東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日々是日記/たまには家で飯を喰う。春野菜も美味し。

今朝は天気が余り良くなかった。昨日と比べて気温も低いネ。
b0019140_12583166.jpg
家の近所の小さな公園では、ムクドリが餌を探していた。こいつは木の実を摘むのかナ。
b0019140_1258396.jpg
ムクドリにばかり眼を向けていたら、足元にはハクセキレイが降りて来ていた。
b0019140_1259921.jpg
ヒョコヒョコと歩く足取りが可愛い。
b0019140_12595399.jpg
昨日から三月だ。三月は、弥生の他に暮春(ぼしゅん)とか桜月(さくらづき)とも呼ばれている。しかし、今年の桜の開花は例年よりも遅いと聞く。卒業式に間に合ってくれると良いのだが。
     ◇         ◇         ◇
さて、昨日は第五福竜丸の水爆被ばく災害から58年の月日が経った。この事故をテーマにしたベン・シャーンの作品『ラッキードラゴン』シリーズは、先日の神奈川県立近代美術館での展覧会に於いて、多くの方々が来場した。
b0019140_1331422.jpg
だが、アメリカの美術館の幾つかが、巡回先の福島県立美術館への作品の貸し出しを中止した。このことは、先の展覧会開催中に決まったのだが、昨日は第五福竜丸の無念と昨年の原発事故のことを改めて考えさせられた。

何も福島の美術館で展示したからといって、基準値を上回る放射線量など出るのだろうか。天国のベン・シャーンはどんな思いで、自分の作品の福島巡回中止を眺めているのだろうか。核実験に対する絵筆での抵抗を貫いたシャーン自身が一番悲しんでいるのじゃないかナ。なんとも皮肉なことだネ。
     ◇         ◇         ◇
日々、ハシゴ酒ばかりしているので、週に一度は家で吞むことにしている。
この日は、行きつけの鮮魚店オススメの鯛の兜と蛤を買って来た。岡山の義父の畑で取れた春牛蒡(ごぼう)と共に鯛の兜煮を作った。
b0019140_12521659.jpg
牛蒡の香りが一足早い春を呼ぶ。
b0019140_12514073.jpg
蛤(はまぐり)は小ぶりだったが、酒蒸しにして酒の肴にした。

付け合わせは菜の花でナムルを作ってみた。早春の味だ。
b0019140_12515036.jpg
これも結構酒がススむ一品となった。

酒は誕生日祝いに贈られて来た岡山の地酒「極聖」(きわみひじり)の純米しぼりたて。
b0019140_1252540.jpg
スグに空になってしまったナ。

翌日の朝、蛤の残り汁で炊き込みご飯を作ったが、これまた結構な味に仕上がった。魚介や肉から出るダシほど、美味しいものは無いネ。     

翌日も家ご飯にした。
b0019140_12524384.jpg
岡山日生(ひなせ)で捕れる海老でダシを取り、海老芋と鶏手羽を炊いた。海老繋がりだが、余り関係ない!
b0019140_125229100.jpg
こちらの土鍋では、豚バラ肉と白菜の蒸し煮でアル。
b0019140_12535475.jpg
白菜の甘みが豚バラとマッチしてペロリと平らげてしまった。

たまには、酒場以外のことも語らないとネ。さて、仕事仕事!    
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/17898449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hodogayaeriko at 2012-03-07 09:37
ラッキードラゴンみたかった・・・
ビキニデー集会も感動的でした
Commented by cafegent at 2012-03-07 10:59
hodogayaerikoさま、焼津のビキニデー集会に参加されたのですね。

今だからこそ、第五福竜丸の被ばくの記憶を次に繋げないと!ですね。
by cafegent | 2012-03-02 13:05 | 食べる | Trackback | Comments(2)