東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

美味い飯に旨い酒、これこそ旅行の愉しみだナ。

    残り鱧秋を迎えし身づくろい

京都の夜はいつまでも続いて欲しいものだ。

『京都サンボア』を出て『スタンド』に行こうと思ったが、其処までハシゴしてしまうとさすがに夕飯がキツくなるから我慢した。先程の『赤垣屋』の方まで戻り、木屋町通りの『割烹やました』へと向かった。
b0019140_15143011.jpg
今年の正月明けに来ようと思ったら、休みだったので今回は待ちに待った訪問なのでアル。八時半の予約だったのだが、ちょいと寄り道し過ぎて遅くなってしまった。スンマへん。

カウンターの一番奥に座り、先ずは生ビールから。
b0019140_15145439.jpg
これで、気分一新だ。つきだしの生ハムや鮎が酒の肴に丁度良い。
カウンターに並ぶ食材を見たら、おまかせでは無くアラカルトで食べたいモノをお願いする事にした。

品書きに出ていたこしびの焼霜が食べたかったが、あいにく終わっていた。親方が鱧を勧めてくれたので、名残の鱧を焼き霜で戴く事にした。

祇園と云えば鱧、毎年祇園祭りではハモが沢山振る舞われるのだ。
「鱧は梅雨の水を飲んで旨くなる」と云われる通り梅雨の季節が旬の食材だが、「今の時季は鱧に一番脂が乗っていて味に深みが出る」のだそうだ。

後ろの水槽では鱧が泳いでる。お客さんたちと陽気に話を弾ませていた親方が、スッと包丁を持ち鱧の骨切りを始めると、グラスを持つ手が止まり、しばらく魅入ってしまった。
b0019140_15151248.jpg
鱧の焼き霜の準備をしている間に生牡蛎を戴いた。
b0019140_15154252.jpg
クリーミーで、辛口の白ワインに合いそうな程深い甘さを感じたが、冷酒で戴いてみた。
b0019140_15155826.jpg
酒は兵庫の純米酒「大神力」をお願いしたが、これが大正解だった。
シャブリも良いがキリリと冷えた日本酒もこの牡蛎にマッチしたナ。

牡蛎をペロリとやっつけた頃合いにカウンターの向こうから真っ赤に燃えた「かんてき」がやって来た。コレ、関東では七輪と云うヤツね。
僕の知っている大阪のオッちゃんは、スグ頭に血が上るので皆から「カンテキ爺ぃ」と云われていたっけ。
b0019140_15192151.jpg
『やました』のかんてきは独特の形をしているネ。三河コンロよりも平べったいのは、此処で初めて見た。炭の上に乗る網は京都の老舗『辻和金網』のモノだろうか。欲しいなぁ。
b0019140_1518788.jpg
こっちの銀杏煎りは、絶対に辻和製だろうナ。
b0019140_15173469.jpg
鱧はこちらの進み具合を見計らって、板場の松岡さんが絶妙なタイミングで焼いて出してくれる。
b0019140_15182585.jpg
あぁ、幸せの泪がこぼれてきそうだ。

そして、炊き合わせを戴いた。蛸と春菊、栗、小芋、そして生麩の炊き合わせ。
b0019140_1520369.jpg
素材の味をしっかりと堪能する事が出来る見事な味付けだ。蓋の満月を眺めながら、お椀の中の小宇宙をしばし遊泳だ。

さぁ、そろそろ松茸の時期も終わる頃だネ。焼きにしようか悩んだが、土瓶蒸しで戴いた。
b0019140_15202872.jpg
「薫り松茸味しめじ」と云われるが、その薫りを舌でしっかりと味わうのなら土瓶蒸しが一番だろうか。
b0019140_15205416.jpg
『京味』の鱧と松茸の鍋も素晴らしいが、この土瓶蒸しは大変美味い。
b0019140_15211415.jpg
酒をおかわりしてると、さっき頼んだ茶碗蒸しが蒸し上がって来た。
むふふ。これからの季節には外せない一品だナ。
b0019140_15213992.jpg
続いて、琵琶湖の子持ち鮎だ。これも何とも贅沢な逸品だ。
b0019140_15221130.jpg
頭からパクリといけば口が琵琶湖に早変わり。至福の時が流れるネ。

