東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

予定を立てない休日は、なんて贅沢なのだろう。

軽井沢の朝は爽快だ。オオルリやヒバリなどのさえずりで目を覚ます。
b0019140_184745.jpg
星野リゾートの隣には野鳥の森が在り、沢山の野鳥を目にする事が出来るし、夜には夕闇を飛ぶムササビを見られるナイトウォッチングなども催されるのだ。
b0019140_1843575.jpg
濃いめの珈琲を飲み、のんびりと散歩に出た。
b0019140_1894957.jpg
歩いて中軽井沢の駅まで行き、そこから一駅電車に乗ってみた。
b0019140_18153878.jpg
30分程歩いたので、腹が減った。
時計を見れば12時を過ぎていたので、昼飯にすることにした。

軽井沢でも、日向は暑い。それが、ちょいと木陰に入ると嘘のようにヒンヤリとした風が吹いてくるのだから不思議だナ。

駅前から旧軽井沢通りを進み、東雲の交差点を左折。雲場池通り沿いに佇む『コクーン・ティーガーデン』は地元の方に大変人気のレストランだ。

此処は女性オーナーが毎朝自家農園へ行き、収穫した野菜を提供している。店内の大テーブルの上には新鮮な朝穫れ野菜の皿が所狭しと並ぶ。美味しい野菜を好きなだけ食べる事が出来る「野菜バイキング」が此の店のウリであり、メインの料理もハンバーグやカレー、パスタ等々種類も豊富だし、天然酵母のパンはすこぶる美味いのでアル。
b0019140_1824425.jpg
外のテラスでは子犬を連れた夫婦が楽しそうに食事を楽しんで居たナ。
僕は相変わらずビールでスタートだ。
b0019140_1821742.jpg
コクーンは、隣接するマーケットで販売している自家製「トマトのケチャップ」やジャム類がとても評判だ。誰にあげても喜ばれるので、必ず土産に買って帰るのだ。でも、今回は自分用にオーナーお勧めの「三ヶ日月みかんのマーマレード」を買って来た。
b0019140_1812971.jpg
バタートーストにたっぷりと塗って食べるのだ。むふふ。

新鮮サラダを沢山食べたところで、自慢のハンバーグが登場。
b0019140_1815146.jpg
付け合わせのジャガイモももちろん穫れたてだ。モッチリとして大変旨い。肉汁たっぷりのハンバーグの上に乗っているコーンも自家農園で栽培しているそうだが、オーナーに伺えば、今年はハクビシンが出てとうもろこしを大半喰い散らかしてしまうので、バイキングに出せる程の収穫が出来なかったそうだ。それでも、ハクビシンがかじった残りのコーンを集めて、付け合わせやコーンパン等に使っていると聞いた。

白鼻芯(ハクビシン)って鼻筋が真っ白な獣で狸とイタチの中間の様な動物だが、ネコ科だったのネ。

お腹も大満足になったナ。
午後は、プリンス側の別荘に来ている後輩と会う為に東急ハーヴェストホテルのロビーで待ち合わせをした。
b0019140_1803710.jpg
此処も中々気持ちの良い空間で一日のプランを練る時なんかには丁度良い場所だナ。

プリンス側は、ちょうど72ゴルフにて女子ゴルフトーナメントが開催されていたので、宮里藍選手、上田桃子選手目当てのファンたちでごった返していたみたいだが、旧軽井沢の方は長閑なもんだった。
b0019140_181119.jpg
後輩と久しぶりに会ったので、思いのほか長話をしてしまった。まぁ、予定があるわけじゃなし、これが休日の正しい在り方なのだナ。
b0019140_17592882.jpg
中軽井沢から鬼押出し方面へ。

千ヶ滝温泉の先に在る『セゾン美術館』にて開催されていた「絵画 モノクロームとマルチカラー」展を観た。
b0019140_17571534.jpg
此処がコレクションしているマーク・ロスコやイヴ・クライン、フランク・ステラ、リ・ウーファン等の作品を「色」と云う切り口で構成した展覧会だ。
b0019140_17564685.jpg
強烈な色で、作品の印象や個性を心に記憶させる事は、多々ある。イヴ・クラインの「クライン・ブルー」などは、その典型だネ。先日、誰かがアラーキーの写真はモノクロームの作品なのに、記憶に残るのは鮮明な色の記憶だそうだ。
アラーキーのモノクロは、観る者の心にドスンと刺さる鮮やかな色彩に変わるのだろうか。

白とグレー、黒から始まる展示は徐々にクラインの青やフォンタナの緑色に変わり、ポロックやジャスパー・ジョーンズのマルチカラーへと移って行く。

いつも観る絵画も構成ひとつでこうも見え方が変わるのか、と再認識出来てとても興味深い展覧会だった。
b0019140_17574048.jpg
美術館を出ると、そこは緑一色の世界。イサム・ノグチの彫刻の前で大きく深呼吸をした。
b0019140_17582816.jpg
自然の中でアートに触れるなんて、とても贅沢な過ごし方だナ。
b0019140_1759848.jpg
歩いて山を下り、千ヶ滝温泉へ。
b0019140_1831294.jpg
オープンエアな渡り廊下を抜けると温泉だ。
b0019140_17585086.jpg
陽が暮れるまでのんびりと湯に浸かり、汗を出した。

あぁ、予定の無い一日は、なんて素敵なのだろうか。
b0019140_1884582.jpg
軽井沢駅まで戻ると、矢ヶ崎公園に大勢の人が集まり出していた。
b0019140_1882211.jpg
川の畔では縁日の屋台も出ているし、浴衣姿の子供たちも集まってる。
b0019140_18111514.jpg
亀すくいの屋台なんてのもあるのだネ。

そうか、前日は盆踊りが有ったのだが、この夜は花火大会だったのだ。
b0019140_18101085.jpg
これから少し陽が暮れる18時に花火が打ち上がるのだナ。
b0019140_18103965.jpg
さて、僕は花火よりも酒が恋しくなってきた。
b0019140_1823686.jpg
ぐふふ。軽井沢にも、こんな渋い酒場もあるのさ。
b0019140_18212396.jpg

by cafegent | 2009-08-19 18:24 | ひとりごと