東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日々是雑多日記/武蔵小山で見つけた美味い店2軒!

昨日のゲリラ豪雨には参ったネ。浅草とか路面を叩き付ける様な激しい雨にみんな大慌てで走ってましたナ。
b0019140_13133483.jpg
テレビのニュースでは、今日も夕方から雷雨と言っていたが、午前中に降ったネ。そして、もう青空が広がっている。

さて、日曜日から今日まで酒を抜いている。それでも酒場には足繁く通っているのだが、皆さん心得たもんで焼酎ヌキのホッピーやら、ノンアルコールのカクテルなんぞ作ってくれるのだナ。

火よ宇では、ウーロン茶でレバ素焼きのうんと若焼きお酢掛けやアブラ少ないとこタレで戴いた。
b0019140_1254417.jpg
二毛作で戴いたジンジャーエール・ベースのカクテルも美味しかった。

昨日は夕立後に5キロ程走って、汗を出した。
b0019140_133533.jpg
いつもだと一気に前日の酒を汗と共に躯の外に出すのだが、これだけ連続して吞んでいないと出る汗も違うみたいだネ。躯が本当に浄化されていく感じが判るのだナ。

走り終えた後、武蔵小山パルム商店街に最近出店し始めたトマトジュース屋さんに立ち寄った。『スバラチィーノ!』と云う、少々ふざけた名前のジュースバーではあるが、味はとても良い。
b0019140_12502999.jpg
砂町銀座にも出店していたり、近々赤坂サカスにも移動店舗を出すそうな。凄いネェ。

先日、テレビでモデルのSHIHOが毎朝使ってスムージーを吞んでいると言っていたが、あのVitamixのジューサーミキサーよりも強力そうな業務用マシーンで作るのだナ。
b0019140_12561147.jpg
此処が使用しているトマトは、飛騨高山産の桃太郎トマトでアル。
店主も飛騨高山から来ているそうだ。
b0019140_12495969.jpg
生トマトジュースは、中玉1個分が200円、2個分が300円、3個分が400円となっている。一人だと2個分で十分だネ。

キンキンに凍らせたトマトと生トマトをジューサーに入れて、オリーブ油を少々足すのだナ。これでフレッシュなトマトスムージーの完成だ。
b0019140_12492414.jpg
好みだが、塩をパラリと振り掛けると美味さが増す。走った後の躯にビタミンAやC、リコピン、それにカリウムが補給されるのだナ。高血圧のワタクシにはカリウムは必要だからネ。

家でひとっ風呂浴びて汗を流し、夜の街へと舞い戻った。

いつも行く深夜食堂の隣りに前々から気になっていた店が在ったので、其処へお邪魔した。
b0019140_13231772.jpg
『本田飲食堂』は、カウンターと小さなテーブル3つの小体の店だが、地元のご常連が多いのか、一人で立ち寄るお客さんが目立つ。

メニューを見ると、そんなお一人様ニーズに応えるべく殆どの品にスモールサイズとレギュラーサイズが用意されていた。うーん、中々ニクイ心遣いだネ。

カウンターの中にはオーナーシェフだろう方が、ご常連さんと会話を楽しみながら、懸命に料理と向き合っている。

フロアを担当している女の子は、若くてとっても可愛いコでアル。接客のギコチなさが、余計にコケティッシュさを増幅させているのだナ。

連れはグラスの白ワインを頼み、僕はジンジャーエールをお願いした。ワインは、グラスになみなみと注がれ、値段も480円と手頃で素晴らしい。
b0019140_1311235.jpg
さて、品書だがアンティパストが総て500円と云うのも嬉しい限り。
b0019140_1343330.jpg
レバーペーストを頼んだのだが、このボリュームでこの価格とは恐れ入る。そして、美味しい。

続いて、黒板のメニューから帆立貝の生うにクリーム焼きを戴いた。
b0019140_1354777.jpg
濃厚なウニがクリームソースに絡まり、分厚い帆立を引き立てる。特にカブが美味しかったナ。

お次ぎは、リー・ド・ヴォーとキノコの温製サラダを頼んだ。
先日、代々木公園駅のスパゲティ屋『ハシヤ』で戴いたシメジのサラダスパゲッティを思わせる味付けで、こちらも大変美味しい。
b0019140_1355590.jpg
しかも、これでスモールサイズなのだから嬉しいネ。

最後はピッツァで〆た。
b0019140_1361357.jpg
マルゲリータと生ハム・法蓮草のバジリコ風味を半々にして貰った。

手頃で、美味しい店だったナ。もっと早くから来てみれば良かった。

『本田飲食堂』を後にして、隣りの戸を開ける。
b0019140_137756.jpg
カウンターではいつもの面々が遅い夕飯を取りながら、吞んでいた。

芋焼酎のボトルを棚から取り出すが、僕はウーロン茶でアル。出張帰りの連れは、涼しい顔をしながら焼酎を吞んでいる。
b0019140_138116.jpg
マカロニサラダをアテに夜を過ごしたが、当然ながらいつまで経っても酔わないのだナ。さて、明日からまた大いに吞むぞ!
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/16059056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2011-08-04 13:13 | 食べる | Trackback | Comments(0)