東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日々呑んだくれ日記/3時間半待ちの麺を喰い、赤羽で呑む。

b0019140_17161263.jpg
       縁側の日影で昼寝ネコとボク

昨日から盆休みを取っている。
だが、これと云って予定を立てている訳でもない。

今朝は、家から歩いて大崎のつけ麺屋『六厘舎』へと向かったのだ。
10時半開店だったので、9時半に着く様に出掛けたのだが、考えが甘かった。
b0019140_17163198.jpg
既に100人程並んでるではないか。たぶん、最初に並んだ人は7時とか8時に着いているのだろうネ。
b0019140_17185151.jpg
そして、10時半の開店時には、後ろに更に200人位行列が出来ていた。

長い行列で通報が入ったのか、お巡りさんがやって来た。
b0019140_17211111.jpg
それをテレビカメラが追っかけて取材していたナ。

毎日の行列で近隣の方々に迷惑が掛かったとの理由により、この地での営業は今月28日で最後となる。
b0019140_1719625.jpg
ただ、新店舗の移転先は未だ決まっていないらしい。

前回も暑い日に来たのだが、あの時は午後1時に着いて、中に入れたのは3時40分だったっけ。
b0019140_17192016.jpg
今日はもっと並び、店に入れたのは午後1時過ぎだった。まぁ、丁度昼飯時になったって事か。
b0019140_17234553.jpg
3時間半待って、食べる時間は15分程度でアル。
それでも、此処は待った甲斐が有る程に美味いのだ。
b0019140_1728554.jpg
そして、働いている方々が皆さんとても清々しい笑顔で応対してくれるから、本当に素晴らしいのだネ。野方の『秋元屋』に匹敵する位の素敵な応対だと思うナ。
b0019140_1722237.jpg
此処のつけ麺は、鯖節や鰹節等魚系の風味がゲンコツの髄と絶妙なバランスでマッチしているのだナ。
b0019140_17194488.jpg
それに、「浅草開花楼」特注の極太麺『傾奇御麺(かぶきごめん)』が絡めば、もう炎天下三時間半待ちも何処かへフッ飛んでしまう。
b0019140_1722541.jpg
豚ほぐしと味玉もイイネ!あぁ、美味かった。
b0019140_17315436.jpg
濃厚なつけ汁もスープで割ってペロリだ。

今日はお盆休みを利用して来ている人が多そうだ。僕が出た頃もまだまだ長い列が出来ていた。

明日友人宅に行くので、手土産にお持ち帰り用のつけ麺も買って来た。
b0019140_1724356.jpg
もちろん、我が家用も忘れないのだナ、むふふ。

これで、オウチ六厘舎が出来るのだ。ぐふふ。
       ◇       ◇       ◇
最近、よく見かけるようになった花に南米原産の「ランタナ」が有る。
b0019140_17304479.jpg
小さな花が密集した様な可愛い花で夏から秋にかけて花が咲く。
僕は数年前に初めて知った花なのだが、実は江戸の後期から渡来していた花でアル。
b0019140_173115.jpg
この花は色が、黄色から橙色、ピンク、赤と次第に変わって行くのだ。その姿から和名は「七変化」と云われている。この花にも蝶々が蜜を求めて、やって来るネ。

さて、昨日は口開けの『宇ち多゛』から戻り、呉服屋に立ち寄った。
先日仕立てを頼んだ浴衣が出来上がったと連絡が入ったからだ。

本染めで中々渋い生地なので、気に入っている。
b0019140_17444513.jpg
麻布十番祭りに間に合う様に仕上げてもらったが、早く着て出掛けたいものだ。

こちらは、相方の藍染めだ。
b0019140_174544.jpg
夏の着物生地だが浴衣に仕立てた。

夜はビリー隊長と一軒だけ呑みに行こう、と云う事になった。
ところが、ひとっ風呂浴びて家に戻ったら、ついウトウトと寝てしまった。イカン、呑みに行こうと自分から誘っておきながら寝過ごした。

慌てて家を出て渋谷へ向かう。
b0019140_17454267.jpg
『富士屋本店』の階段を下りると、入口付近でビリーが呑んで居た。
b0019140_1746070.jpg
この日は神保町『兵六』の宮崎駿こと中西さんも一人で来ていたし、古い友人も何人かお会いしたナ。
b0019140_1747250.jpg
うーん、寒梅の冷やが美味い。
b0019140_17471281.jpg
此処の夏休みはご覧の通り!
b0019140_17474336.jpg
軽く一軒だけと云った筈だったが、僕らは埼京線のホームへ。そして、向かった先は赤羽だ。
b0019140_17484286.jpg
この時間ならスンナリと入れるだろうか、と思いきや『米山』は矢張り一時間待ってしまったネ。

さぁ、お待ちかねのシャリ金黒ホッピーをグビリ。
b0019140_17485539.jpg
ふぅ、生き返ったヨ。
b0019140_1749671.jpg
マカロニサラダをアテにホッピーがススム。

暫くすると宇ち多゛でもお馴染みのマッチョさんが合流し、酒席が一段と愉しくなったのだネ。それにしても、あのハガネの様な立派なボディのマッチョさんが僕と同い歳だったとは驚きだった。あぁ、自分の体型が情けなくなって来た。トホホ。
b0019140_17493194.jpg
名物つくねも戴き、玉ねぎ合へも間に合った。
b0019140_17494699.jpg
昼の梅割りがボディブローの様に徐々に効き出して、赤羽岩淵駅から乗った電車でまたもや寝過ごしてしまった。

終着駅で降りるが、もう電車が無い時刻でアル。それでも奥沢止まりで助かった。日吉駅まで行っちゃってたら大変だ。
酔い覚ましも兼ねて、奥沢から5駅歩いて家路に着いたのだった。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/13761771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by desire_san at 2010-08-15 12:15
こんにちは。時々訪問させていただき、記事と写真を楽しく拝見しています。
私は先日はイタリア・ルネサンス・バロック美術のカポディモンテ美術館展に行ってきました。観客が少なくこの時代の美術に対する人気のなさに驚きました。感想をブログに書いてみましたので、ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11104681/
ブログに書き込みをしてくださると嬉しいです。
by cafegent | 2010-08-13 17:53 | 食べる | Trackback | Comments(1)