東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日々是日記/立春を迎え、神保町の句会から。

今日の東京は朝から春の雨が降り続いている。気温も少しだけ高くなっているのだろうか。元気が有り余る程の激しい雨粒がアスファルトの上でダンスを踊っているようだ。
b0019140_14144260.jpg
しかし、非情にも僕の膝から下はズブ濡れになっている。濡れた服が肌に張り付くほど気持ち悪いことはないかもナ。僕の故郷の北海道では、そんな時の様子を「いずい」と呼んでいたナ。

二月最初の日曜日は、毎月恒例の句会の日。今まで神楽坂の『カド』にて開催していたのだが、残念ながら昨年末で閉店となってしまった。酒好きには堪らない肴が豊富だったので、惜しいかぎり。

今回から、神保町冨山房ビルの地階『FOLIO』での開催となった。

此処は僕が良く行く酒場『兵六』の前に在る。この日は天気も良く穏やかな気候だったので、和服で出掛けた。
b0019140_1418471.jpg
神保町の地下鉄出口を昇った処で、句会仲間の長笑さんと合流。
b0019140_1418323.jpg
相変わらず素敵な帽子姿でしたナ。

吉田類さん主宰の句会「舟」は、皆さん酒が好きなのは当たり前だが、着物が好きな方も多い。僕も皆さんの和服のセンスをいつも勉強させて頂いている。
b0019140_14211715.jpg
千雪さんの春を先取りした様な彩りも素晴らしいネ。
b0019140_14221316.jpg
長笑さんの着物も実に渋い。

今月の兼題は「寒明」(かんあけ)。「寒の明け」も良い。丁度、今の立春の時季だが、まだ少し寒さが残る頃だネ。
b0019140_14224863.jpg
今回は、類さんが取材先から持ち帰ってくれた北海道や新潟の地酒や神保町でワインバー『Bon Vivant』を営んでいる藤村さんから届いたワインを堪能しながらの句会となった。
b0019140_1423672.jpg
初参加の方も多く、皆さんの詠む句の上手さに驚くばかり。
b0019140_14282879.jpg
但し、その間も酒はススむのでアル。
b0019140_14294069.jpg
お笑い芸人カルーア啓子さんは、酒場放浪記の大ファンとの事で、今回初参加。
b0019140_14234669.jpg
さて、どうでしたかナ。
b0019140_1427367.jpg
皆さん、選句の間は真剣なのだナ。

参加者28人と多かった為、全員の句がどれか判らなかったが、天と地を取った句の幾つかをご紹介したい。

     封筒の内のむらさき寒の明

栗山心(こころ)さんの句だ。類さんはじめ5名が天に取ったが、封筒を破って手紙を出そうとするとまだその先に紫色の内封筒があり、そのもどかしさと寒の余韻のもどかしさとが、見事にマッチしていたなぁ。

     国芳の武者の眼(まなこ)や寒明くる

こちらは、桂女(かつらめ)さんの詠んだ句だが、六本木ヒルズで開催中の歌川国芳展を観たばかりなので実にタイムリーな一句でした。

僕と泥頭(デイズ)さんが地に取った句をご紹介。

     春浅き食パンの耳切り落とす

酒場の朋、伊勢さんの詠んだ句だが、少し肌寒い朝の風景をフレームに切り取ったようだ。まな板にストンと包丁が鳴る音まで聴こえて来たのだナ。好きな句の一つになりました。

午後1時から始まった句会も酒の空き瓶と共に無事に終了。
b0019140_143319100.jpg
皆様、お疲れさまでした。
b0019140_1433383.jpg
酒場を三省堂書店地階の『やきとり道場』に移して、酒宴となった。
b0019140_1437861.jpg
はい、再びカンパ〜イ!
b0019140_1435319.jpg
ハイ、カルーアさんも類さんとパチリ!
b0019140_14423415.jpg
桂女さんの着物はシックでしたが、帯がとっても美しかったナ。

三軒目は、メキシコ料理の『ソル・アミーゴ』へ。
b0019140_14433876.jpg
ビール片手に俳句談義や酒場談義に花が咲きましたネ。
b0019140_14435881.jpg
敬愛する坂崎重盛さんは、テキーラのカクテルかな?
b0019140_14461213.jpg
類さんもショートカクテルでしたネ。三次会まで盛り上がり、愉しい句会となったのだナ。

最後に、地を三つ戴いた僕の句をひとつ。失笑してくだされ。

      膝まくら足なかりけり雪をんな    八十八

お粗末でしたが、類さんと坂崎先生に取って頂き、嬉しい限り。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/17760193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カルーア啓子 at 2012-02-07 15:17 x
俳句会『舟』では大変お世話になりありがとうございます!!

八十八さんのおかげで
憧れの素晴らしい俳句の世界に触れることが出来て
本当に嬉しかったです★

俳句は初心者ですが、
楽しんで勉強させていただければ幸いです♪

「膝まくら足なかりけり雪をんな」の句は
メルヘンチックでとても大好きです!!

今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。
Commented by cafegent at 2012-02-10 16:14
カルーア啓子さま、こんにちは!

句会愉しかったでしょう。初参加でした素晴らしい句を詠まれましたネ。来月も是非いらしてくださいナ。
by cafegent | 2012-02-07 14:50 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)