東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々呑んだくれ日記/GTMSの酒と利尻のウニがご対面!

今日は天気は良いが、風が強いネ。

今朝の朝刊を読んでいたら、福島県沖のカツオ漁が全面的に解禁になったそうだ。
b0019140_15593481.jpg
今後、何れだけの放射性セシウムやヨウ素が検出されるか判らないが、福島沖に入ったカツオが食べられる事は嬉しい知らせだナ。

先日、立石にてクラムボンのミトさんのソロ・アルバムの話を伺ったので、雑誌「ミュージック・マガジン」のレコード評を読んでみようと書店で買い求めると、ナント表紙が我が兄貴であった。
b0019140_1602865.jpg
ミトさん同様に先月、自身初のソロ・アルバムを出したんだったネ。
しかも「ピチカート・ワン」名義と云うのが可笑しい。

まだアルバム自体は聴いていないが、マリーナ・ショウが唄うジョン・レノンの「イマジン」を聴いた。余りにも原曲とかけ離れたアレンジに驚いたが、小西康陽らしいカヴァー曲の解釈なのだナ。
b0019140_1611223.jpg
ところで、ずっと兄の写真を見ながら、この風体どこかで見覚えがあるなぁと考えていたのだが、思い出した。こりゃどうみても東池袋に在った『大勝軒』の店主、山岸一雄さんだよネ。
b0019140_1612728.jpg
トレードマークの白手拭が黒に変わっただけみたい!

朝から珈琲を吹き出しそうになってしまったヨ。
      ◇         ◇         ◇
閑話休題。
夏至の昨日、夕暮れ前に仕事場を出た。

午後六時過ぎ、まだ明るい東京を電車で移動し、木場へと向かう。
b0019140_165069.jpg
永代通りを左に曲がり、平木橋を渡ると水面を伝った六月の風が汗ばんだ頬を冷たく撫でていった。
b0019140_1652028.jpg
川面に反射した夏至の太陽が煌めいて、行き交う自転車の少女たちを照らしていたナ。
b0019140_1653219.jpg
この日の『河本』は、まだ早い時間だったが、満席だった。いつもお会いするご常連さんが席を譲ってくれて座る事が出来た。暑さのせいか、冷や奴がもう品切れだ。
b0019140_166640.jpg
それでも、刺身こんにゃくをアテにホッピーを戴いた。

真寿美さんも時折、団扇を扇ぎながら仕事をこなしていたネ。
三杯のホッピーを堪能し、昨日はハシゴをせずに家路に向かった。

そう、昨日は朝北海道からウニが届いたのだ。
b0019140_1674532.jpg
利尻礼文のウニ漁師、川原さんが穫れたてのエゾバフン雲丹とキタムラサキ雲丹を殻から出して、海水に浸けた状態で空輸してくれたのだ。

大抵のウニはミョウバンを使って、木箱に詰めて出荷されるが、こちらは海と同じ状態に保ってあるので、利尻の海で穫れたてを食べるのと同じ味を堪能できるのだナ。
b0019140_161035.jpg
小粒でオレンジ色をしたエゾバフン雲丹は、甘くて実に濃厚だ。

先日、東北を旅した際に酒屋さんに頼んだ秋田県内限定の太平山生酛純米吟醸『十二』の一升瓶も届いたので、ウニに合わせて一献つけた。
b0019140_16102764.jpg
吟醸酒の爽やかな香りとバナナの様なフルーティーな味が、濃厚な雲丹の甘みに絶妙に絡むのだナ。
b0019140_16104152.jpg
逆に、大粒で鮮やかな黄色のキタムラサキ雲丹は、エゾバフンに比べてあっさりした甘みで、これは絶対に飯に合うネ。
b0019140_16105215.jpg
昨年は、殻のまま送って貰ったのだが、ワタを取ったり身を崩さずに取り出したりが結構大変な作業だったから、今回は楽ちんだった。

日本酒を注いだ一合枡は、こちらも届いたばかりの『GTMS(Gotta Try Michinoku's Sake.)/東北の酒を吞もう』でアル。
b0019140_16124850.jpg
これで吞めば、東北の酒が数倍美味くなるのだヨ。

夕べは、雲丹の他にカツオの叩きも作った。
b0019140_16154753.jpg
甘い玉葱をたっぷりと刻み、ニンニク、茗荷、大葉も乗せた。
b0019140_16165241.jpg
これは、岡山名物「塩ポン酢」で戴いた。

酒呑みには酒に合う付け合わせも欠かせない。
b0019140_1620086.jpg
で、ピータン豆腐にインゲン胡麻和えも作ってみた。
b0019140_16201120.jpg
我ながら、ぐふふの美味さに頬が緩む。
b0019140_16202682.jpg
〆のご飯は、ウニ丼に合う様に、酒と利尻昆布で炊き上げた。
b0019140_16203545.jpg
あぁ、北海道の海の幸と東北秋田の酒にシビレた夜になったのだナ。
b0019140_16213653.jpg
こうやって、ウニご飯を存分にかき混ぜるのが美味い!むふふ。
b0019140_16241294.jpg
と、云う訳で、皆さんGTMS!東北の酒に乾杯!
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/15816181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moo at 2011-06-23 17:26 x
うん!乾杯っ!
雲丹のせいで涎が…っ
にしても、爽やか過ぎない?笑
Commented by ヨス at 2011-06-23 17:32 x
お邪魔します。
今回の御自宅GTMS!は凄いですね。見ているだけでフラストレーションが溜まります。 旨い酒と肴で自宅呑みへのコダワリ!!格好良すぎです。
因みに、つけ麺のオヤジが六本木ヒルズに住んでて杖付いて出て来る画像を見た時マジでコーヒー噴きましたw
Commented by cafegent at 2011-06-24 11:04
mooちゃん、こんにちは!

また夏が近づいてきました。
昨年に続き、またmooちゃん宅おうち居酒屋もやりたいネ。
ヨロシクね!
Commented by cafegent at 2011-06-24 11:05
ヨスさま、こんにちは!

つけ麺の親爺さん、ヒルズに住んでいるのですか!
その方が、驚きですネ(w)

GTMSまだまだ続きますヨ!
Commented by moo at 2011-06-26 15:55 x
おいでませ!今年の花火は1ヶ月遅れよ。
皆様お誘い合わせの上~。
にしても怒涛の花火宴会よりのんびり開催したほうがよいか…
Commented by cafegent at 2011-06-27 10:49
mooちゃん、こんにちは。

ありがとうございます。
ベランダ花火は、マストですぅ!
宜しくお願いします。w
by cafegent | 2011-06-23 16:24 | 食べる | Trackback | Comments(6)