東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々雑文雑多日記/たまには、休肝日のウチご飯もネ。

今朝、仕事場まで歩いていると目の前にナント真白い雪に覆われた富士山が現れた。驚いて慌ててカメラを出した。
b0019140_12324991.jpg
何でこんな場所から見えるのだろう、と思いきや雲だった。
駄目だね近眼の老眼は、でも一瞬ホントに富士山かと思ったのだナ。
b0019140_12303450.jpg
こちらは、本物。一月に吉田類さん達と登った高尾山からパチリ。

昨日は東北地方で地震があったが、今朝も地震の揺れで目を覚ました。いわき市では津波の心配もあったが観測されなかったみたいで、ホっとした。呑み師さん、大丈夫だったか心配だネ。と書いている今もまた東北で地震があったのか。増々心配。

夕べは酒を抜いた。だが、酒の力を借りないと眠れない程のアル中気味らしく午前3時過ぎにベッドに入ったのだが、一時間以上眠りにつけなかった。まぁ、いつの間にか爆睡している訳だが、また7時前に地震で起きてしまい、睡眠不足になっている。
       ◇       ◇       ◇
毎年材木座海岸に住む友人から若布(わかめ)を頂戴する。三月に入るとあの辺りの海では若布が解禁になる。鎌倉から腰越辺りの相模湾沿いの魚屋では新若布が並ぶ。

友人も家族で食べる若布は自宅の庭で干しあげるそうだ。我が家では若布の佃煮を作ったりしているが、新若布は熱湯をくぐらせ強い磯臭さを取り、酢醤油と刻みねぎで合えるのも実に美味い。若布は昆布と違い、加熱し過ぎるとかえってエグさが出てしまうから気をつけなければいけない。

新若布の和え物は日本酒のアテに最適だし、炊きたてのご飯に乗せても美味い。また、若布のヌメりであるアルギン酸は塩分を体の外に出す働きが有り、高血圧の抑制になるのだネ。なので、僕には欠かせないのでアル。

昨日は九州天草の土産を戴いた。
b0019140_12363058.jpg
丸木水産漁業が作っている「漁師の沖めし」と云う物で、真鯛の刺身を醤油漬けで食べる昔ながらの漁師めしがベースになっている。
b0019140_12365384.jpg
醤油とみりんのバランスも絶妙で、鯛茶も楽しめる。美味いオカズには美味い飯、岐阜県飛騨産の米「龍の瞳」を土鍋で炊いた。
b0019140_12463279.jpg
魚沼産のコシヒカリよりもうんと値が張るが粒が大きくて甘い。

しかし、お米もアマゾンで買える時代なのだネ。驚きだ。
自然栽培 『龍の瞳』 白米 5kg 県認証の無肥料無農薬米 おかずが無くても食べられる幻の大粒米!
b0019140_12465746.jpg
まず、一杯目は炊きたてのご飯の上に鯛を乗せ、刻んだ青葱を散らし、この漬け汁をかける。後は豪快に頬張れば口一杯に天草の海が広がるってもんだ。(写す前にペロリだったナ!アハハ。)

で、二杯目は鯛茶漬けにする。ご飯に鯛を並べ、擦り卸した山葵を乗せる。細く刻んだ海苔もふりかけてお茶を掛けてススれば良いのだ。
b0019140_12484087.jpg
夕べは小食にするつもりだったが、旬の菜の花や厚揚げも美味しく納豆も食べたくなったので、結局三杯半もおかわりをしてしまった。
b0019140_12484979.jpg
あぁ、満腹満足。
b0019140_12495412.jpg
       ◇       ◇       ◇
さて、買おうと思って近所の書店に行ったら、無くて買いそびれていた『東京朝呑み散歩 (三才ムック VOL. 314)』を仕事場に遊びに来てくれたいわき市の呑み師さんが持って来てくれた。
b0019140_1251167.jpg
表紙は、ご存知吉田類さんと句会仲間でもある作家の坂崎重盛さんでアル。二人がアメ横の馬モツ煮込み『大統領』で朝酒をやっている表紙がまたイイのだナ。

中身は都内各地の朝酒スポットを紹介しているムック。

葛飾区のページに紹介さてれいる『倉井ストアー』は毎週の土曜朝酒に欠かせない一軒なのだ。
b0019140_12535014.jpg
フンフンと文章を読みながら写真に目をやると、ナント立石の重鎮イシさんが写っているではないか。
b0019140_1254379.jpg
そう云えば、此処は昔イシさんに教えてもらった店だったものナ。大常連のイシさんが偶然取材時にも吞みに来ていたのだネ。
b0019140_12571948.jpg
これは、『宇ち多゛』でのイシさんとワタクシだ。

そんな訳で立石『宇ち多゛』でも、この本の話題となり暫し酒場話に花が咲いたのだった。

さて、今日は酒朋ハッシーと午後から宇ち入りをするのだったナ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/15033125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 呑師 at 2011-03-10 14:25 x
一昨日は大変お世話になりお土産まで頂戴し有難う御座いました。
地震の影響もなく小名浜港で若干の潮位の変化がありましたが大丈夫でした。
ハイボールの美味い酒場で呑みたいですね!
ビリーさん酒朋皆様に宜しくお伝え下さい。
Commented by やまちゃん at 2011-03-10 16:28 x
こんにちは。春と冬が行ったり来たりしてますね。

倉井に写る イシさんらしき人が本当に当人かわからず 御本人に 尋ねてみたら アッサリと 俺だよ~ とおっしゃってました。 すごい小さい写真ですものね。
Commented by ここちき at 2011-03-11 08:32 x
若布!若布にも旬があり、今が旬なんですよね!

しっかり真面目に取り組んだ事がなかったです。
誰に教わる事もないので何が正しいかわかりませんが、
最近、実はこうすると美味しくなるんだと思うこと多々。

今年はきちんと(?)さっと茹でて食べるとおいしい!!
鰹節、胡麻に醤油をかけて食べるのにはまってます(笑


土鍋ご飯…
今だ怖くて実施できず。

Commented by cafegent at 2011-03-11 12:23
呑師さま、こんんちは!

先日は大好きな『ままどおる』ありがとうございました。
地震の被害もなくて良かったですネ。

今度是非美味いハイボールで乾杯しましょう!
Commented by cafegent at 2011-03-11 12:24
山ちゃん、こんにちは!

イシさんは山ちゃんの事が大好きなご様子!
不肖の息子の様な気持ちなのでしょうか(苦笑)

最近ご無沙汰してますので、また近々吞みましょうネ。
Commented by cafegent at 2011-03-11 12:28
ここちきサマ、こんにちは!

この春最後の鍋も終わったことだし、
ぜひとも土鍋はご飯炊きに使いましょう!
ホントに簡単ですから!

1.米を研いだら30分程水に浸す
2.土鍋に移し同量の水をいれて強火で沸騰させる。
3.沸騰して来たら蓋をして弱火にする。
4.土鍋と蓋の間からフツフツと吹き出したら7,8分
(6分と云う人も居るけど僕は8分)
5.火を止める前に6秒程強火にして火を消す
6.10分蒸らせば出来上がり!

では、成功を祈る!!!!

by cafegent | 2011-03-10 12:59 | 食べる | Trackback | Comments(6)