東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

羽子板市で年の瀬に触れ、『いずみ』の握りにまたも唸る。

録画しておいたNHKの「俳句王国」を観ていたら、兼題が「手袋」だった。もうそんな季節なのだネ。

        手袋を外す仕草に色香立つ
b0019140_12451321.jpg
浅草「浅草寺」の境内では冬の風物詩『羽子板市』が開催されていた。
b0019140_12452744.jpg
週末の土曜日は天気にも恵まれ大勢の人で賑わっていた。
b0019140_12454337.jpg
東京スカイツリーも雲一つ無い青空に向かって伸びていたナ。
b0019140_12455968.jpg
五重塔の廻りでは縁起物の羽子板が色とりどりに飾られて、華やいだ雰囲気に我々呑んべい達の土曜朝酒の酔いも抜けて行った。
b0019140_1246118.jpg
そして、お馴染みとなって来た荒木マタエモンさんは、浅草寺でもズッドーンッと決めていたゾ。
b0019140_12462378.jpg
本堂でお詣りを澄ませ、また酒場へと向かうのであった。
b0019140_1247710.jpg
      ◇        ◇        ◇
さて、目黒の『寿司いずみ』にハナシを戻そう。
此処は、必ずどの魚貝もひと仕事してから出す。本鮪など仕入れてからの熟成具合をみながら、一番美味い頃合いに握りにするのだナ。
b0019140_12513717.jpg
握りに塗る煮切りのツメも出す物によって総て違うのだ。煮穴子には穴子の煮汁を煮詰めて造るツメを使う。煮蛤は蛤の出汁、鮑は鮑、シャコはシャコでツメを造ると云った具合だ。

そう云えば、今年5月初めに世田谷の住宅地から銀座歌舞伎座近くに移転し、ミシュランで三ツ星を獲得した『あら輝』の店主は、此処で8年間もの修行を積んだ。

荒木氏本人が隠そうとしているのか、雑誌やテレビで紹介される時は、必ずと云って良い程に「独立前の二年間『きよ田』の新津さんに寿司を学んだ」と記されている。江戸前の基礎をみっちりと仕込まれた『いずみ』には決して触れないのだナ。ハテ、何故だろうか?まぁ、良いか。

此処の寿司は握ったらスグに食べて貰いたいとの気持ちから、手のひらに直接握りを置いてくれる。煮穴子などは崩れ易いので手に置かれた途端に口に持って行くのだナ。これがもう美味いのなんの。

それ故に、握り寿司はカウンターに座らなくちゃ至福の時が半減してしまうのだ。
b0019140_12522720.jpg
最初の握りはクエの昆布〆から。
b0019140_125247100.jpg
続いてカワハギの肝乗せでアル。身が締まって美味い。
b0019140_12532391.jpg
いずみ名物小鰭(コハダ)の赤酢〆、白酢〆、それにキビ酢〆だ。
b0019140_12533682.jpg
お次ぎは、北寄貝の炙り。
b0019140_12535814.jpg
酒は奥清水に。
b0019140_12541792.jpg
コレが水の様にスゥーッと喉を通るのだナ。
b0019140_12543690.jpg
金目鯛の漬けもムフフの美味さ。
b0019140_12552162.jpg
珍しく、津軽の戸井で穫れた本鮪を細巻きで戴いた。

能登の牡丹海老。
b0019140_12555848.jpg
これは締めてから一日寝かせたそうだ。甘みが増すのだネ。
b0019140_1315236.jpg
お吸い物は祝い膳だそうで、奄美の新もずくの椀だ。そこへバルサミコ酢と黒胡椒を足すと抜群に美味さが増すのだ。
b0019140_12565871.jpg
酒は新潟の「越の魂」だ。

先程食べた蝦夷鮑を今度は握りで戴いた。
b0019140_12562536.jpg
おおぉッ、こりゃ何度食べても唸るなぁ。
この鮑、利尻昆布を食べて育っただけの事は有る美味さだったナ。
b0019140_12571611.jpg
白子は炙りで戴いた。
b0019140_12573696.jpg
細巻きをまた戴いたのだが、何だったか忘れてしまった。
b0019140_12593377.jpg
ここで琉球泡盛の古酒『美(ちゅ)ら蛍』を戴いた。
b0019140_1301077.jpg
ロックだが、かなりガツンの来る酒だったナ。
b0019140_1322126.jpg
イクラの醤油漬けは昆布醤油だからほんのりと甘い。
b0019140_1324477.jpg
最後に煮穴子を戴いて、終了だ。

今年も四季折々の美味い魚を戴く事が出来て幸せだ。元旦のお節料理もお願いしたし、年明けはまたクエづくしから始めようかナ。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14614341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2010-12-20 13:08 | 食べる | Trackback | Comments(0)