東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日々雑文雑多日記/「続・星守る犬」は桜咲く今読みたい。

b0019140_12565324.jpg
目黒川沿いの桜を眺めながら歩いていたら、橋の上で数匹の犬を散歩させている方に出逢った。
b0019140_12563573.jpg
この柴犬クンは頭上の桜を眺めたいのか、飼い主が引っ張ってもウンともスンとも動かず、可愛かったナ。
b0019140_12571731.jpg
村上たかしさんが描いた漫画「星守る犬」が映画化されることになったそうだ。

ホームレスの主人公「おとうさん」と飼い犬のハッピーが織りなすロードムービー的なストーリーに最後まで一気に読んでしまったっけ。
切なさと愛おしさがページをめくる度に訪れて、目頭が熱くなり最後はもう泣けた、泣けた。

映画の方は主人公を西田敏行が演じ、岸本加世子や余貴美子、藤竜也、三浦友和など渋い役者が脇を固めるのだネ。

北海道名寄市に咲く40万本のひまわり畑でクランクインしたそうだが、北海道の向日葵は本当に圧巻だ。この一ヶ月の未曾有の惨事を振り返ると、たまにはこんなピュアな映画に浸りたいと思ったのだナ。

そんな時、この漫画の続編「続・星守る犬」が発売された。
b0019140_12461581.jpg
前作「星守る犬」で描かれた愛犬ハッピーには、離ればなれになっていた弟犬が居た。また、おとうさんが旅で出逢った家出少年をフューチャーした話も有り、読みながら前作を思い返してしまう。

朝日新聞社の編集記者・松尾慈子(しげこ)さんが書いたコラム『漫画偏愛主義』でも取り上げられているので、そちらも読んで貰いたい。
松尾さんは、前作のラストでは涙が止まらなかったが、本作のラストには心温まる思いがしたそうだ。

実は僕も同様の思いで読み終えた。
b0019140_12473920.jpg
是非とも今年の桜が散る前に読んで欲しい一冊でアル。

asahi.com/『漫画偏愛主義』
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyanocchi2 at 2011-04-14 08:36
黒柴ぁぁぁあああヽ(`Д´;)ノ
Commented by cafegent at 2011-04-14 14:32
miyanocchi2さま、こんにちは!

黒柴、可愛い過ぎますよね!

見ていると欲しくなってしまいます。
Commented by miyanocchi2 at 2011-04-14 14:40
あ、一応miyanocchi2=ここちきです<(_^_)>
Commented by cafegent at 2011-04-14 14:49
ここちきサマ!

ほーい(笑)
Commented by たっきぃ at 2011-04-15 00:25 x
べ、別にうちの犬だってそういう格好くらい毎日のようにするんですからね!

実は今の犬を飼う時に黒柴にするかギリギリまで迷ったりしたわけですが(笑)
黒柴もいいですねえ~
Commented by cafegent at 2011-04-15 11:54
たっきぃ、こんにちは!

今度散歩のついでに立石までワンちゃんを連れて来てよ!

きっと可愛いのだろうね!!
by cafegent | 2011-04-13 13:02 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)