っている。これだけは、いつも自分用の土産なのだ。

二つ目は、『六花亭』の銘菓「チョコマロン」かな。ペースト状にした栗をラム酒で味付けし、しっとりと仕上げココアビスケットで挟み、六花亭自慢のチョコレートで包んである。何処にも奇をてらった所が無い素朴な菓子なのだが、六花亭でも長年大人気の銘菓なのだ。
b0019140_15572518.jpg
これを食べながら、シングルモルトを呑むのが僕の好み。大人の味わいだね、むふふ。

和菓子じゃないが、大変美味しい物を戴いた。岡山産の完熟トマト「桃太郎」をまるごと1個使った岡山『佐野屋』の「完熟トマトゼリー」である。
b0019140_1558468.jpg
プルンプルンのゼリーは甘みを抑え、トマトそのものの甘みを引き立ているのだ。こんなに甘いとトマトって野菜なのか果実なのか悩んでしまうナ。これからの季節、こんなさっぱりしたデザートは嬉しい限り。
ただし、1個525円と、チト高いのが辛いね。また、お土産に戴きたいもんだねぇ。

冷たい菓子続きでもうひとつ。
砂町銀座商店街を歩いていて見つけたクリームパンをご紹介しよう。
b0019140_15585598.jpg
包み紙には「創業昭和八年 広島みはら港町 八天堂」とある。クリームパンと云っても、フワフワなカスタードクリームがたっぷり詰まっており、パンもしっとり、もっちりでパンと云うよりは菓子だナ。
そして、買う時にお店の方から「冷蔵庫で冷たく冷やして召し上がってくださいネ」、との事だった。その通り、冷やして食べたら大変美味かったのだ。カスタードの他に抹茶、あずき餡などもあってお土産にしてみた。

西小山商店街でも出張販売していたので、ここ最近、都内各所の商店街に限定出店しているのだろうネ。1個200円とこれまたチト高いが、包装紙も素敵だし手土産にすれば、喜ばれるだろう。
b0019140_16133185.jpg
すみれが可憐に咲いていた。
[PR]
by cafegent | 2009-05-25 16:15 | ひとりごと