東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々是日記/武蔵小山『キンアン』の野菜天ぷらを是非!

急に寒さが増したようだ。今朝の東京の気温は6度になっていたネ。

昼飯を食べに駅の方へ歩いて行こうと思ったが、寒さにメゲて近くのラーメン屋に入ってしまった。滑舌が悪いのか、「ネギチャーシュー麺」と言ったつもりが、普通のチャーシュー麺が出てきた。
b0019140_16262061.jpg
辛いネギを欲していたのになぁ。グヤジイ!

でも、『田丸』のラーメンは何を食べても美味いから良しとしよう。

夕べは木場の『河本』で軽く吞んで、オウチ呑みにした。
b0019140_16303841.jpg
こう寒いと『河本』のおでんが一段と美味さが増すのだネ。
b0019140_16311895.jpg
おでんとホッピー二杯でご馳走様!

我が家では、餃子作りが流行っている。
カミサンがお客さんに教えて貰ったレシピが抜群に美味いのだナ。具に椎茸を入れると食感と香り、共にスバラシイのだ。

餃子は一度作ると大量な数になる為、残りは冷凍保存しているのだが、冷凍餃子の方が焼き上がりがジューシーになるのだネ。
b0019140_1641430.jpg
先日購入した『深夜食堂×dancyu 真夜中のいけないレシピ』でも同じ様に焼いていたヨ。

近所の酒屋で秋田の日の丸醸造の『まんさくの花』の限定酒が出ていたので、買ってみた。
b0019140_16401723.jpg
熱燗でも冷やでも美味しい口当りだったナ。
b0019140_16404430.jpg
〆のご飯には、戸越銀座商店街に出来た石垣島物産ショップで手に入れた『島豚ごろごろ』なる肉味噌を乗っけて食べた。
b0019140_16403279.jpg
刻みザーサイと一緒に合わせると一段と美味さが増したなぁ。
      ◇         ◇         ◇
さて、武蔵小山の駅前には沢山のスナックが軒を連ねている。
昔は町工場が多かったので地域に根付いた歓楽街が盛んだったのだネ。数十年続くスナックも多い中で、新しい酒場も入れ替わり出来ている。
b0019140_16545455.jpg
僕のお気に入りのもつ焼き『豚星』もこの界隈では新顔だが、スナックのママさん達も良く店でお見かけするのだナ。

そんな「スナック密集地帯」の中で異彩を放つ店が在る。

『天麩羅茶屋 金安(キンアン)』は、小さなカウンタースナックをそのまま居抜きで借りた様な店構えだ。
b0019140_1656135.jpg
店主の横田恭一さんは、元フレンチのシェフと云う経歴の持ち主。

20年フレンチ一筋だった人が何故、天ぷらに目覚めたのかは定かじゃないが、此処の有機野菜を中心とした天ぷらは、中々美味しいのだヨ。

また、此処はワインを吞んで居る方がとても多いのが印象的だ。

カウンター5席の小体の店なので、いつも覗く度に「あぁ、また満席で駄目か!」と諦める事が多いのだが、席が空いていると吸い込まれる様に入ってしまうのだナ。

二階に6名座れる座敷があるそうだが、やはりカウンターが良い。

この日は、先に『牛太郎』で焼酎を吞んで来たので、こちらでは日本酒にした。
b0019140_16495085.jpg
加賀鳶の純米を冷やで戴いた。

先ずは天ぷらの前に一品。「豚舌の焼きコンタン温野菜添え」は、さすが元フレンチのシェフだけあって素晴らしい味だ。
b0019140_1649261.jpg
コンタンとは、塩漬けのタンのこと。コニタンじゃぁない!
これは、ワインにした方が良かったかも、と日本酒をグビリ。

お次ぎは、「土佐鷹ナスとヤーコンのスティック レモン味噌で」を戴く。
b0019140_16522522.jpg
サトウキビの様に甘いヤーコンにレモン味噌が合うのだナ。土佐鷹茄子も高知の新品種のナスだネ。甘くてアクが無いのが特徴のナスで、生で美味しい。

酒のアテにイカの塩辛も貰う。
b0019140_16524154.jpg
あぁ、酒がススむ。

さぁ、天ぷらを揚げて貰おうか。
b0019140_1652546.jpg
先ずは椎茸からネ。

此処は天つゆの他に海老塩、抹茶塩、カレー塩、セロリ塩と4種類の変わり塩を出してくれる。
b0019140_1653386.jpg
これがまた美味しいのだヨ。
b0019140_1657340.jpg
海苔も香りが高く美味い。
b0019140_16572546.jpg
舞茸も美味しい時季だネ。
b0019140_16573652.jpg
他にもキタアカリ(ジャガイモ)やレンコン、イカなどを揚げて貰い大満足。
b0019140_1744849.jpg
天ぷらを通して、野菜本来の味を楽しんで貰おうと云う主人の心意気が伝わるのがイイネ。

天ぷらも一品100円から250円の間なので、気軽に楽しめる。ちょいと小腹が空いた時にも丁度良い。

横田さん自慢の逸品も日々変わっているので、再訪したくなるのだナ。

武蔵小山駅を出たら左に出て串カツ『晶太の串』の路地を入った途中の右手だ。この街も美味い酒と肴を出す店が増えて来ている。実に嬉しい限りでアル。

さぁて、腹を満たしたら、廻りのスナックを覗くのも愉しいゾ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/17164570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2011-12-02 17:09 | 食べる | Trackback | Comments(0)