東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々雑文雑多日記/末広町『花ぶさ』で初秋を食む。

向田邦子さんのコトを綴っていたら、無性に『ままや』のお惣菜が恋しくなった。けれども、今はもう食べることが出来ない。

作家の先生達は、美味しい物に目が無い方が多かった。池波正太郎、山口瞳、立原正秋等々、東京の美味いもの、美味い店を多くの先生たちから知ることが多かった。今でも健在の店も数多く残っており、僕も足繁く通っている店もある。

そんな訳で、今日の昼飯は末広町まで足を伸ばし、『花ぶさ』の暖簾を潜った。
b0019140_17305482.jpg
此処は、池波正太郎さんがこよなく愛した料理屋で、暖簾の文字や包み紙の絵も描いている。夜は、季節の料理が彩る「花ぶさ膳」を肴に酒を呑むのが愉しい。

なにより、昼の献立の素晴らしいこと。穴子煮や季節の刺身、天ぷら、自家製の西京焼など、種類も豊富だし、季節毎に変わる炊き込み御飯や〆の白玉ぜんざいまで付いて千円と云うのが嬉しい限り。

大女将の佐藤雅江さんは、今はもう時々しか顔を見せないが、お孫さんが板長として昼も夜も板場に立っているのが嬉しい。
b0019140_1731252.jpg
以前は、上野不忍池の蓮の花を眺めた後に近くの銭湯『燕湯』で朝風呂を楽しみ、上野ガード下辺りの酒場で軽く朝酒を楽しんだりした後に、此処で昼飯を堪能した。

最近は、もっぱら湯島天神を参詣した後、のんびりと散歩しながらギャラリー『3331Arts Chiyoda』を見学し、午後空いた時間を見計らって『花ぶさ』を訪れることが多い。

今日も一階のカウンターはタイミングよく空いていた。席に座り、おしぼりで汗を拭うと、真隣りに酒朋キクさんが居ることに気がついた。
時々いらしてるとは聞いていたが、平日のこの時間に遭えるとは奇遇でアル。
b0019140_17314345.jpg
キクさんは出始めたばかりの新サンマを刺身で、僕は茄子の味噌田楽を戴いた。
b0019140_1732714.jpg
しっとりとした甘い茄子に味噌の風味豊かな味がしっかりと滲み、御飯がススんだナ。二人とも初秋の味覚に大満足でアル。

今の時季お馴染みのコーンの炊き込み御飯も茗荷が効いて美味かった。
b0019140_1732231.jpg
しっかり、御飯もお代わりし、なめこの赤出しも変わらずに美味い。
b0019140_17322822.jpg
男二人、白玉ぜんざいに舌鼓を打ち、大満足で店を出た。

銀座線の入口でキクさんと別れ、僕は一人JRのガード下に出来た複合施設『2k540 AKI-OKA ARTISAN』を散策。
b0019140_1735292.jpg
神保町『兵六』に毎日通う酒巻君もこの中のアートフレーム屋さんで仕事をしていたので、ご挨拶をして来た。
b0019140_1735342.jpg
館内のマルチスペースでは、にいがた産業創造機構が企画した「百年物語」〜美しい道具を新潟から〜が催されていた。
b0019140_17354615.jpg
8月末までの開催なので、是非。
       ◇        ◇        ◇
さて、先日も日記に書いたが、パイロット万年筆の企業広告が面白い。
b0019140_17363823.jpg
第一弾は、イラストレーターの和田誠さんが描いた。
b0019140_17372070.jpg
続いて、カクカクシカジカやクウネル君、suicaのペンギン、千葉県のマスコット・チーバ君などの名キャラクターを描くイラストレーターの坂崎千春さん。
b0019140_17373546.jpg
そして第三弾はイラストレーター、アートディレクターとして活躍する大塚いちおさんが登場し、とても心に響いて、そして誰かと向き合いたくなる様な、自分を応援してくれる小さな言葉を紡ぎ出している。
b0019140_17374894.jpg
個性的なイラストレーター達が、手描きした『PILOT』の企業ロゴもそれぞれに味わい深くて素敵だネ。

パイロットは、何年か前から「書く、を支える。」をテーマに新聞広告を展開しているのだが、何れもが素晴らしい作品になっている。
b0019140_17382244.jpg
相手に一番言いたいこと、伝えたいことほど、言葉に出せないものだ。

そんな時、ベタでもいいから、たった一言でもいいから、ペンを取り、書いてみよう。手書きで綴った文字の持つ思わぬチカラに驚きを覚えてしまうことだろう。

過去の企業広告を是非、ご覧になってもらいたい。きっと、抽き出しの中で眠っている万年筆を手に取ってみたくなる筈だから。

パイロット企業広告のサイト
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多摩三郎 at 2011-08-26 13:28 x
「花ぶさ」は池波先生のエッセーで存じてましたが、お昼がそれほどリーズナブルとは知りませんでした。お酒は飲めるのでしょうか?
Commented by 青柳 at 2011-08-26 13:59 x
東京自由人さん、ご無沙汰しております。偶然このブログを見つけました。めちゃめちゃおもしろいです。私は好き嫌いが多く、お酒も飲めませんので、機会がありましたらお茶でもご一緒できればうれしいです。これからもブログの更新を楽しみにしております。それではまた。
何度かお会いしたことがある青柳より
Commented by cafegent at 2011-08-26 17:48
多摩三郎さま、こんばんは。

『花ぶさ』のランチは、本当にオススメですヨ。
季節毎に行くと、楽しみも倍増します。是非!
Commented by cafegent at 2011-08-26 17:50
青柳さま、こんばんは!

「ご無沙汰しております」と云われながら、
ハテどなたでしたか?と考えてしまいます。

僕は甘いものにも目がないので、お茶でも珈琲でも是非!

今後とも宜しくお願いします。 
Commented by 青柳 at 2011-08-26 18:15 x
突然失礼いたしました。東京自由人さんとお会いしたのは、もう20年以上前の、東京自由人さんがサラリーマン時代に数回と、独立されてすぐぐらいと銀座のシネスイッチ(ニュー・シネマ・パラダイスでした、たぶん)で偶然お会いしたいぐらいですかね。それではぜひおいしいケーキでも。
Commented by cafegent at 2011-08-29 10:44
青柳さま、早々にありがとうございます。

もう随分昔のことになるのですネ。
銀座のシネスイッチもトンとご無沙汰です。

これを機にまた宜しくお願い致します。
by cafegent | 2011-08-25 23:30 | 食べる | Trackback | Comments(6)