東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日は健康的に公園を歩き、沢山の鳥たちと遊ぶ。

今日は午前中、ポッカリと時間が空いたので仕事場近くの公園に散歩に出掛けた。ウォーキングや犬の散歩をする方々も多い。
b0019140_15153291.jpg
天気も良く、歩くのが気持ち良い。
b0019140_15155220.jpg
冬は木々が枯れている代わりに葉が少ないから、野鳥を探すのに打ってつけだ。

此処は自然に溢れており、池も在るので沢山の鳥が来る。
b0019140_15312556.jpg
冬の渡り鳥も色々と見つける事が出来るのだ。

今日はウグイスやコゲラの啼く声も聴こえた。高い木の上からだから、姿は見えずだったナ。
b0019140_15164418.jpg
広場ではハクセキレイがヒョコヒョコと駆け回り、虫を探してる。
b0019140_15165771.jpg
朝飯にありつけたのかナ。
b0019140_15185088.jpg
今の時季はツグミやシジュウカラを多く見掛けるが、今年はシロハラの群れも多い。
b0019140_15212778.jpg
お腹が白いからシロハラと云うのだネ。
b0019140_151805.jpg
落羽松(ラクウショウ)の森では、シジュウカラが巣を作り子作りの準備を始めるのだナ。
b0019140_1522309.jpg
どうやら新居は、此処に決めたのか。
b0019140_1524634.jpg
森の前の池では、カワセミも小魚を求めてやってくる。
b0019140_152558.jpg
この池では、シラサギなども見掛けるのだ。
b0019140_15183279.jpg
シロハラとツグミが仲良く池の水を飲んでいる。
b0019140_15282387.jpg
ツグミの群れが何処かへ行くと、今度はシロハラとシジュウカラが飲みに来る。天気が良いと沢山の野鳥が池に集まるネ。
b0019140_15304245.jpg
お互い替わり番コ、仲良く飲みあってるのだネ。

そろり、そろりと猫が近づいてくる。
b0019140_15384450.jpg
そうなると、鳥たちも一斉に飛び立ってしまうのだナ。
b0019140_15272641.jpg
ヒヨドリは、水道水でも飲みに来たのかナ。可愛いなぁ。
b0019140_1532220.jpg
広場の木の上にはホンセイインコが、つがいで来ていた。
それを下からキジトラ猫がジッと観ているのだ。
b0019140_15332226.jpg
狙って届く距離じゃないのになぁ。
b0019140_15285147.jpg
こっちの木にはシメが居た。
b0019140_15294618.jpg
冬鳥で、ちょいと悪そうな顔をしているが、好きな鳥なのだナ。
b0019140_1540532.jpg
仕事場を抜け出して、時々こんな所で大きく深呼吸をすると新しいアイディアも浮かぶってもんだ。
b0019140_152778.jpg
こんな可愛い鳥たちを見つけると、寒さも忘れるしネ。
うーん、気分転換は、散歩がイイネ!暫し、酒の事は忘れよう!
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14810360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akira at 2011-01-27 11:14 x
いつも楽しく拝見させて頂いております。
この日は休肝日みたいですね。私も週1目安に実行しております。苦笑

ニューヨークにもたくさん公園があるので、時々昼飯時に行くとこうした光景をよく目にします。
日本もニューヨークも同じぐらいの北半球中緯度なので、日本で目にする「スズメ」なんかもたくさん生息してます。でも、こっちのスズメはものすごくでかいです。メタボ系ですね。笑
あと、公園には「リス」がたくさん生息してます。公園のベンチでランチしてると直ぐに近寄ってきます。

都会生活してると、たまにはこうした感じの気分転換もいいですよね。
Commented by cafegent at 2011-01-27 12:11
akiraさま、こんにちは!

そろそろ帰国の日が近づいてますネ。

ニューヨークでは、ワシントンスクェアパーク等でリスを見かけました。都会で暮らしているからこそ、時々深呼吸が出来る場所を求めてしまうのですネ。

いつもありがとうございます!
by cafegent | 2011-01-26 15:44 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)