東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々雑文雑多日記/深まる秋、鍋二連発でオウチ居酒屋だ。

b0019140_16404962.jpg
神保町界隈で開催中の「神田古本まつり」も明日が最終日だ。昨日、今日は台風も過ぎ靖国通りの青空掘り出し市も賑わいを見せたろうネ。
僕は古書会館の地下ホールで色々と欲しい本を見つけたが、お金が足りず諦めた本も何冊かあった。

そんな中、欲しかった本を三冊購入。一冊は中川一政の『うちには猛犬がゐる』でアル。
b0019140_1634025.jpg
洋画家中川画伯の珠玉のエッセイだ。昭和38年発行の限定千部の内の一冊だ。この方は、書画も素晴らしいが、文章もまた実に面白い。

もう一冊は、『食前食後』だ。銀座の老舗天ぷら屋『天金』のご子息で慶応大教授だった池田弥三郎氏が書いた本だ。以前持っていたのだが、貸したまま無くなってしまったので、また見つけられて喜んだ。
そして、スグ買ってしまった。
b0019140_1635120.jpg
酒と料理をこよなく愛した池田弥三郎ならではの、名エッセイがたっぷりと詰まった一冊だ。

あとは文庫本で、福島慶子著『巴里たべある記』だ。
b0019140_1641939.jpg
大正の末から昭和8年までを花の都パリで過ごした著者の様々な食の模様が生き生きと伝わって来た。中に登場するポトフを一度作ってみたいものだナ。

ぶらぶらと歩きながら、思いがけない本に出逢えるのが、何と言っても古書市の醍醐味だネ。
       ◇       ◇       ◇
さて、寒い日は鍋に限る。でも、時々ちょいとヒネリを加えた鍋が食べたくなるのだナ。そんな訳でチョイとひとつ。
b0019140_16132943.jpg
この日は白金豚のバラ肉が手に入ったので、豚バラ鍋にした。
b0019140_16134728.jpg
先ずは刻んだニンニク、生姜、長ネギを胡麻油で一気に炒める。
b0019140_16141100.jpg
香りが出た処で豚バラ肉を鍋に入れて炒める。
b0019140_16141910.jpg
バラ肉に火が入ったら一旦、皿に取り出すのだ。

そこへ利尻昆布で出汁を取ったダシと焼酎をドッと鍋に注ぎ一煮立ちさせる。
b0019140_16143393.jpg
焼酎は芋でも麦でも構わないが、甲類の焼酎は避けた方が良い。
b0019140_16144495.jpg
牛蒡のささがき、しめじ、えのき茸、豆腐、油揚げを入れる。
b0019140_16155399.jpg
火が通ったらたっぷりの水菜を乗せるのだ。
b0019140_1616158.jpg
最後に炒めた豚バラ肉を入れれば完成だ。
b0019140_16165078.jpg
ポンズと胡麻ダレを合わせたつけダレに刻み青葱をたっぷりと入れて食べるのサ。
b0019140_16173218.jpg
この日は、頂き物のトスカーナ州キャンティ・クラシコ地区の赤ワイン「CASTELLO DI BOSSI」2006年を開けてみた。
b0019140_1618349.jpg
サンジョヴェーゼは、タンニンも強く、香りも良い。
b0019140_16182992.jpg
豚バラにもマッチした味わいの赤だったナ。

鍋は野菜がたっぷりと食べられるから、日頃不健康な酒場依存人には嬉しいのだ。
b0019140_16185167.jpg
〆はたっぷりと野菜と豚の旨味を封じ込めた汁でらーめんを作った。
b0019140_1619794.jpg
黒胡椒を効かせて青葱を乗せれば出来上がり。
b0019140_16191831.jpg
うーん、これまた結構な味だった。
       ◇       ◇       ◇
そして夕べは、オウチおでんにしてみた。

皆がツイッターで、「おでん、おでんッ!」と呟くので、頭から離れなくなっていたのだ。ただ、毎週の様に『二毛作』の美味しいプロの味を食べているので、家庭のおでんを楽しんでみた訳だ。

荏原中延の近くで見つけたおでん種屋さんが気に入っている。自家製の練り物がとても美味しかったので、最近はソコでおでん種を買う。

牛スジは武蔵小山駅を出て左に歩いた所にあるモツ専門店『みやこや』で仕入れた。これを牛蒡と交互に竹串にさして仕込む。

ツブ貝は、刺身用の物を鮮魚店にて購入。たっぷりの鰹節と利尻昆布で出汁をとり下準備。

コトコトとじっくり煮込めば、美味しいおでんの出来上がりだ。
b0019140_16104759.jpg
銀座『お多幸』あたりで食べたら万札が飛ぶんじゃないかと言う程の量になってしまったが、コレがオウチおでんの醍醐味だ。
たらふく食べて、酒を呑む。むふふ!な幸せだネ。
b0019140_16111081.jpg
付け合わせは、雑誌「an an」に出ていたジャガイモのアンチョビ和えにトライ。これも中々イケたナ。
b0019140_16114522.jpg
ちくわぶに出汁がじっくりと沁みて、至福の味わい。
b0019140_1611332.jpg
新潟の酒を合わせるのだナ。もう、たまらんヨ。

喰っても喰っても鍋が減らない、嬉しさよ。
〆は牛スジのダシもたっぷりと出た汁をご飯にかけた汁掛け飯だ。
b0019140_16123532.jpg

うーん、我が家でお多幸の〆ご飯が食べられるのだから、これまた嬉しい限りだネ。

腹一杯になり、暫く一休み。で、じっくりひとっ風呂。
b0019140_16101970.jpg
録画した酒場放浪記も観終わり、1988年物のラガヴリンを飲みながら、秋の夜長を愉しんだのサ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14332851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ウッチー at 2010-11-03 07:12 x
う、旨そうですねぇー。
山形にいながらも、暖かい食べ物に飢えておりますもので(笑)
早く帰りたいーーッ
Commented by le banner at 2010-11-03 23:25 x
「豚バラ鍋」美味しそうですね!胡麻だれとポン酢のミックスつけだれも相性良さそう~
今度私も試してみようと思います!
Commented by cafegent at 2010-11-04 14:23
ウッチー、こんにちは!

教習所は順調に進んでいるのかナ?

早く戻って来て、何処かで一献やりましょう!
Commented by cafegent at 2010-11-04 14:24
le bannerさま、こんにちは!

新しい鍋料理がありましたら、是非教えてくださいナ!

また「宇ち多゛」でネ。
by cafegent | 2010-11-02 16:30 | 食べる | Trackback | Comments(4)