東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日々ヘベ多日記/志の輔らくごに笑い、『なるきよ』で呑む。

昨日は東京の空に雪が舞った。
b0019140_14205987.jpg
森美術館の在る六本木ヒルズの53階から見下ろす東京は銀鼠色の空が街を覆い、目の前の窓の向こうでは粉雪が風にあおられて踊っている様だったナ。此処から見るとまだ東京タワーの方が、高く見えるネ。

さて、今日1月31日は「愛妻の日」だそうだ。この国は、なんでも当て字で記念日を創るが、オジサンは案外とそう云うのが好きなのだナ。
11月11日を人が4人立つ姿に見立てて「立ち飲みの日」とかサ。

      夫婦の距離、最近離れてませんか?

週末の新聞広告のコピーなのだが、裏面の仕掛けに思わず笑ったヨ。
15段の広告面を使い「ハグマット」なるものが描かれていたのだ。
b0019140_14242164.jpg
「1月31日午後8(ハ)時9(グ)分、ハグタイムに100万人がハグすれば地球は一瞬いい感じ...」なのだとサ。

日本愛妻家協会なる団体の存在にも驚いたが、こんなホノボノとした広告を見ると我が国はまだまだ平和な国だナ、と思う訳だ。
b0019140_1427951.jpg
毎晩酒場で酔いどれると、必ず誰かとハグしているワタクシには余り関係ない記念日か。
      ◇         ◇         ◇
さて、先週金曜日は渋谷パルコ劇場にて、『志の輔らくご in PARCO』を聴きに行った。
b0019140_14272640.jpg
志の輔らくごは年々チケットを取るのが至難の業になっているのだが、今年は酒朋キクさんが手配してくれた。有り難いネ、多謝感謝!
b0019140_14274977.jpg
毎回、新作を愉しみにしているが、今回もまた大いに笑わせてくれて、最後は感動の余韻に暫く浸る事が出来た。それ程に素晴らしい内容だったからネ。

一席目は、古典落語の「だくだく」だ。絵に描いた餅を喰うような馬鹿馬鹿しいハナシから。

お次ぎは、お馴染みの「ガラガラ」。商店会の福引で「ガラガラポン」を担当した二人と商店会長との抱腹絶倒の落とし噺だ。こう云うスラップスティックな創作を作れるってのも志の輔師匠は凄いのだナ。

前半、大いに笑わせてくれ仲入り後は、釈台が置かれ講談仕立ての新作「大河への道」だ。人生50年と云われた時代に、55歳を過ぎてから、日本をグルリと足で歩いて測量をし、我が国初の日本地図「大日本沿海興地(よち)全図」を作った伊能忠敬の生涯を落語にした意欲作でアル。

大河ドラマ「龍馬伝」に沸く長崎を訪れたエピソードをマクラに伊能忠敬の出身地である千葉へと舞台が移る。

実際に師匠が千葉県香取市の「伊能忠敬記念館」を訪れた時から四年の歳月をかけて完成させた噺だそうだ。そんな秘話も織り交ぜながら、進むハナシは時に感動し、時に大笑いさせてくれるのだナ。

名作「歓喜の歌」にも登場するキャラと重なる県の職員と局長とのノー天気なやり取りが「志の輔らくご」らしい味付けとなって、難しく地味なテーマを壮大な落語噺へと導いている。

最後に登場する190年前の伊能図が衛星撮影の我が国と重なった時、言葉に表せない程の感動を覚えたのは、僕だけじゃないだろう。
b0019140_14281540.jpg
古典落語は何と言っても柳家権太楼師匠だが、立川志の輔師匠の創作落語も当分目が離せないのだナ。

3時間の公演はあっと云う間に感じたが、時計の針は午後10時。
腹も減ったので酒朋ハッシーと青山学園大学近くに在る馴染みの居酒屋『立ち飲み なるきよ』へと向かった。

週末だし、相変わらず大賑わいだったが、焼き場の前のカウンターに入る事が出来た。
b0019140_1430401.jpg
先ずはビールで乾杯し、二人で志の輔らくごの余韻に浸った。
b0019140_14305541.jpg
筍の煮物がいいアテになるネ。
b0019140_1431490.jpg
芋焼酎をロックで戴き、九州スタイルのモツを戴く。
b0019140_14311388.jpg
上にかかるソースの味が決め手なのだナ。

お次は、寒ブリの心臓やモツを大根と煮た「ブリモツ大根」の登場だ。
b0019140_14314923.jpg
味が沁みた大根も美味いが、ブリのモツ素晴らしい味だネ。
b0019140_14323738.jpg
此処にくると店主の吉田成清が、次々に美味い料理を出してくれるから嬉しいのだネ。焼酎のぐい飲みが空になるのが早い。

そう云えば昨年11月11日にヤンチャな成清君が父親になったそうだ。
b0019140_1432452.jpg
何とも奇遇な立ち飲みの日だネ。これに弾みをつけて増々『立ち飲み なるきよ』の繁盛を願おうか。そして、おめでとう!

家に戻り、まだ呑み足りなかったので、ビールで晩酌だ。
b0019140_14331532.jpg
良い週末を迎えられそうだナ、と高いびきでソファー寝であった。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/14837609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ここちき at 2011-02-01 08:20 x
筍にぶり大根にモツ煮かぁ~
この数年でそういう物が美味しい美味しいと思うのは
やはり年なんだろうな。
そして相変わらずなるきよは美味しそうですね。
カウンターの空豆が気になります!

Commented by cafegent at 2011-02-01 14:05
ここちきさま、こんにちは!

炭火で炙ったそら豆、美味しいですゾ!

『なるきよ』は、独り呑みも出来るので是非!
by cafegent | 2011-01-31 14:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)