東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日々是日記/大井町にひな鶏素揚げの『そのだ』開店!

今朝の東京は青空が広がっていたが、顔にあたる風は冷たかったナ。桜の蕾みも膨らみ始めているが、週の半ばにはまた雪が降るそうな。

      春待つや万葉、古今、新古今

これは久保田万太郎が詠んだ一句。凄いよネ、この発想ったら。こんな句が浮かぶことが凄いのだナ。頭の「春待つや」で、もう何を持って来てもハマると思うが、和歌に出てくる春の歌が幾つも頭に浮かんでくるところが、この方の狙いだろうか。

  我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ

  春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲く

どちらも万葉集の中で詠まれた梅の歌だ。

仕事場の近くの公園では、鶯の声はすれど姿は見えず。
b0019140_15272174.jpg
だが、美しい鶯色をしたルリビタキのメスとメジロに出逢えた。
b0019140_15202299.jpg
ルリビタキはオスは青色をしているが、メスと幼鳥は鶯色をしている。
b0019140_15214693.jpg
こちらは、大きさからしてメスだろうナ。
b0019140_1520507.jpg
メジロは相変わらず可愛い顔をしている。
b0019140_1522439.jpg
樹々の上ではホカケインコのつがいが子作り中だ。
b0019140_15221710.jpg
雌が木の穴の塒(ねぐら)に籠り、雄がせっせと餌を運ぶのだナ。
b0019140_15224188.jpg
小川では四十雀とシロハラも水を飲みに降りて来た。
b0019140_15225067.jpg
シロハラは立ち姿が凛として素敵だネ。

池では青鷺(さぎ)の死骸があった。きっと野良猫の仕業だろうか。
せっかく小魚を食べにやって来たのに、可哀想なことをしたものだ。
b0019140_1526281.jpg
林試の森公園では、いろんな人が野良猫に餌をあげてしまうし、噂を聞きつけて大人になった飼い猫を捨てに来る人も後を絶たない。野鳥好きで猫・犬好きとしては、なんとも歯痒い思いだナ。
      ◇         ◇         ◇
先日、フランス料理『廣田』の猿渡(エンド)さんから電話を戴き、蒲田『うえ山』で勉強をした方の、ひな鶏の素揚げを出す店が大井町に出来たと教えて頂いた。

友人のユリコさんもすっかりお気に入りの一軒になっていると聞いていたので、早速土曜日の夜にお邪魔してみた。

大井町駅西口を出てゼームス坂上方面へと歩き、池上通りとクロスする信号を左手に折れると地酒の『和田屋』が見える。その前の遊歩道沿いに出来たのが『そのだ』だ。
b0019140_15293424.jpg
二月のはじめに開店したばかりだそうだから、まだ一ヶ月も経っていないホヤホヤの新店だ。

だが、次から次とお客さんが訪れる地元の人気店になっている様子。
この日は、タイミングよく先客は御一人だったのでカウンターに座る事が出来た。
b0019140_15305925.jpg
先ずはプレミアムモルツの生で乾杯。
ここの店は、若鶏がウリだが、お通しは豚肉だった。
b0019140_15311885.jpg
吞ん兵衛のツボを押さえた美味いアテに酒がススむ。
b0019140_15315850.jpg
このポテトサラダも大変美味い。

そして、ユリコさんも絶賛していた「揚げたてあつあげ」を戴く。目の前の揚げ鍋で豆腐が揚がるのを待つ。
b0019140_15331590.jpg
どうですか、この勇姿!
b0019140_1533347.jpg
外こんがりで中フワフワの厚揚げでアル。これ最高に美味しい一品だ。

お次は「鹿児島県産の鳥刺し」を戴いた。
b0019140_15364177.jpg
これに芋焼酎の「薩摩寿」をロックで合わせる。
b0019140_15365133.jpg
むふふの美味さだネ。

焼酎や日本酒も豊富に揃えて有るのが嬉しい限り。

さぁ、お待ちかねのひな鶏の素揚げの登場だ。絶妙な揚げ加減で外はパリっとして中はとてもジューシーなのだナ。
b0019140_153766.jpg
こちらはもも肉。
b0019140_15371864.jpg
そして手羽付きの胸肉だ。

揚げ上がった後、油切りと余熱で中の具合を調整しているのが凄い技なのだナ。

塩が足りない方には、ローズソルトのミルを出してくれるから嬉しい。
しかし、高血圧なワタクシは塩分控えめなのでアール。

此処の素揚げは、立石『鳥房』ともまた違い実に美味い。
今は無き蒲田の名店『なか川』直系の味なのだネ。
b0019140_15425416.jpg
『なか川』の味を受け継ぐのは、自由が丘『とよ田』、蒲田『うえ山』に次いで『そのだ』が登場したって訳だ。嬉しいなぁ。

さすがに味にウルサいエンドさんが一押しするだけの事はある。味も素晴らしいが、何よりも若い店主の人あたりの良さがイイ。

大井町は安くて美味い酒場も多いので、またまたハシゴ酒のコースに新しい店が仲間入りだ。夕暮れから『肉のまえかわ』で始まり、『武蔵屋酒店』で角打ち、そして『そのだ』でひな鶏の素揚げを味わい、最後はワインバー『8huit』辺りで締めくくるってのもイイ。

これは、チョクチョク通いそうだ。

『そのだ』の詳しい情報は、「yuricoz cafe」でネ!
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨシヲ at 2012-02-28 00:58 x
そのだにお越しになった事をご店主から伺いました♪
ここは最高に居心地が良くて、とても美味しいですね。
そのだのご店主が土曜に休みを取れた際、宇ち多゛にお連れする約束を
しました。多分その時にお会いするかと思いますが(笑)、その時は
よろしくお願い致します♪あと、品川の焼鳥屋でもお待ちしております(笑)
Commented by yuricoz at 2012-02-28 01:36
リンクありがとうございます♪
今回、ツイートに気づくのが遅くお会いできなかったのが残念です
近所においしいお店ができるとうれしいですっ
また、よろしくお願いいたします♪

鳥の写真いつもなごみますっ^o^
Commented by cafegent at 2012-02-28 16:35
ヨシヲさん、こんにちは!

「そのだ」とっても気に入りました。店のご主人を誘って、是非とも土曜日の宇ち多゛にご一緒したいですネ。

『鳥てる』さんも是非早々にお邪魔したいデス!
よろしくお願いします。
Commented by cafegent at 2012-02-28 16:37
yuricozさま、こんにちは!

素晴らしい店をまた一軒知る事が出来てとても嬉しい限り。
エンドさんからyuricoz cafe を読んでみてって云われて、
大正解でした。ありがとうございます!
Commented by yuricoz at 2012-03-19 09:39
エンドさんったら♪うれしい♪^o^
by cafegent | 2012-02-27 15:46 | 食べる | Trackback | Comments(5)