東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々雑文雑多日記/夏は鰻とプールに限るのオハナシ。

b0019140_12513468.jpg
仕事場の近く、不動公園では盆踊り大会が開かれていた。
b0019140_12514761.jpg
地元の方々が大勢集まり夏の夜に彩りを添えていたナ。「盆踊り」って秋の季語なのだネ。以前、夏の季語だと思って一句詠んだのだが暦だと立秋を過ぎてからの行事なので、秋なのだそうだ。
b0019140_12515577.jpg
立秋は8月7日頃だから、此処は一足早い盆踊り大会だったのだネ。

夕べは風がビュゥビュゥと音を立てて吹き荒れていた。
窓を開けていると部屋中に心地良い風が吹き込んでくる。まるで海の家にでも来ているかの様だった。

ところが、今朝は一転して雨模様。
b0019140_12521063.jpg
漸く咲き出した桔梗の花も雨風に耐え忍んでいるのかナ。

外は湿度が高くて梅雨に逆戻りした様な蒸し暑さに変わっていた。
今宵は浴衣でも来て呑みに出掛けようと思ったが、チト厳しいかナ。
      ◇        ◇        ◇
岡山に在る宮下酒造では、『独歩』ブランドで素晴らしい地ビールを造り続けている。

ピルスナータイプ、デュンケルタイプ、シュバルツタイプ等々、ドイツに負けない程の数多くのオリジナルビールを出している。

以前、『牡蠣に合う白ビール』を出して話題になったが、今度は黒ビールだ。その名も『うなぎに合う黒ビール』でアル。
b0019140_1254154.jpg
丑の日には「黒いもの」を食べる習慣があるらしく、鰻、どじょう、黒鯛、黒豆、茄子などを食べる習わしだそうだ。

友人宅に手土産に持って行くも良し、鰻の蒲焼きと共に出せば話題になるだろう。

てな訳で、夏は鰻に限る。食べると俄然、元気になるのだヨ。
ワタクシ、週に何度鰻を欲しているのだろうか、ハテ?

先日もお中元に鰻を戴いた。今は焼きたての蒲焼きでも、なんでも瞬時に真空パックにして送る事が出来るから便利だネ。
b0019140_1254499.jpg
で、浜名湖の天然鰻の真空パックが届いたのだ。日本酒で蒸し焼きにすれば、焼きたての味が蘇るのだ。ぐふふ。
b0019140_12551022.jpg
付け合わせは、豚バラとキャベツのせいろ蒸しだ。
b0019140_12552134.jpg
水菜の和風サラダも添えて、酒のアテもバッチリだった。
b0019140_1255332.jpg
ビールもススムって訳だナ、こりゃ。
b0019140_12571726.jpg
むふふ、〆はおウチうな丼で決まりだ。

南千住に在る鰻の老舗『尾花』では、客の注文を取ってから鰻を捌く。
b0019140_12562165.jpg
そんな訳で、焼き上がるまでにとても時間が掛かるのだ。
b0019140_12581688.jpg
注文をしたら、ビールを一杯やって待つも良し。
b0019140_12592490.jpg
焼き上がりを待つ間にちょいと外に出て、小塚原を歩くのも良し。
江戸の刑場だった小塚ッ原は、井伊大老を襲撃した水戸浪士33人の墓や杉田玄白の腑分けの碑などが在るので、見物して戻って来る頃にはふんわりとした鰻が焼き上がっている事だろう。
b0019140_1258327.jpg
鰻は夏が旬だと思っている方が殆どだと思うが、実は秋頃のボッカ鰻が美味い。11月頃が「下くだり」と云われ、一番美味い季節だそうだ。

江戸っ子が自分の腕の太さと競って太い鰻を選んだそうだ。木杭(ぼっくい)の様に太いから「ボッカ」と呼ばれる様になり、シモという大串の蒲焼きが通に喜ばれたらしい。

このボッカ鰻をウリにしていたのが、旧江戸の北郊、南千住の尾花だ。皿からはみ出さんばかりの片腕程の大きな鰻の蒲焼きに、皆驚きながら食べたそうだ。
b0019140_138722.jpg
薄井恭一氏の随筆『味めぐり』にこのボッカの話が出ていたので紹介してみた。味めぐり―随筆 (1976年)

さて、昔は尾花の暖簾にも「天然うなぎ」と染め抜かれていたが、その暖簾が掛かる事はもう滅多にないだろう。それでも今では天然に勝る養殖鰻が育っているので、とても素晴らしい鰻を味わえるのだナ。
b0019140_1259872.jpg
名古屋から向こうの方々は歯ごたえが残り、香ばしい鰻が好みだと聞くが、関東は此処に代表される様なふんわりと口の中で崩れるような柔らかい蒲焼きが好きなんじゃなかろうか。まぁ、ボクが好きな訳だが。

あぁ、今年はあと何度『尾花』の鰻が食べられるかナ。
      ◇        ◇        ◇
暑い夏を乗り切るのは、栄養ばかりじゃなく体力も大事だネ。

僕の仕事場のスグ近くに在る目黒区民センターのプールは200円と手頃だし、50mと長いのが嬉しい。

児童用のプールが別に在るので、しっかりと泳げるのがまたイイのだ。
b0019140_1385758.jpg
仕事の合間に1時間でも時間が作れれば、サッと泳ぎに行くのだナ。
但し、泳ぎ過ぎると二の腕が怠くなり、キーボードを打つ手が重たくなるのが玉に傷。

夜も20時まで運営しているので、日暮れ時のマジックアワーの空を眺めながら泳ぐのも素敵だろうネ。
b0019140_1317730.jpg
さて、今宵は何処の酒場に彷徨うか。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/13677006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moo at 2010-07-30 15:54 x
ううっ・・垂涎のおうちうな丼です。
水菜の和風サラダ、韓国海苔使用ですか?
美味しそうです~ぅっっ
齢を重ねるとこういうものが美味しく感じられるこの頃でする。
シャリキンならぬシャリ宝でお待ちしております。ハハ
Commented by le banner at 2010-08-01 05:41 x
鰻旨そうですねぇ!それにお皿もまたイイですね。
今日は昼間はプールで泳いで、夕食は鰻にしようかナ。
Commented by cafegent at 2010-08-02 16:57
le bannerサマ、いつもコメントありがとうございます!

夏は当分鰻三昧が続きそうです!(苦笑)

宇ち多゛が休みだと行き場に困りますネ、お互い!
Commented by cafegent at 2010-08-02 16:58
mooちゃん、先日は素晴らしい花火大会の酒宴、ありがとうございました。

是非、次回は我が家でオウチ居酒屋しましょう!!
by cafegent | 2010-07-30 13:14 | 食べる | Trackback | Comments(4)