最後は炭水化物で〆としようか。
b0019140_15224045.jpg
もずくの雑炊を戴いて満腹だ。
b0019140_15231131.jpg
あっさりした味付けがもずくの薫りと味を引き立てる。イクラの塩味をアクセントに添えて、ペロリといってしまったヨ。

それにしても、美味い店は仕事をする姿を眺めていても実に気持ちが良いネ。此処は親方の山下さんが本当に愉しそうに料理を作っている。
板場で働く方々も料理以外の部分でも親方をちゃんと見ている様で、厳しい中にも楽しく生き生きと仕事をしている様に思えたナ。
b0019140_15263714.jpg
花島さんも気さくだったし、目の前の松岡さんは実に丁寧に料理や素材の事を教えてくれた。

こんな店こそ長く通いたくなるのだ。東京に居てもそうだが、段々と行く店が決まってくるのだ。これからは、京都を訪れる度に此処『割烹やました』の暖簾を潜るだろう。しかし、席が取れたらの話だけれどネ。

お気に入りの店を何軒か廻り、新しい店を一軒だけ訪れる。これが僕の最近の旅の仕方だナ。

最後に名物の鯖寿司をお土産にして頂いた。一晩置いて、明日の朝の朝食にしよう。

店を出て、タクシーに乗り祇園へ。
目指すは『祇園サンボア』だ。夜は少し冷える。
b0019140_1527851.jpg
「SANVOA」の暖簾が、神無月の夜風に揺れていた。

カウンターの一番奥には着物姿の美しい女性が独りお酒を呑んで居た。

     サンボアの暖簾の奥に秋袷(あわせ)
b0019140_1527401.jpg
先ずは、マンハッタンのオン・ザ・ロックを戴いた。
b0019140_1528334.jpg
奥の壁には古い暖簾が額装されて飾られていた。懐かしい、山口瞳の描いたサンボアの暖簾でアル。

山口先生が贔屓にして通っていた頃は、東京のトニーズバーで修行中だったと云う中川立美さんが三代続いた最古参のバーを守っている。

マスターと最近の巷のハイボールブームの話になった。
サントリーが精力的に仕掛けているので、何処の酒場に行っても「ハイボール、あります」のポスターや看板が出ているネ。バーによっては、最初からウィスキーと炭酸が混ざっており、レバーひとつでハイボールが完成する店も在ると云う。

「あれは、戴けませんネ。矢張り、毎回キチンとウィスキーを注いで、栓を抜いた炭酸を注がなくちゃ美味しいハイボールは出来ませんよ」、その通りだね。下町の焼酎ハイボールとは訳が違うのだから、ウィスキーハイボールは手を抜いちゃいかんネ。

そして、もう一杯。今度はクレイモアのスコッチウィスキーでとびきりのハイボールを作って貰った。
b0019140_1528337.jpg
あぁ、これぞハイボール。角ハイも良いが、極上のハイボールは祇園の街に似合うなぁ。

美味い酒に酔いしれている間に隣の着物美女は消えていた。まぁ、良いか。こうして、祇園の夜は更けていく。うん、素敵な旅を過ごしているナ。

気が付けば、朝を迎えていた。シャワーを浴び目を覚ますと、夕べの『割烹やました』で作って頂いた鯖寿司を朝食にした。
b0019140_15285216.jpg
酢がしっかりと馴染み得も云えぬ旨さだ。むふふ、朝から贅沢だ。

堺町三条の『イノダコーヒ』に行き、美味い珈琲を飲む。
b0019140_1529597.jpg
これで、僕の京都の朝が始まるって訳だ。
b0019140_16555131.jpg
外は気持ちが良い秋晴れだ。
北大路からバスに乗り、『源光庵』へ。
b0019140_15302157.jpg
門を潜るとススキと萩の花が迎えてくれた。
b0019140_15304231.jpg
萩の花は「万葉集」の中で140首も詠われている。それほど、日本人の心象に訴えかける花なのだろうね。
詩人の高橋陸郎さんは、〈その派手といえない淋しげな佇まいが日本人の美意識に適(かな)ったのだろう〉と記している。(朝日新聞「花をひろう」から)

