東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

浅草寺の「亡者送り」で除災招福の一年を祈願。

二十四節気だと水曜日二十日が「大寒」だネ。

ここから二月初めの立春までが大寒だ。寒さが一段と厳しくなる季節だが、明日は一日だけとても温かくなると朝の天気予報で聞いた。
b0019140_13204441.jpg
「大寒」と云う言葉を聞くと毎年思い出す歌がある。はちみつぱいが唄った「大寒町」だ。ベーシスト鈴木博文氏が創った名曲だ。

   ♪大寒町にロマンは沈む 星にのって銀河を渡ろう♪

あがた森魚の「噫無情(レ・ミゼラブル)」で最初に聴いたが、他にも矢野顕子やムーンライダースが唄っている。どれも好きなのだが、いつも頭に浮かぶのは、矢張りはちみつぱいのヴァージョンなのだナ。

さて、今日は浅草「浅草寺」で「亡者送り」の日だ。
b0019140_13211427.jpg
12日から続く「温座秘法陀羅尼会(おんざひぼうだらにえ)」は、一山に十四人の住職が交代で今日の夕刻まで7日間ぶっ続けで昼夜不断の祈祷を続ける。
最後に貫主が修法を行い、これが終わる頃、本堂の照明が消され真っ暗闇になる。すると、本堂の裏手より松明(たいまつ)を持った鬼が二人現れ、炎を地に叩き付けながら境内を巡るのだ。

悪霊を祓い天下太平を願う「亡者送り」は誰でも観ることが出来る。
但し、「亡者送り」自体は数分間で終わってしまう行事なので午後5時に行くと良い。
鬼の持つ松明の炎で災厄が浄化されると云い、残った松明の炭を縁起物として持ち帰る人も多いそうだ。今年一年皆さんの天下太平、無病息災を願いたい。
       ◇       ◇       ◇
僕の酒友達クマちゃんは、本当に毎晩東京中の酒場を渡り歩く。今年も元旦から阿佐ヶ谷『川名』で呑み始めをし、一日たりとも欠かさずに酒場へと繰り出すのだ。

クマちゃんは酒を抜く日など無く、毎日3軒から多いときは5軒の梯子酒でアル。凄いよネ、一日3軒としたって、年間1,000軒以上も酒場に居るのだから驚異的な数字だ。もうこうなれば「酒神」とでも呼びたくなるネ。イヤハヤ、恐れ入る。今年も沢山呑もうね!!

僕も半年程前までは、クマちゃんと変わらず毎晩ハシゴ酒で呑んだくれていた。ところが、健康診断で酒を控えないと確実に数年後には「肝硬変」になると宣言された。そして追い打ちをかける様に「高血圧」と診断されてしまったのだ。

トホホ、でアル。そんな訳で、週一度の休肝日を設け、ハシゴ酒も極力2軒までに努めている。(極力ネ!)

ところで、「四少四多」って云う食事を守れば血圧は下がるそうだ。
少糖多果(甘い物は少なく果物は多く)、少塩多酢(塩は少なく酢は多く)、少葷多素(肉は少なく野菜は多く)、少食多餐(1回の食事の量は少なく食事の回数は多く)と云う事なんだナ。コレ、糖尿病にも効くらしい。

で、最近は毎週金曜日に酒を抜いている。昔は金曜になれば朝まで飲み歩いて遊んでいたが、今は毎晩ハナキンみたいな生活をしているので、金曜が待ち遠しいなんて事が無くなった。それに、金曜に酒を抜くと土曜日の朝が実に目覚めが良く爽やかなのだ。立石『宇ち多゛』の口開けもカンゾウに気兼ねする事無く存分に呑めるって訳だ。

それでも酒場には惹かれる訳で、最近もっぱら焼酎無しのホッピーで休肝日を過ごしている。

武蔵小山駅を出てパルム商店街を真っ直ぐ進み、もうすぐ商店街の終わりが近づいた辺りに鉄板焼きとお好み焼きの『とんとこ』と云う店が在る。以前、居酒屋だった場所にいつの間にか出来ていた。

此処でもホッピーの焼酎抜きをお願いしたら、快く引き受けてくれた。嬉しいネ、こう云うちょいとした気遣いだけで此の店が気に入ってしまった。店名の名の如く、此処は豚肉に自信が有るみたい。
b0019140_13225588.jpg
先ずは血圧を下げる効果の有るホウレンソウのサラダを戴いた。気休めだが、一応ネ。
b0019140_1323155.jpg
お次ぎはオクラと山芋だ。あっさりとして美味い。
b0019140_13223633.jpg
酒抜きホッピーは、こうして見れば生ビールにしか見えない。ぐふふ。
b0019140_13235932.jpg
さて、お好み焼きは海鮮にしてみた。海老がプリプリで美味い。
b0019140_13233637.jpg
此処は低温でじっくりと時間を掛けて焼くのかナ。外はカリカリで香ばしく、中はとてもフワッとした仕上がりだ。
b0019140_13244435.jpg
カウンターに座り鉄板の上で出来上がる料理を見ていると楽しいネ。
矢張り鉄板焼きはカウンターに限るなぁ。

此処は三人で切り盛りしていたが、鉄板を受け持つ姐さんが威勢良く、観ていて気持ちが良い。
b0019140_13221814.jpg
厨房に居る若い兄さんとフロアと酒を担当している兄さんも二人とも笑顔を絶やさず、実に居心地の良い店だったナ。ホッピーの注ぎ方も実にアッパレだった。

酒抜きホッピーをもう一杯おかわりし、〆に焼そばを戴いた。
豚バラ肉にたっぷりのもやしを炒め、太めの麺が入る。
b0019140_1322086.jpg
この麺がモッチりとしてとても美味かった。よーし、次回は存分に酒を呑みながら、他の焼き物を片っ端から喰ってみよう。
b0019140_13214524.jpg
最近新しい店は滅多に行かないが、小体の店は味と同じ位に人が大切だネ。久しぶりに「当り」の店を見つけたかナ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/12689015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タムラ at 2010-01-18 21:07 x
cafegentさんも充分鉄人だと思っていましたが、休肝日を設けられているんですね。しかも金曜の休肝が土曜口あけのためとは。。恐れ入ります。
by cafegent | 2010-01-18 13:46 | 食べる | Trackback | Comments(1)