東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雑文雑多日記/今回の震災に触れて、また考えさせられた。

そう云えば、今朝の朝日新聞に掲載された国立民族学博物館教授・竹沢尚一郎さんの『私の視点』が非常に面白かった。

    『復興財源  連帯税2%を2年限定で』

今回の東日本大震災により、家も家財も何もかも失った多くの方々の生活の再建をどのように実現させていくのか、我々日本国民全員がどう支援出来るのかを明確に言及していた。
b0019140_1630482.jpg
〈私は被災者の生活再建に消費税として「復興支援国民連帯税」の創設を提言したい。税率は2%とし、2年間の時限立法とする。現在の消費税5%で税収は年約12.5兆円だから、2年間で新たに約10兆円の財源が見込める。復興への道筋をつけられる額だろう。〉とのことだ。

竹沢教授は、「連帯税」創設のメリットを次の4つに提言していた。

第一に、多くの自治体の施設が崩壊し、人命が失われた今、行政機能の回復に時間がかかると謂う。
今、早急に必要なのは被災者に個々自由に処分できる資金を直接提供する必要があること。
自由に使える現金が手元にあることほど人間の尊厳を守る手段は他にそう多くない。

第二に、地域経済と地域社会の再建を後押しできる、と謂う。住民1万人が家を失った町に消費可能な50億円を提供できるなら、地域復興のカギとなる商店や商店街の再建を促進するだろう。

第三に、被災者の再建を国民全体で支えるという強いメッセージを打ち出せる。消費税の形で復興資金を設定し、それを被災者の生活再建に投資するとすれば、「一部の国民の苦しみは国民全体の苦しみである」という連帯意識を育成できる。

第四に、国際社会に向けた明確なメッセージにもなる。復興資金を国債の発行だけでまかなおうとすれば、ただでさえ評価の低い日本の国債の評価はさらに低下する。そうなれば国債の暴落も招きかねないと謂う。

そして、最後に〈政府と国会に、迅速な行動を強く求めたい〉と締めくくっていた。そう、本当に迅速な行動を取ってもらいたいものだネ。

また、今日のツイッターにて知ったのだが、これは読んでみて欲しい。

「頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。」

福島で被害にあった方の今の正直な気持ちが綴られていたのだナ。これは、内容をピックアップして紹介するよりも、全文を読んで欲しい。

多分、多くの被災者が思っている本音かもしれない。

早めに皆さんにも知って貰いたかったので、日記に残してみた。
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terute at 2011-04-07 18:31 x
「俺たちを幸せになんてふざけたこと思わないで、

 「俺たちの分、そっちもみんな不幸になってくれたらなー」
これ確かに突き刺さりますね。この現実知っちゃったら後僕らに何が出来るのでしょう・・・北野武氏が言ってました。「人間って笑える家があって初めて笑える!僕らには笑いを届けるしか出来ないなんて言う奴は下賎だよ!金出せよ!」bull's eyeですよね!増税大賛成!!明日からでもやって欲しい!

Commented by 大越龍一郎 at 2011-04-07 22:28 x
ありがとうございます。私共の職場の人でも、家が流されたり家は残っても住める状態ではなかったりということがあります。現実にそのような目に遭ってみないとわからないですよ。福島もそうですよね。地震や原発の問題で苦しんでいる。国民が世界中の人が、今回のことについてその人の立場に立ち、よく考えて行動していただきたい。一番良いのは、被災地や避難所に来てみるのが一番ではないでしょうか?そして、親身になって相談相手になるとかね。
Commented by 大越龍一郎 at 2011-04-07 23:58 x
皆さん!大丈夫ですか?
Commented by cafegent at 2011-04-08 11:32
teruteさま、いつもコメント
ありがとうございます。

こう云う増税は誰だって反対しないと思います。
使途不明の消費税値上げばかり掲げるから、
今の政治に納得が行かないのですナ。

北野武さん、鋭いですネ!
Commented by cafegent at 2011-04-08 11:35
大越龍一郎さま、コメント
ありがとうございます。

被災地を実際に目にしていない僕らは、
この東京で黙って支援する方が良いのかもしれないネ。

被災者の方々に変にメッセージなど送るから、
逆にあんなわだかまりが生まれてしまうのかもしれない。
Commented by kanmei44 at 2011-04-08 11:45 x
自分も今朝「頑張れとか、、、」読んで自分の日記にも掲載させていただきました
被災をまのがれた一人でも多くの人達に読んで欲しいと思います
Commented by akira at 2011-04-08 13:11 x
昨晩の大規模余震。既に4週間経ってもこの有り様には、被災地の方々への希望の道もまだまだ遠いものだと感じてしまいます。
今日の日記の2つの記事も、こうした状況下にあると見えてくるモノは「お金」である事に否定は出来ないと思います。

ご紹介されたTwitterの内容も拝見しました。
都内に住んでる我々には想像できない悲痛な想いと絶望感。多分我々が側にいても何も出来ないでしょう。そうした時に、被災者でない我々が何が出来るかと言えば、「お金を消費する」も重要な支援活動だと思います。
納税もそうですし、募金への寄付。東日本関連の衣食住関連の購入など…

被災者への直接支援はまだまだ先だと改めて認識させられました。
Commented by cafegent at 2011-04-08 16:30
カンメイ兄、こんにちは!

斎藤和義の反原発ソングも凄いよ。
是非、探して聴いてみて!
Commented by cafegent at 2011-04-08 16:33
akiraさま、こんにちは。

ホントに今我々がしなくちゃならない事を痛烈に考えさせられましたネ。

こんな時に都知事選しても、都民は十分に検討出来ないよネ。
Commented by たっきぃ at 2011-04-13 23:44 x
ご無沙汰してます。
先日はお会いできず残念でした。
また今度、お会いできれば。

この前、テレビを見てた父が「こんなに『頑張ろう頑張ろう』って言われたら、見てるこっちが疲れてくるよ」と呟いてたのが印象に残りました。
普通に暮らしてるこっちの人間でさえこれですから、被災地の方達からしたら……って感じさせられましたね。
Commented by cafegent at 2011-04-14 14:31
たっきぃサマ、こんにちは!

このところ、土曜日の朝に宇ち入り出来ない時が続いてます。

僕らは人に「頑張ろう」と云わず、ただ黙って僕ら自身が頑張るしかないよネ。

また、近々吞みましょうネ!
by cafegent | 2011-04-07 16:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(11)