東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日々雑文雑多日記/土鍋が大活躍な年の瀬のオハナシ。

先日、知人から「鬼柚子」を戴いた。
りんごよりも大きく直径も15センチ以上もあるだろうか。
b0019140_12193514.jpg
これでマーマレードを造ったら美味しいだろうなぁ。獅子ゆずとも呼ぶが、これが市場に並ぶと年の瀬を感じるのだナ。

今年新たに土鍋を手に入れたが、土鍋は使えば使う程に馴染んでくる。使い込んで土にヒビが入れば米を炊いてやるとそれが凝固剤の役割を果たす。鍋の外側はなるべく濡らさぬ様にする。それも長持ちの秘訣だそうだ。

そんな訳で、最近は中川一辺陶さんの土鍋が大活躍だ。
b0019140_12203135.jpg
日曜の朝は土鍋で炊いたご飯を食べた。
b0019140_12204410.jpg
火を止める直前に数秒だけ強火にすると良い塩梅におこげが出来る。
b0019140_12205725.jpg
おこげご飯も土鍋ならではの楽しみのひとつなのだ。炊きたてご飯に赤いたらこが良く合うなぁ。

先日、岡山から身のたっぷりと詰まったガザミとふっくら育った生牡蠣が届いた。
b0019140_12213178.jpg
ガザミも殻付きの牡蠣もそのままたっぷりの湯で茹でれば良い。
b0019140_1222653.jpg
プリプリの牡蠣はようやく旬を迎えたネ。
b0019140_12221666.jpg
虫明湾沖で育った牡蠣はとってもクリーミーで美味しく、幾つでも食べられるのだナ。

おウチ居酒屋用にお願いした一斗缶一杯の牡蠣が届くのが、今から待ち遠しい。
b0019140_12222978.jpg
水菜をたっぷりと入れた湯豆腐も躯が温まる。

オイ、ガザミよ!そんなに睨むなよ。
b0019140_12224370.jpg
ちゃんと骨の髄まで食べてあげるからサ。

翌日は残った牡蠣を使って炊き込みご飯を作った。
b0019140_1223828.jpg
出汁が出る様に半分は炊く前に入れて、残りの牡蠣は蒸す時に入れた。
b0019140_12231832.jpg
炊きあがったご飯に三つ葉を乗せれば完成だ。
b0019140_12233023.jpg
付け合わせの鳥手羽大根も味が沁みて美味かったナ。
b0019140_12242283.jpg
土鍋から牡蠣の風味が溢れ出す。
b0019140_122431100.jpg
あしたのジョー純米酒も美味かった。
b0019140_12244199.jpg
炊きたての牡蠣ご飯は何杯でもお代わり出来たナ。

と云うことで、この冬もっと大活躍しそうな土鍋のオハナシでした。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14559734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terute at 2010-12-10 23:46 x
はっきり言って僕は自由人さんちのおウチ居酒屋編が大好きです!真似してマツタケご飯も作りました!最高でした!
月曜日は口開け月よ宇ねらいます!
Commented by cafegent at 2010-12-13 11:09
teruteさん、こんにちは!

月曜口開け!したいけど出来ない!
土曜の口開けもまたどんどんと早くなってます。
先日は10時35分には開店しましたヨ。

ちなみに年末29日も土曜日と同じ時間に開店するそうです。
by cafegent | 2010-12-10 12:29 | 食べる | Trackback | Comments(2)