東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちょいとハズかしい聞き間違いのオハナシ。

神保町の『兵六』で私設図書館『眺花亭』の館主ナベさんにお会いしたら、「深夜食堂」の新刊を買ったと聞いた。えぇっもう出てたんだっけ?まるで知らなかったのだが、書店に行ったらホントに第5集が平積みしてあった。
b0019140_21145068.jpg
で、早速購入したのだヨ。

目黒の駅ビルに入っている有隣堂書店が、僕のお気に入り本屋さんのひとつ。神保町の東京堂も好きなのだが、仕事場から近いのでこちらの方が多く利用する。

本屋さん毎に店員さんの選書やオススメのキャプション・コメントなんかもとても参考になる。中でも随筆・エッセイが好きな僕は有隣堂目黒店のエッセイコーナーの棚に並ぶ本のセレクションに裏切られた事がない。今回も文藝春秋から出たばかりの丸谷才一『人形のBWH』やすっかり買い忘れていたオキシローの『ヘミングウェイの酒』なんかがセレクトされていた。

他にも池波正太郎の書生を務めた文筆家・佐藤隆介の新刊『池波正太郎指南 食道楽の作法』や晶文社から再発された植草甚一の本なども有ったナ。うん、矢張り此処の店員さんの選ぶ本は僕好みだナ。

ずっと昔、本屋さんに住めたら最高に幸せだろうなぁ、なんて考えた事があるが酒場『兵六』には、それに近い蔵書に埋もれて生活を送っている御仁が居るのだ。僕とちょうど同い年で、毎日京橋のフィルムセンターに通って映画を観て、古書街で本を探し日が暮れると酒場に現れる。これをほぼ毎日送っているのだから、実に羨ましい暮らしぶりだネ。でも、映画の話や豊富な雑学知識が酒の席を愉しくさせてくれるのだ。
b0019140_21325671.jpg
      ◇        ◇        ◇  
ちょいと、聞き間違いのおハナシ。

朝、テレビをつけたまま、新聞をナナメ読みしていたら、妙なメッセージが耳に残った。元気な女性の声で「オカマニッポン!キャンペーン」と云っていた。えっオカマニッポンって何だろう。
先日、タレントのはるな愛がタイのニューハーフ美人コンテストで優勝したニュースを聞いていたので、同様のオカマ日本一を決めるキャンペーンなのかなって?と不思議に思ったがそのまま新聞に没頭していた。

それから何日か経ち、また同じCFが流れた。確かにオカマニッポン!と聞こえたが、お米に混ぜるだけで体に栄養を与えてくれる『お釜にポン』と云う製品のプレゼントキャンペーンCFだったのだ。いやはや、耳だけで反応すると聴き間違えるネ。

聴き間違いと云えば、NHKの「ブラタモリ」と云う街歩き番組の中でのエピソード。
麻布十番には野口雨情の童謡「赤い靴」にちなんだきみちゃんの像が建っている。この歌は、有る程度の世代ならば大抵知っている童謡だネ。タモリ氏はこの歌の歌詞が暗いから苦手と云っていた。
そして、次が笑えた。
この歌の中の「異人さんに連れられて行っちゃった」の部分をタモリの知っている人は、ひい爺さんに連れられたのかと思ていたそうだ。〈い〜じんさんにぃ〜〉が〈ひぃじいさんにぃ〜〉だとずっと勘違いしていたらしい。ワカルね、こーゆーの有るもんネ。ちなみに、好い爺さんに連れていかれたと思っている方も結構居るみたいだネ。

そう云えば、我が母は、ずっと女優のともさかりえを「ともりさかえ」だと思っていたらしい。

今年の春、地下鉄の中で、サラリーマンと思われる方々が数人で立ち話をしていた時のこと。ちょうど、その日の朝刊に元日銀総裁の速水優氏が亡くなった日でアル。この方は、はやみまさると読むのだが、年配の一人が「はやみゆうが亡くなったね」と云うと、もう一人も「そうそう、ゼロ金利の人亡くなったんだね」と即答。すると若い30代半ば位の男性が「えっ、優ちゃん死んじゃったんですか?事故か何かですか?」って一人勝手に早見優と勘違いしていた。もう全員が勘違いしてたから可笑しかったなぁ。

笑える聞き違いだと「鳳啓介ってさぁ」って云ったら、「えっ、ロドリゲスって?」て答えた奴が居た。

倖田來未を江沢民と聞き間違えた、てな話も酒場のヨタ話で聞いたナ。

聴き間違いじゃないが、僕の知っている女性は、秘湯の事をずっと「ひゆ」と云っている。本屋で「秘湯の旅」とかの本を見ながら「ひゆ、行きたいなぁ」と云っていたが、「ひとう」って読むんだよとは、ついぞ云えなかった。

「団塊の世代」をダンコンの世代って読んだ奴も居たナ。ダンコンなんて、黒光りした魔羅が脳裏に浮かぶヨ、まったく。また、証券会社で働いているのに、「破綻」をはじょうと云う奴も結構居たっけ。本人の頭の中が、既に破たんしていたのかもしれんネ。

ついこの間も、仕事先の若い奴に年賀状を出そうと思って住所を聞いたら、「あぁ、すいません。僕んち今年はモナカなんで」と答えたのだ。一瞬、ハテ?と思ったが、コ奴「喪中」をずっとモナカと読んでいたんだろうナ。秘湯よりヒドイ勘違いだネ。さすがに世間様に恥ずかしい思いもさせられないので、教えてやったら、「忌中」も読めなかったゾ。先行きどうなることやら。
b0019140_21155476.jpg
我が家は、今夜もモナカだが。むヒヒ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/12436326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sukemaro at 2009-12-03 23:16 x
私は”いい爺さんに〜♪”だと思ってました。
by cafegent | 2009-12-03 21:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)