    雁がねの初声聞きて咲き出たる 
        屋前(やど)の秋萩見に来わが背子(せこ)

「今年初めて鳴く雁の声を聞いたら、家の萩が咲き始めた。どうか、見に来てくださいね」と云う意味だが、背子とはいわゆるオトコでアル。恋しい女性が好きな男を想う姿を詠んだ秋の歌だナ。
b0019140_15311981.jpg
『源光庵』の本堂には血天井が残っている。
b0019140_15315232.jpg
伏見桃山城の遺構であり、徳川家康の忠臣、鳥居彦右衛門が率いた一党の自刃し果てた時の痕跡だが、足跡などは今も生々しく残っておりちゃんと成仏出来たのかナ、と心配してしまう。

この本堂には、丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」が並んでいる。
b0019140_15322071.jpg
禅では、丸は宇宙を表し、逆に四角い窓は人間の生涯を表し生老病死の四苦八苦を表してるそうだ。
b0019140_15325347.jpg
窓の前に座り暫くの間眺めていると、心が清らかに澄んで行くようだ。
あと一ヶ月もすれば、庭の木々も赤々と紅葉し、見事な風情となるが、今だってとても素敵な趣きがある。
b0019140_1733264.jpg
これが、紅葉の時季の源光庵だ。

さて、僕の心も迷う事なく清らかに悟ることが出来るのかしら、ハテ。
b0019140_15333135.jpg
祇園に戻り、昼ご飯を求め『祇園山ふく』へ伺った。
b0019140_1536395.jpg
昼は20食分しか用意していないとの事で、午後1時半頃に向かったのだが既に暖簾が仕舞われていた。

まいったナ、と思いつつ戸を開けると「もう暖簾引っ込めたし、終わってるのよ!」と冷ややかに云われたが、すぐ「今度からは、先に電話入れてね、そこ座って!」と救われたのだった。最初にガツンとキビしい声が架かり、半ば諦めかかった所で優しい言葉が覆い被さった。

「ウチは夜が中心だから、お昼はサービスなのよ。この値段じゃ夜は出来ないものね。だから、すぐに終わっちゃうのよ」と話を続けながら、せっせと追加の支度をしてくれた。嬉しいなぁ。
b0019140_1534710.jpg
先ずは、鮎の南蛮漬けと野菜の炊き合わせ。
b0019140_15343780.jpg
それに茶豆と桜えび煮ときゅうりの酢のもの。あぁ、どれも美味い。
b0019140_1535311.jpg
ご飯はシメジの炊き込みご飯だ。
b0019140_15352157.jpg
漬け物のご覧の通りのボリュームだ。凄いねぇ。
b0019140_15354161.jpg
続いて、鴨ロースに牛の肉じゃがだ。
b0019140_15355819.jpg
ジャガ芋がしっとりもっちりで味が良く滲みており旨かったなぁ。

「夕べ炊いたのだけど、食べる?」と云いながら、出してくれたおかわりは松茸ご飯だった。
b0019140_15361735.jpg
味も薫りも素晴らしく腹一杯だったのにペロリと平らげてしまった。
b0019140_15402145.jpg
凛とした祇園の街で、こんなにもほっこりと心温まるなんて最高だ。

次回は、夜にゆっくりと美味いおばんざいに酒でも一献つけたいナ。
あぁ、今回の京都は美味いものずくしだったナ。

花見小路を出て向かい側の露地を入る。
b0019140_15463151.jpg
時季なので『甘泉堂』の栗蒸し羊羹を土産に買って帰ろうと思ったら、あいにくの休みだった。残念。

仕方ない、また次回だネ。
b0019140_15461564.jpg
で、気を取り直し、角の京都現代美術館『何必館』にて「北大子魯山人展」を拝見し、京都駅へと急ぐのであった。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/12129051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2009-10-14 17:04 | 食べる | Trackback | Comments(0)