東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

秋の味覚を味わい、陶芸家宮村秀明の壺中天に陶酔。

昨日から七十二候では、「蟄虫坏戸」(むしかくれてとをふさぐ)と云う。虫たちが土の中に潜る時季が来た訳だ。

それでも、目黒川沿いでは蝉が名残惜しく鳴き、草むらのコオロギやキリギリス、鈴虫などと張り合っている様だ。漸く本格的な秋に移ろうとしている時季なのだナ。

夕べは、おウチご飯を愉しんだ。
毎年、この季節には北海道釧路沖から脂の乗ったトロ秋刀魚が届く。
b0019140_11554379.jpg
金曜日に水揚げされたサンマが朝の内に氷水に入れられ、航空便で届くのだから凄い世の中だよネ。

鮮度が良いから、日曜日には刺身で食べられた。
b0019140_1156660.jpg
新鮮なので塩焼きでも、ワタが甘くて日本酒にバッチリ合うのだナ。

そして、収穫の秋。松茸の炊き込みご飯を作ってみた。
丹波の松茸は年々高くなっているので、岩手の岩泉町の松茸を購入。
b0019140_11562879.jpg
岩手産松茸は、外神田の『花ぶさ』で教えて頂いたものだ。
b0019140_11572664.jpg
利尻産の昆布を一枚入れて、刻んだ松茸と油揚げを一緒に米と炊く。
b0019140_1157363.jpg
沸騰し土鍋の蓋からグツグツと泡が出始めたら、中火にする。

8分経ったら、一旦強火にして5秒数え火を止める。

後は10分間蒸らせば出来上がりでアル。
焦げ目が好きな方は強火をもう数秒多くすれば良いのだナ。
b0019140_11563995.jpg
蒸らしが5分程経過した段階で、薄くスライスした生の松茸を土鍋の中に入れ、一緒に蒸らすのだ。鍋の中で松茸が一緒に蒸らされて、一層香りが広がるって訳だ。
b0019140_12132688.jpg
どうですか!我ながら上出来だナ。
b0019140_12144215.jpg
食卓に秋の香りが広がって気分上々だ。

旬の秋刀魚に香り高い松茸ご飯。
b0019140_1215113.jpg
おウチご飯だから出来る贅沢だネ。

そうそう、秋の鯛を紅葉鯛(もみぢだい)と云うのだネ。
b0019140_1283451.jpg
いつも世話になっている新橋『以志井』のご主人から葉書が届いた。
よし、次は家で鯛飯でも炊いてみようかナ。むふふ。
        ◇        ◇        ◇
さて、先日丸の内の三菱一号館美術館の「三菱が夢見た美術館」展に於いて、世界に4つしか現存しない『曜変天目茶碗』のひとつを拝見する事が出来た。その全てが日本に有り、3つが国宝、1つが重要文化財に指定されている。

その中でも美しさが際立つ「稲葉天目」茶碗は、徳川家光が春日局に贈ったもので、その子孫の淀藩主稲葉家に代々伝わった。これを三菱財閥の岩崎小弥太が手に入れて、今尚岩崎家が創った『静嘉堂文庫』に国宝として所蔵保管されている。
b0019140_12212984.jpg
           (静嘉堂文庫所蔵)

直径12センチの小さな器の中には、黒い釉薬(ゆうやく)の上に幾つもの星の様な模様が浮かび、それはまるで壺中天(こちゅうてん)、茶碗の中の宇宙なのだ。

光を当てると、その角度によって虹色に輝き、観る者を魅了する。
研究者でも、この様な紋様がどの様にして生まれたのか、偶然か、はたまた意図的に作られたのか、未だに解明されていないそうだ。

この曜変天目に魅了され、独自の解釈で作品を創り出している陶芸作家がボストンのニューハンプシャーに居る。
b0019140_12242935.jpg
世界でも注目を集めている宮村秀明氏の生み出す陶器は、クリスタル曜変と曜変天目釉に力を注ぎ、古代中国で生まれた幻の技法を復元し、独自のものにした。
b0019140_12245047.jpg
その宮村秀明氏の仕事を初めて我が国で紹介する展覧会が昨年、銀座の画廊『ギャラリー桜の木』で開催された。
b0019140_12321660.jpg
そして一年後、天目釉の花器が我が家にやって来た。
b0019140_12272322.jpg
宮村氏は25年に渡る創作活動の中で、ある時出逢った宋朝の茶碗の写真に有った玉虫色に輝く釉薬に魅了され、天目釉薬に精通した陶芸家の三浦硃鈴(しゅれい)の弟子となり、玉虫色の茶と黒の混ざり合った新しい天目釉薬を造り上げる修行を繰り返したそうだ。
b0019140_12281579.jpg
アメリカ大陸の土と12,000回を超える釉薬の研究の成果により生み出された独自の曜変天目の虹彩と造形美は、見事な輝きを放つ。

僕より4つ年上の宮村氏は今もニューハンプシャーの地で作陶を続けている。アメリカでは既に一人で数百点と云う作品を集めている熱烈なコレクターも居るみたい。でも、壺中天はそんなに沢山要らないナ。
b0019140_12301981.jpg
見る度に表情が変わり、不思議な世界に入ってしまう。
b0019140_12264748.jpg
毎朝、自然の光に輝く天目釉の花器を眺められる喜びは、至福でアル。

オマケに土鍋ご飯の炊き方!を。
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ここちき at 2010-09-30 08:43 x
土鍋でご飯!
怖くて今だチャレンジできず…(-公- )
松茸に秋刀魚、まさに秋~
Commented by cafegent at 2010-09-30 13:25
ここきちサマ、こんにちは!

土鍋ご飯、凄く簡単ですヨ!
それに、炊飯器よりも早く出来ます。
ぜひ、チャレンジしてね。
Commented by moo at 2010-10-03 00:58 x
春日の局の天目茶碗、素敵ですねぇ。
そして、コニたま収蔵の天目壺も。
天目って奥が深いね。
うちの天目茶碗とは違うなぁ・・・ため息っ
Commented by cafegent at 2010-10-04 12:32
mooちゃん、こんにちは!

毎日、口福ブログチェックしてますが、
相変わらず更新遅いね〜!(苦笑)

また近々呑みましょう!
by cafegent | 2010-09-29 12:38 | 食べる | Trackback | Comments(4)