東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日々雑文雑多日記/甘いお菓子と辛いつけ麺のオハナシ。

今朝も土砂降りの雨。時折、落雷の音が白い空に響いてる。
b0019140_1248582.jpg
雷が落ちないように、「くわばら、くわばら」と云うおまじないが有るが、昔骨董屋の主人からその云われを教えて戴いた。

菅原道真が天皇の対立に巻き込まれ太宰府で憤死した時、その怒りから雷神と化して復習のため地上に多くの雷を落としたそうだ。その時、菅原道真の故郷に在った桑の原にだけは雷を落とさなかったそうだ。そこから雷除けのおまじないとして唱えられたそうだ。

店の主人が見せてくれた江戸中期の印籠に面白い蒔絵が描いてあった。
雲の上から地上を見下ろし雷を落とそうとしている雷神が居る。

躯を余りにも下にかがめた為、地上に落ちてしまった。その時、桑の野原に落っこちてお尻に桑の葉が刺さって雷神は大泣きをしたそうだ。

それ以来、雷神は桑原が苦手になったそうな。

そんな光景が印籠の表と裏に蒔絵で描かれていて、是非とも手に入れたかったのだが120万円もしたので只々眺めるだけで諦めた。
しかし、こんな高価な物を買って来たら、間違いなく家で雷が落ちるに決まってる。あぁ、くわばら、くわばら...。
       ◇        ◇        ◇
さて、今朝の朝日新聞を開いたら東京版に我らが酒の師匠、吉田類さんが登場していた。
b0019140_1248274.jpg
「人情を肴に381軒」、BS-TBSの人気番組『酒場放浪記』が8年目となり、異例の長寿番組として紹介されていた。

今でこそ、酒場でお会いして一緒に酒を飲んだり、月一度の句会で句を詠んだりさせて頂いているが、類さんの番組で知った酒場は数知れずでアル。

神保町『六文銭』や根津の『すみれ』、武蔵小山の『酒縁川島』、閉店してしまったが千駄ヶ谷の『山本屋』なども番組を観て知った店だ。

台本なしで、その場の雰囲気を瞬時に呑込んで、店主や常連さんたちと打ち解ける類さん。生き生きとした酒場の人間模様をありのままに伝えてくれるから、こっちまでブラウン管(今では液晶!)の前で一緒に呑んでいる気にさせてくれるのだナ。

一日に数軒を収録しているそうだから、ヘベレケでロレツが廻ってない時もしばしば、でもそれがまた愉しさを倍増させてくれるのだ。

実際に一緒に呑んで居ても、どんどんヘベレケになっていくのだから、本当に番組と変わらない。
b0019140_12485923.jpg
「酒と出会い、人と出会う。酒場には発見と喜びがあり、別れもある」と語る吉田類さん、実に素敵な人なのだナ。

これからも更に良い酒場を僕らに教えてくださいませ。
       ◇        ◇        ◇
味覚の秋でアル。梨や柿も旬のハーヴェストシーズンの到来だ。

栗も美味しい時季だなぁ、と思っていた矢先に僕の大好物『すや』の栗きんとんを戴いた。
b0019140_12561211.jpg
甘過ぎず、栗本来の味と香りをそのままシンプルに菓子にしており、幾らでも口に入ってしまうのだナ。

そして、貰い物はいつも重なるのだが、今度は親戚から『とらや』の栗こよみを戴いた。
b0019140_12563090.jpg
こちらは、結構甘めなので、渋いお茶に合わせると良いネ。
       ◇        ◇        ◇
武蔵小山のスナック街に一風変わったつけ麺屋が出来た。いつも行く深夜食堂の近くなので、気になっていたのだが夕べ都立家政『竹よし』の帰りに行ってみた。

此処『つけ麺慶次』は、元々小料理やかスナックだった場所だが、小さなカウンターと小上がりに卓袱台が2つの小体の店だ。
b0019140_12575886.jpg
メニューはいたってシンプルでアル。
「チゲつけ麺」が小、並、大盛り、サイドメニューは「水餃子」に缶詰各種でアル。
b0019140_12574723.jpg
缶詰をアテに酒を楽しんで、最後に麺に行くのが良いのかナ。

で、此処のつけ麺は、その名の通りチゲなのだ。
b0019140_12571536.jpg
聞けば店主は、恵比寿で人気の石鍋スンドゥブ専門店『チャメ』の料理人だったそうだ。
b0019140_1258514.jpg
あの絶品豆腐チゲを作っているのだから、チゲ好きにはたまらない。

で、最近のつけ麺事情と云えば、大半が魚介節系に極太麺が主流なのだが、此処はまるで異次元だ。スンドゥブの味を美味く引き立てており、これが麺に絶妙に絡むのだナ。

ズズッと一気に食べてしまったヨ。そして、店主が是非オススメと云うので、つけ汁にご飯と生玉子を使って雑炊を作って戴いた。コレまたすこぶる美味い!
b0019140_12582828.jpg
つけ汁の辛さも好みに合わせて調理してくれるので、辛いもの好きにもたまらない。

武蔵小山には鰹節の強烈なスープで有名な『ボニートボニート』や『じらい屋』が不動な人気を築いているが、此処は他のラーメン屋とは根本から違うので、比較にならないのだナ。そして、当然気に入ってしまったのだから、密かに通うとしよう。
b0019140_1259185.jpg
『つけ麺慶次』は、ワインバー『Trio』の真向かいでアル。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14100837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terute at 2010-09-29 00:23 x
毎日ニュースを見る感覚で拝見してます!ニュースより全然知識幅が増えます!沼津に住んでいますが東京っていいっすね!MTBで20㌔って何・・・健脚ドランカーなんでしょうか?僕もいつか自由人さんたちに偶然でもお会いできたら光栄です!
Commented by cafegent at 2010-09-29 11:51
teruteさま、コメントありがとうございます。

沼津方面も良さそうな酒場などがありそうですネ。

是非とも、何処かで一献ご一緒したいものです!
これからも宜しくお付き合いの程、お願いします。
by cafegent | 2010-09-28 13:05 | 食べる | Trackback | Comments(2)