東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日々是日記/風邪で酒場を控えたので、野鳥でもネ!

写真家、荒木経惟の展覧会が開催されるが、その内容が実に面白い。

静岡県三島市に在るIZU PHOTO MUSEUMにて、日曜日から開催される『荒木経惟写真集展 アラーキー』だ。なんと、写真集展だよッ!
b0019140_1455939.jpg
氏が電通勤務時代に制作したスクラップブックに始まり、現在に至るまでに出版された400冊以上もの写真集が展示される。また、その殆ど総てを来館者が直接手に取って観ることが出来るのだ。

印刷物として成り立っている「アラーキー」作品集により荒木経惟の軌跡を追うのも愉しいだろう。
b0019140_14551993.jpg
僕の仕事場にも数冊の写真集が有るが、再び『愛しのチロ』や『東京物語』、『包茎亭日常』などを観返しても、その一貫した写真力に改めて凄いと感じる。だが、それ以上に450冊もの写真集を世に送り出したパワーに圧倒されるのだナ。

会期中、クレマチスの丘では春から初夏の花が咲き誇る。今は水仙が咲き、来月には桜が満開となる。そして、4月の後半からはモンタナやクレマチスの数多くの品種を目にすることができるだろうネ。

「写真集」と云う印刷物になったアラーキーの全貌に迫りアドレナリンを爆発させた後で、自然を体感するのも一興かもしれないナ。

『荒木経惟写真集展 アラーキー』は、3月11日〜7月22日まで開催。
      ◇         ◇         ◇
一昨日の晩から、風邪を引いたらしい。熱はそれほど高くなかったが、お腹にきた。昨日は何度トイレに駆け込んだことか。これ以上もう出るモノが無い!と云う程に、水道の蛇口を全開にしたかの如く流れるモノがお尻から出続けた。

そんな訳で、いつもの酒場巡りも自主規制でアール。

先日、仕事場の近くの公園にて撮影した野鳥でもご紹介しようかナ。
この日は、午後の遅い時刻、日が暮れる一時間ほど前に行ってみた。
b0019140_1595798.jpg
鳥たちは、人の気配がすると何処かに飛んで行ってしまうのだが、暫くの間こちらがジッとしていると警戒心を解いてくれて、近くまで来てくれる。

野鳥好きのアマチュアカメラマンたちが物凄く近くで接写している様に見える写真でも、実は巨大な望遠レンズで遠くから狙っているのだネ。

サッカーや野球の試合でプロのカメラマンが使う様な500〜800mmレンズなんかを使っている。しかし、価格もスゴい。中古でも80万円以上はするだろうネ。あぁ、とても手が出ない。
b0019140_1516948.jpg
高い木の上にはツグミが羽を休めていた。
b0019140_1516364.jpg
低い枝にはシロハラがやって来た。ヒヨドリより小さく、大人しい。
b0019140_15165117.jpg
お腹が白いからシロハラなのだネ。
b0019140_15174213.jpg
先日、雪の降った翌朝にメジロが水を飲みに来てた同じ場所に、またやって来た。
b0019140_15175957.jpg
多分、同じメジロだろうナ。いつも二羽で飛んでいる。

もともとペットとして飼われていた熱帯産のインコも野性化が著しい。
b0019140_15191321.jpg
この公園でも沢山のワカケホンセイインコが野生化して増えている。
b0019140_15194187.jpg
現に此処の公園の木の穴を巣にして子作りに入ったインコを見つけた。
b0019140_15201967.jpg
オスが巣穴に餌を運ぶのだネ。
b0019140_15284183.jpg
ルリビタキもすっかりこの場所がお気に入りのご様子だ。
b0019140_1529971.jpg
何度も飛んでは戻ってくるのだナ。
b0019140_15295020.jpg
わっ、飛んだ!
b0019140_1530443.jpg
う〜ん、一瞬なので、飛ぶ姿の撮影は難しいネ!

こっちでは四十雀(シジュウカラ)が餌をくわえてる。
b0019140_1525167.jpg
日が暮れようとしている午後5時頃、別の四十雀が水浴びを始めた。
b0019140_15334452.jpg
そっと近づいてシャッターを切った。
b0019140_1526633.jpg
随分と長く、気持ち良さそうにバシャバシャと躯を水に浸けている。
b0019140_15264490.jpg
存分に水を浴びた後は、木の枝の上で羽を乾かしてたヨ。可愛いネ。
b0019140_1536272.jpg
可成りブレたが、まぁよいか。

もう一つの池では二羽のカルガモが来ていたナ。
b0019140_1524268.jpg
春の産卵期が過ぎれば、小さな子カルガモの列を拝見出来るのかナ?
b0019140_15382436.jpg
ムクドリは集団で夕食の小虫を漁ってた。

オナガは、木の上で佇んでいる。もう食べ終わったのだろうか。
b0019140_15211824.jpg
この美しい鳥がカラス科とは、不思議だネ。

日が長くなってくると、夕方餌を探す野鳥を見つけるのが愉しくなる。だが、ジョギングや犬の散歩の方々も増えるので、まだまだ早朝に来る方が多いかナ。

こんなことを書いている間にもお腹がグルグルと鳴り出して来た。
あぁ、またもやトイレ地獄になるのかしら。風邪菌よ、早く僕のお腹の中から立ち去っておくれ。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/17932881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terute at 2012-03-09 12:56 x
へ~三島でやるのですか!アラ~キ~!近くだから見に行きます!風邪治ったら是非来て下さい!
Commented by naka at 2012-03-10 08:16 x
おはようございます、私は江東区の清澄に住んでいます、めじろもよく見かけますが、いつもつがいですね、中が宜しく見習いたいものです。
Commented by cafegent at 2012-03-12 12:58
nakaさま、こんにちは!
コメントありがとうございます。

清澄の公園では、ツグミなどが沢山居りますネ。
つがいのメジロは、可愛いですね。
ホント僕も見習いたいモノです(笑)
by cafegent | 2012-03-08 15:42 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)