東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々ヘベ日記/アヒルストアからさいきへ怒濤の梯子酒。

二日酔いでアル。しかも、可成りのレベルだ。ミラグレーンも何の威力も発揮せず、今朝は頭が痛かった。悪夢の午前中が過ぎ去り、漸く体調が戻って来た次第だ。

昨日は夕方4時半に四谷三丁目で仕事が終わった。最近話題になっている大学芋専門店『四谷十三里屋』の本店に立寄り、ひとつ600円以上もする高級焼き芋を自分用に買った。
b0019140_15495387.jpg
十三里とは、江戸の頃の洒落歌で「栗(九里)より(四里)甘い十三里(九里+四里)とサツマ芋の事をうたい看板にした焼き芋屋のことだ。

茨城産の紅まさりや徳島の鳴門金時など全国各地の甘いサツマ芋を扱っている。倉庫で長く寝かせることで、でんぷん質を糖に変え、甘さが増すまで熟成させているそうだ。高いだけあって、美味かったナ。

新宿通りを歩き四谷へと出た。『わかば』にて鯛やきを買う。どうも酒場へ手土産を持って行く癖がついており、買ってしまうのだナ。

五時になり『鈴傳』へ。
b0019140_15501795.jpg
マカロニサラダをアテに満寿泉を戴いた。
b0019140_15502836.jpg
富山の酒だったかナ。夕べは渋谷で飲む予定が有ったので、一杯で引き上げた。

代々木経由で渋谷に出て、東急本店裏を富ヶ谷方面へと歩く。
待ち合わせにまだ少し時間が余ったので、酒屋『丸木屋商店』へ。
b0019140_1551932.jpg
酒屋の裏手に廻ると酒場になっている。数年前までは本当に酒屋の角打ちだったのだが、今はコの字カウンターの立ち飲みになっている。
b0019140_1554475.jpg
酒のアテも豊富で、豆腐と大根たっぷりの煮込みや茹で玉子の入ったポテトサラダも美味い。
b0019140_1552051.jpg
ポテサラには渋谷名物ハチ公ソースが合うのだナ。

角打ちなので、サバ水煮缶詰やコンビーフなんてのも有る。好みで温めてくれたりネギを乗せてくれるのも良い。
b0019140_1559093.jpg
240円だった酒が290円になっていたのは時代の流れだネ。でも、安いことには変わりなく、本当に良い酒場だなぁ。


二級酒八重壽の熱燗を戴き、ご馳走様だ。クィっと吞んで、いざ出陣。
と向かった先は『アヒルストア』でアル。
b0019140_160244.jpg
中々予約が取れない人気店なのだが、某A新聞社の自由人コカ爺ぃこと小梶さんが予約を取ってくれた。
b0019140_16139.jpg
先ずは琥珀エビスで乾杯し、妹さんお手製のパンを戴いた。
b0019140_164962.jpg
コカ爺ぃ曰く「コレは、宇ち多゛で云うところのホネです!」との事。
b0019140_1642288.jpg
そうなんです、和歌子さんの気分次第で焼くので、中々ありつけない一品なんですナ。今回は、コカ爺ぃが来ると云うので焼いてくれたそうでした。あぁ、感激!
b0019140_164353.jpg
そして輝彦さんに美味しいビオワインを選んで戴いた。
b0019140_1644556.jpg
先ずは、カリフラワーのギリシャ風ピクルスと豚肉と鶏レバーのパテに合う微発泡の白ワインから。
b0019140_16599.jpg
濁り酒の様なワインで美味しかったなぁ。
b0019140_1651782.jpg
パテもリエットの様に濃厚で奥深い味で、パンもワインもススんだネ。

さて、メインは地鶏とトマト、根菜のローストだ。
b0019140_1655217.jpg
どうですか、この勇姿。
b0019140_1674383.jpg
これに合わせるワインは、アルザス地方のピノ・ノワールでしたナ。
b0019140_1684250.jpg
コカ爺ぃは、ピノ・ノワール好きだと豪語していたが、ハテどうなのかしら?

