東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久しぶりの出会いは酒よりも酔うかも。

ELOHAのオープニングに行く為に中目黒まで出かけた。改札をでると、グッドタイミングで画家の阿部隆一氏に出くわした。「お−っ元気!!」って手をあげたら、今度はタクシーが僕らの前に止まって、そこから降りて来たのは鶴亀工房の島田君だった。そんな訳で三人でDEPOTに向かうことに。それにしても、個性的な男3人で歩いてるととてもカタギの生活をしている風には見えないね、僕らって。
線路の高架下沿いを歩いていて、やたらと新しい店が出来たなぁって思ったけど、どこも激変だね。

DEPOTのドアを開けると、そこからすぐに熱気が伝わってきた。既に馴染みの顔がいっぱい集まっていて、絵を見る前に「やぁやぁ、ご無沙汰」の挨拶タイムになってしまった。島田君ってずっとファッションのデザインやっているのかとばかり思っていたら、グラフィックだったんだね。知り合って随分と経つけど、完璧に勘違いしていたんだね。ごめんねー。この前、波乗りで右手を怪我したらしく、親指にプロテクター付けていたのに、思いっきり握手してしまった。またまた、ごめんね。
ハワードの遠藤君も子供連れで来ていたし、Kads MIIDAの二人の息子も元気いっぱいにしていた。みんな、下北沢で遊んでいた頃は悪ガキどもだった様な気がするけど、今じゃあ、僕が独りモンに戻っちまって、悪ガキ以下のろくでなしになっているかもなぁ。

Kads MIIDAは、この夏にまたジャマイカに行って来たらしく、熱くなっていた。今回の作品も油絵で描いており、Kads自身がソウルフルでスピリチュアルな何かを向こうで宿してきたようだ。LAから覆面アーティストのRockin' Jelly Beanも戻って来ていて、久しぶりに会えて良かった。会場があまりにも熱いせいかトレードマークのマスクを脱いでいたのには、笑えた。b0019140_11234810.jpg彼はアート以外に「ジャッキー&ザ・セドリックス」っていうバンドもやっていて、今日下北沢シェルターでライブの筈だ。今日、一緒にやるバンド「DMBQ」ってのもかなりイイバンドだね。あそこハコが小さいから満杯だろうな。こういう日に限って、夜に打ち合わせが入っている。バカヤローだなぁ、まったく。

ELOHAには、他にKen The Flattop、fish、Mieishiiが参加している。ピンストライパー・アーティストKen The Flattopの作品は、ブリキに直接描かれており、額装含めて一体化した作品は面白かった。Mieさんはお馴染みのロング・ボーダーの作品ではなく、エロ派な感じでした。彼は、ほんとに人柄がいいっていうか、気持ちの良い風貌だよね。僕の友だちが波乗りで会うけど、やっぱりイイ人だって云っていた。
fishの作品もヒステリックグラマーでのアートワークとはまるで違う作品で強烈な個性を発していた。とても絵の上手い人というイメージがあったけど、もっと沢山の作品が見たくなった人でした。

DEPOTって物凄くデカいハコなのに、熱気でムンムンしているのは、ショーケースをやっている入り口付近だけなんだよね。中で飯食べて呑んでいる連中は、全然こっちの絵を見る気配もなく、不思議だったね。僕だったら、何か面白い事やってるって判ったら、無理矢理でも入り込んで楽しんでしまうけどなぁ。これが、今の若者の姿なのか、悲しいね。さて、次の店に行こうか。

東急ストアの横のパーキングの前の雑居ビルの上に「SIX」というバーが出来た。串焼き屋の上なのだが、最初にいった奴は必ず迷うだろうな。僕も判らなかったし。そう云えば、かつて青山通りに『北青山ホテル』というバーが在ったけれど、そこのビルの雰囲気に似ているかもしれない、入り口だけね。北青山ホテルのボーイさんは、今どこで店をやっているのだろうか。誰か知っていたら教えてくださいな。
SIXは武藤君が独りで切り盛りしているカウンターバーで、真っ黒な店内は以外とスタイリッシュかな。カウンターの奥が丸くなっていて天井からポールが突き刺さっている。まるで、NYあたりのストリップバーのようにダンサーが踊れる雰囲気だ。聞けば、既に何人か酔っぱらったオンナがここで踊った事があるらしい。当然、ストリップしたんだよね、武藤ちゃん。彼は長い間、音楽家・織田哲朗のマネージャーをしていて、昔みんなでLAにロケに行った事がある。新人バンドの撮影だったんだけれど、65年式のマスタングのオープンカーを手配して、LAからニュ−メキシコ方面に旅をするという設定だった。あの頃から、武藤ちゃんは真面目だったね。僕とか織田さんは酒ばかり呑んでいた気がするよ。
ある時、下北沢のバーで織田さんが「僕もバーをやりたいんだよねー。」って云っていた頃があってね。それで、ウチの店のバーテンダー丸ちゃんも「この店に長く居すぎたので、そろそろ上がりたい」って云うんで、転職してさ。それから、数年したら織田さんの会社に入ったらしく、デビューしたての相川七瀬のマネージャーになっちゃったから世の中不思議だよね。織田さんは、その後目黒川沿いにCODAというバーと、代官山に今は無きDown to Earthというレストランをオープンさせた。武藤ちゃんもそのへんから触発されたんだろうね。
さっきのDEPOTを少し祐天寺よりに行った所に「SLOW JAM」という一軒家のフード&バーがある。この店のオーナーの吉田亮介も昔のバーの馴染み客で、今は丸ちゃんが仕事帰りにここで酒を創っているらしい。自分の店を出す為に腕が鈍らないように準備しているんだろうね。頑張れ、丸菱一郎。

さて、渋谷のMYKONOSに移動しよう。b0019140_1129678.jpgここの店の「よけまん」と云う焼酎が旨くてクイクイと飲めてしまって、ヤバいなぁ。ミコノスは、渋谷ののんべい横丁に「Non」というBooks&Cafeという3坪2階建てというヘンなバーもやっている。どちらの店も大抵飲んだくれ仲間の堀込さん&森さんに出会うんだよね。ホリさんは今、沖縄の映画撮っていて、そろそろクランクアップする頃だろうな。森んコも最近いつ電話しても「今、おきなわー」って非常にユルい返事が帰ってくる。みんなの話を聞いているだけでも、面白そうな映画になりそうだ。試写楽しみにしていよう。よろしくねん。
by cafegent | 2004-12-16 11:33 | ひとりごと