東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

吉原大門の近く、もつ焼きほりいと金すしにハマる。

先週の金曜日は立石『宇ち多゛』を攻めた後、一度行ってみたかった三ノ輪の『もつ焼きほりい』へと向かった。
b0019140_168225.jpg
この辺りに来ると『弁慶』の煮込みか『丸千葉』へと足が向いてしまうので、地元に住むmooちゃん夫妻の案内で初の『ほりい』でした。以前からmooちゃんのブログ「口福な日々」を読んでいで『ほりい』が気になっていたのだ。

ガラリと戸を開けるとよい具合に年季が入ったカウンターが目に入る。女将さんをぐるりと取り囲んだカウンターでは地元の常連さんたちがほろ酔い加減で愉しそうに笑ってる。mooちゃんのご主人小ヒロさんが先に着いて席を取っておいてくれた。

此処もビールの大瓶が五百円と今時嬉しい価格でアル。そしてもつ焼きは一本八十円。ゆで玉子五十円やらっきょう二百円と千円札一枚も有れば十分楽しめるのだネ。
b0019140_1682484.jpg
レバ、ハツ、カシラをタレで焼いてもらう。此処の串は長ネギが入るのがまた良いのだナ。
b0019140_1685394.jpg
酒朋クマちゃんが教えてくれた、此処のらっきょうも酒のアテに良い。

小ヒロさんも酎ハイで赤くなってきたゾ。タンの塩焼きも絶品だ。
b0019140_1610302.jpg
もう少し此処で呑みたかったが、8時閉店なので諦めた。次回は早めに来て隣りの銭湯でひとっ風呂浴びてから来よう。うーん、この辺りは吉原か。違う風呂に寄っちゃいそうだナ。

『もつ焼きほりい』に大満足し、mooちゃん夫妻行きつけの『金すし』へとお邪魔した。吉原大門のすぐ近く交番の隣りが『金すし』だ。そうか、『丸千葉』から真っすぐ同じ通りなんだネ。こりゃ、次回からのハシゴ酒が愉しみだ。

初『金すし』は、これまた至福なひとときを過ごす事が出来た。
b0019140_1612122.jpg
流石、常連夫婦と一緒だと美味しいものばかり知り尽くしているもんだから、もう二人の言いなりでアル。刺身も美味しいが、穴子の煮こごりが絶品。
b0019140_16105486.jpg
煮こごり好きとしては、たまらん一品だった。
b0019140_16111573.jpg
帆立のグラタンもバカウマで、酒を片手に食べ続け状態が続くのだ。
b0019140_12531782.jpg
小ヒロさん、緑茶割りですっかりゴキゲン。
するとそこへ団体五名が入って来た。雷門『簑笠庵』のお二人と店の常連三人姫たちだった。僕らが此処に居るって聞きつけて、店を閉めてすっ飛んで来たって訳だ。これでカンターはずらり知った顔ばかりが並んだネ。
b0019140_16123998.jpg
mooちゃんお気に入りの貝割れサラダも美味い。
b0019140_16132032.jpg
握りもネギトロ巻きも美味しくて、可成り食べたなぁ。大勢だと沢山食べられるから良いネ。
b0019140_16165611.jpg
僕らは緑茶割りでゴキゲンだし、山本さんや京子姐さんは熱燗を楽しんでたネ。
b0019140_12562599.jpg
此処は何を頼んでも美味しいナ。正に料理人の腕の見せ所だネ。

隣りで大笑いするmooちゃんの横では小ヒロさんが舟を漕いで居たナ。『ほりい』の酎ハイが今頃効いて来たんだろうネ。
b0019140_16174785.jpg
『金すし』の海鮮巻きがとても美味いと大評判だったのだが、僕のカメラには写ってなかったのだヨ。でも、カオル嬢のブログ「東京耳袋」にしっかり載っていたので一安心。愉しく金曜の夜は更けたのであった。
         ◇       ◇       ◇
土曜日は朝から寒かった。
b0019140_1618887.jpg
荒川土手では、寒さ知らズの若者達が野球の練習をしていたナ。
いつもより二本早い電車に乗ったら、10時10分前に着いてしまった。

八広『丸好酒場』のご常連モンナカさん(と勝手に呼んでいるのだが)と同じ電車で、二人揃って『宇ち多゛』一番乗りであった。
b0019140_16182896.jpg
それでも煮込み鍋側の方は、既に何名か並んでいたナ。ホント、最近みんな早く並ぶ様になったネ。

土曜日の煮込みホネは肉が柔らかくなっていて実に美味い。寶焼酎の梅割りが午前中の胃に滲みるのだ。
b0019140_16185237.jpg
そうそう、最近発見したのだが、朝牛乳を飲んで来ると梅割りで悪酔いしなくなった。
b0019140_16192291.jpg
遅れて口開けに間に合わなかったユリちゃんも宇ち多゛の後に『ゆう』で合流。馴染みの酒場に馴染みの顔が集まるってのが一番愉しいネ。

午後は、武蔵小山に向かい『牛太郎』の暖簾をくぐった。
b0019140_16203355.jpg
この日はタイミング良くスンナリと入口焼き台の前に座る事が出来た。瓶ビールの大瓶を貰い、トンちゃんを戴いた。
b0019140_16194311.jpg
もつを鍋で汁気が飛ぶまで炒めて、にんにくダレが絡んだトンちゃんは酒のアテに最適なのだ。これで110円なのだから申し訳無くなっちゃうんだよナ。
b0019140_1620275.jpg
80円のキャ別にテッポウとカシラをつまんでご馳走さまだ。あぁ、やっぱり『牛太郎』は居心地が良いなぁ。
b0019140_16205379.jpg
隣りのパン屋さん『nemo』でパン・オ・ショコラを買い喰い。
此処は、ひとみ姐さんが大好きだったパン屋さんだったナ。ひとみさんはいつも余計にパンを買って、僕らにお裾分けしてくれたっけ。
b0019140_16222681.jpg
むはは、バターをたっぷりと使ったパンは美味いね。

小一時間程、林試の森公園を散歩して昼の酒を抜いた。夕方、武蔵小山温泉『清水湯』にてひとっ風呂浴びた。サウナで30分じっくりと汗を出す。一週間の酒と汗が一気に躯から抜け出て行くのが判るくらいだ。

12分、10分、8分と三度に分けてサウナに入るのが気持ち良い。汗を出し切ったら、外の露天風呂で陽が暮れるのを眺めるのだ。

風呂から出たら、電車に乗って浅草方面へ。
b0019140_16224669.jpg
『簑笠庵』のカウンターには、前日すっかりお世話になった小ヒロさんが居た。奥様は仕事だそうでアル。
b0019140_1623258.jpg
鯖の干物を戴いて薩摩富士のお湯割りを呑んだ。気温が下がり、日に日にお湯割りが美味くなってくる。

改めて我が一週間の酒場生活を振り返ってみると、いつもの店に通う合間に少しづつ新しい酒場を開拓している。気に入った店には週3、4回は足を運ぶのだ。

3、4軒ハシゴする時は、大抵一軒は新しい酒場に訪れる。二度目が無い店も有れば、翌日仕事帰りに真っ直ぐ向かう店も有る。其処でまた新たな出会いが有ったりすると愉しい酒場が増えて行く訳なのだ。

さて、今日から十二月。また新しい一週間が始まったナ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/12416475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WrittenbyKaoruF at 2009-12-01 18:49
こちらのブログへのアクセスが急に上がった理由が判明致しました!!
ありがとうございま~す(^^)/
by cafegent | 2009-11-30 16:40 | 飲み歩き | Trackback | Comments(1)