まるごとの人参も野菜本来の味を堪能出来たし、香ばしく焼かれた地鶏も素晴らしかった。

此処はアヒル兄妹とポール君の三人で切り盛りしている。
何故に「ポール」なのと聞いたら、ポールと云う人を募集したら彼が来たらしい。ハテ、なんのことやら?(笑)

ワインと料理担当のアヒル兄とパン担当のアヒル妹、そしてスープ鍋担当のポール君、三人が本当に温かい笑顔で迎えてくれるので、とても居心地の良い店なのだネ。

輝彦さんは建築の勉強をしていたらしく、此処は7坪の小さな店だが、奥に鏡を使ったり、天井を高くしたりして実にゆったりとして見える。カウンター席は予約でいつも埋まっており、後ろの立ち飲みテーブルもひっきりなしに混んでいる。

店の外では、空くのを待っている方々も多い。美味しいビオワインと旨い料理にパン。そして、それを作る彼らが素敵だから、こんなにも繁盛するのだネ。
b0019140_16251516.jpg
可成り濃厚でクセの強いチーズを戴き、ワインも呑み終えた。最後にコカ爺ぃが和歌子さんのパンをお土産にしてくれた。
b0019140_16252866.jpg
野菜たっぷりで、カミサンも喜ぶだろうなぁ。ありがとうネ。

輝彦さん、和歌子さん、そしてポール君、ご馳走さまでした。次回の予約もしたし、来月も楽しみだ。

『BAR BOSSA』は次回にして、僕らはのんべい横丁へと向かった。
先ずは『アミュレット-d』ヘ。
b0019140_16143516.jpg
此処でもコカ爺ぃ画伯のペンは冴えていたネ。
b0019140_16144463.jpg
紅一点のかなちゃんをとても素敵に描いてくれた。

暫くすると知った顔がぞくぞくと集いだす。コカ爺ぃは、次々とみんなを描き出した。
b0019140_16151346.jpg
のんべい横丁で有名なみなえちゃんもご覧の通り、可愛いネ。

途中『Non』に寄ったが、記憶が余りない。
b0019140_16152477.jpg
ただ、店主の荒木クンの似顔を描いていたから寄ったのだろうネ。

続いて『ビストロ・ダルブル』へ。
b0019140_16153812.jpg
カウンターには、オーナーの中西さんが立っていたナ。
b0019140_16154611.jpg
そして、乾杯!いつのまにか恵比寿の老舗酒場『さいき』のクニさんも現れた。
b0019140_16183657.jpg
最後は何故か閉店後の『さいき』で吞み直したネ。
b0019140_1618731.jpg
中西さんとクニさんは本当に仲良しだネ。それにしても、この御仁たちは本当に元気だネ。僕より一廻り以上も上とは思えない。人生の先輩たちからはこれからも学ぶ事が多い。
b0019140_16222169.jpg
クニさんも元気になって良かったなぁ。
b0019140_16255827.jpg
コカ爺ぃ、最後までお付き合い戴き感謝多謝!夕べは本当に楽しい酒宴でしたナ。

今風金太郎飴『papabubble』のキャンディもご馳走様でした。
b0019140_16223524.jpg
とっても美味しいし食感が良かったヨ。

昨日は七軒の梯子酒か。あぁ、二日酔いで食欲がない。
それでも、夕べの酒は忘れがたいのだナ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/16939056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マナマナ at 2011-11-19 00:43 x
いつも楽しみに拝見してます。
初コメントなので先ずは「はじめまして」なのでしょうが…実は土曜 宇ち多口開け待ちで度々ご一緒させて頂いてます!

前回は確かアヒルストアの方々とご一緒に記憶が定かではありませんが3件目で少しだけご一緒させて頂きました(^o^;)
アヒルストアがこんなに素敵なバルだとは全然知りませんでした。ワイン好きにはたまりませんね~ また行ってみたいお店がひとつ増えました。これからも楽しい情報ヨロシクです。
Commented by cafegent at 2011-11-21 15:23
マナマナさま、こんにちは!

コメントありがとうございます。
『アヒルストア』とっても素敵なお店です。
行く度に次回の予約をしたくなりますネ。是非!

土曜日の宇ち多゛は、声を掛けてくださいませ。
先日は、確か『さくらんぼ』でご一緒しましたよネ。

これからも宜しくお願いします。
by cafegent | 2011-11-17 16:34 | 食べる | Trackback | Comments(2)