東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日々是日記/京都ガケ書房のための東京案内!拝読。

先日、高知から遊びにいらしてくれた喫茶『日曜社』の横山夫妻から小包が送られて来た。

包みを空けてみると高知の地酒と自家焙煎の珈琲豆が入っていた。
b0019140_16442244.jpg
武蔵小山の『牛太郎』にご案内して、先に僕の方が泥酔してしまうと云う失態をやらかしたにも関わらず、ご丁寧な贈り物に恐縮するばかりでアル。本当に失礼を致しました。

毎年カミサンの実家がある岡山に行くので、高知にも足を伸ばすことがある。一度、横山さんが焙煎した珈琲を飲んでみたかったのだが、お店にお邪魔する前に味わうことが出来た。
b0019140_16403361.jpg
適度な深煎りで期待通りの美味しさに感動。毎朝、戴いております。

そして、お酒はアリサワ酒造の造る「文佳人」の吟醸酒だ。
b0019140_16405774.jpg
刺身で美味しく戴きました。次回、また遊びに来た際にはヘベレケにならず東京案内を致しますネ。

さて、我が酒仲間の一人、コカ爺ぃこと小梶嗣(みつぐ)さんが『京都ガケ書房のための東京案内』と云う本を作った。
b0019140_1642337.jpg
作ったとは、出力も製本も総て彼の手作業だからでアル。
b0019140_1641678.jpg
小梶さんの案内する立石や神保町、新宿の街など「るるぶ」などのガイドブックとはひと味もふた味も違った個性的な東京案内だ。そして、僕ら友人知人たちのオススメする東京ガイドも紹介してあるのだナ。

『アヒルストア』の店主、斎藤輝彦さんの案内する立石『宇ち多゛』のガイドは秀逸だった。
b0019140_16411829.jpg
これを読んだら、もう誰もが立石に飛んで行きたくなること間違い無しだ。

次回、高知から横山さん夫妻が来てくれたら、先ずはこの本を参考に東京の街を歩いてみようか。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/18572698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 古典酒場編集長 at 2012-07-09 16:52 x
おおっ〜〜。スバラシイですね。ぜひ拝読してみたい。どちらかで購入できますものでしょうか???
Commented by コカ爺ぃ。 at 2012-07-09 23:24 x
「京都・ガケ書房のための東京案内。」に寄稿いただき、ありがとうございました。
このZINE、価格はつけたものの、様々なことを考えると相当な原価割れ(泣)。
そのため、家人の評価は、むちゃくちゃ悪い。
「オトコの道楽」というものはそういうものですよね、自由人さん!
「日記」に取り上げていただき、ありがとうございました。
Commented by cafegent at 2012-07-11 12:11
倉嶋編集長、コカ爺ぃさんに一冊頼んでおきますね。
手に入ったら編集部宛にお送り致します。
Commented by 自由人さまこんにちは at 2012-07-11 22:00 x
横山です。無事届いたみたいで安心しました。また一緒に呑みましょうね。コカ爺ぃさんの東京案内、面白そうですね。僕も機会があれば一度拝読してみたいですね~。
Commented by コカ爺ぃ。 at 2012-07-11 22:12 x
了解です。
倉嶋編集長ですから、もちろん進呈させていただきます!
おまかせください。
Commented by 古典酒場編集長 at 2012-07-12 08:54 x
わぁ。ありがとうございます〜。 とっても楽しみです!!
by cafegent | 2012-07-09 16:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)