東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

路地裏の至福、『と乃村』の鰻に舌鼓を打つ。

先週の金曜日、朝から無性に鰻が食べたくなり頭からウナギが離れなくなった。午前中の仕事を終え、目黒駅から地下鉄に乗り東日本橋へと向かう。そう、目指す先は富沢町の『と乃村』だ。
b0019140_13434311.jpg
午後1時半に暖簾を潜ると女将さんが昼ご飯を食べていた。
b0019140_13445347.jpg
今日はヒマなのよ、と笑いながらビールの栓を抜いてくれる。
b0019140_13463524.jpg
昼間のビールは、何故か美味いのだナ。むふふ。
b0019140_1344136.jpg
うな重の特上と肝吸いをお願いして、ご主人がウナギを捌く姿を肴にグラスを傾ける。
b0019140_13441458.jpg
寡黙なご主人と対照的に女将さんは陽気に会話が弾むので蒲焼きが出来るまでの時間も飽きないのだナ。
b0019140_13452780.jpg
日本橋富沢町界隈は、昔から繊維や反物の問屋街として栄えた地域だ。出入りの客も多く、贔屓筋たちに鰻を振る舞う事が多かったらしい。
それ故、日本橋界隈には鰻屋が数多く在ったのだネ。
b0019140_13453515.jpg
此処『と乃村』も、元は近くの久松町の大きな鰻屋だったそうだ。

戦後、本家の『登乃村』が店仕舞いをすると云う事で、長くそこで修行を積んだ先代の主人が此の場所に小さな鰻屋を開き、屋号を引き継いだのだ。

現在のご主人は二代目で、女将さんと所帯を持った頃はまだ電気の配線工事の仕事を生業にしていたと聞く。
b0019140_1345508.jpg
先代が始めた頃は、バラックの屋台の様な店だったのだが、戦後復興の区画整理と衛生上の理由によりこの一角に店舗が集まって長屋の様になったそうだ。

70代も後半になったご主人は何度か脳梗塞に見舞われたのだが、幸い軽く後遺症も残らなかったので、今も元気に鰻を捌き、焼き場に立つ。

30分程で鰻が焼き上がり、女将さんが重箱にご飯をよそってくれる。
b0019140_1347021.jpg
老夫婦の粋の合った連携作業を眺めているだけで、食べる前からホッコリと温まるのだナ。

此処の蒲焼きは南千住『尾花』や麻布『五代目野田岩』と云った東京の老舗の様に舌で溶ける柔らかさでな無い。どちらかと云うと関西風の歯ごたえがしっかりと残る焼き加減に仕上げてある。蒸し加減が少ないからなのだが、頼めば一切蒸さない地焼きにもしてくれるのだネ。
b0019140_13471425.jpg
うーん、香ばしい薫りにお腹が鳴る。
b0019140_1348270.jpg
問屋街だから関西方面から来るお客さんが多く、焼き加減もタレの味も舌の肥えた常連のお客さん達の厳しい意見を聞いて、切磋琢磨し今の蒲焼きに辿り着いたそうだ。

鰻と云えば夏のスタミナ食と思われがちだが、今の時季も美味い。
女将さんも「11月頃から今が一番脂も乗って太くて美味しい鰻が穫れるのよネ。でも、昔の天然鰻が穫れた頃のハナシね。今はみんな養殖だからサ」と笑ってた。

まだ本所深川界隈にお堀が多く在った頃、潮の満ち引きにより美味い鰻が沢山穫れた。
b0019140_13484468.jpg
隅田川を挟んだ日本橋界隈でも、冬場には見事な棒杭(ぼっくい)鰻が入り、客ちも喜んでその味に舌鼓を打った事だろう。

一人だとうな重だけでお腹一杯になってしまうので、次回は是非誰かを誘って「白焼き」を食べに来よう。
いつも拝読しているブログ「journaux 出挙」さんさんオススメの白焼きが眼に浮かぶ。

今年創業60年を迎える『と乃村』は、お二人が元気な間はずっと鰻を焼き続けていることだろう。それまでは、こうして時々路地裏の暖簾を潜るのだナ。

午後一から幸せな気分を味わった。
店を出ると両国橋の先にスカイツリーがそびえ立っていた。
b0019140_13491181.jpg
空気の澄んだ冬の空では、ヒヨドリが大きな電波塔を遊び相手に飛び回ってたナ。

一度仕事場に戻り、所用を終わらせる。午後6時、木場の『河本』の暖簾を潜り、真寿美さんのホッピーを三杯戴いた。
b0019140_1340957.jpg
閉店と同時に猫ちゃん登場。営業中は出て来ないから不思議だネ。
b0019140_11312172.jpg
外に出ると永代通りの上に、大きな満月が出ていたな。
b0019140_13404360.jpg
大手町で電車を乗り換え、神保町へ。

金曜日の『兵六』は、カウンターも卓席も満杯だ。
酒朋ハッシーやトクちゃん、キクさん、それに荒木マタエモンさんと知った顔ばかりが集っていたネ。
b0019140_13411262.jpg
辛うじて卓に一つだけ席が空いていたのでご相席となった。
丁度、一週間程前浅草田原町の『簑笠庵』で知り合ったバンド「トライセラトップス」のベーシスト林さん夫妻が、早速『兵六』に来てくれたのだった。嬉しいネ、愉しいネ。

聞けば、口開け早々から来ていると云うので、随分と愉しい時間を過ごしていたのだネ。自分がこよなく愛している酒場で、愉しい酒を酌み交わせる幸せ。コレ、酒呑みだけが判る至福のひとときだよネ。
b0019140_1341274.jpg
ふぅ、冬の名物さつま汁をアテに薩摩無双がススんだナ。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14799333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キク at 2011-01-24 18:25 x
富沢町と言えば古着商大黒屋の鳶沢惣兵衛ですな。
本所深川界隈のうなぎと言えば、州崎弁天横、辻売りの又兵。
坂崎磐音さんも深川で鰻割きの生計してましたなあ。
池波先生、佐伯先生がごっちゃになってきた。
Commented by cafegent at 2011-01-25 10:17
キクさん、こんにちは!

坂崎磐音がうなぎ割き後に行く六間湯での朝風呂が、
実に気持ち良さそうで羨ましいのですネ。

たまには鰻で呑みましょう!
Commented by 出挙 at 2011-01-25 21:24 x
Twitterでは、お世話になりました。
リンク貼っていただいてどうもありがとうございます。

ここ数日のアクセス數アップは
こちらのおかげだったのですね。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by cafegent at 2011-01-26 15:09
出挙さま、こんにちは!

こちらこそ、宜しくお願い致します!

そうそう、『と乃村』のお母さんが、
「出挙さんは自転車で汗をかきかき来るんですよ」
とおっしゃられてましたヨ(w)
Commented by しっかし at 2011-02-18 02:41 x
へぇwww
ここ、そうとうまずい店らしいぞw

http://sna78865.cocolog-nifty.com/sna/cat5799687/index.html

だとさw
このサイトこそ本物。
俺の神だ!

おまえら、よくこんな似非うなぎ屋で満足してるなぁw
俺は他の「本物の店」にいこう!
by cafegent | 2011-01-24 14:00 | 食べる | Trackback | Comments(5)