東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々是日記/神田そば万博から馴染みの酒場ヘ。

      軒先の 秋刀魚煙るや 昭和かな    八十八

昨日9月9日、「目黒のさんま祭り」が催されたネ。今年も恒例、岩手県宮古島から六千匹の秋刀魚、そして徳島県神山町産のすだちが振る舞われた。

年々、人が増えており今年も朝から4時間待ちが続いたらしいネ。
b0019140_16194513.jpg
行列は目黒から白金トンネル沿いを大崎五反田方面まで続いていた。

以前は僕も並んだものだが、今年は賑わいを眺めるだけにして祭りを楽しんだ。

先日、近所の魚屋にも新サンマが入っていたので、我が家でも初物を戴いた。
b0019140_16202017.jpg
もう少しすると、北海道から秋刀魚が届くので我が家でもさんま祭りが始まるのだナ。

      初さんま 至福の匂ひ シャツに染む    八十八

     ◇         ◇         ◇
閑話休題。

さて、先週は神田出世不動通りにて「神田技芸祭2012」が開催された。
b0019140_1623854.jpg
この時は道路の交通を遮断して、通り全体が宴会会場と様変わりする。
b0019140_16253860.jpg
馴染みの酒場『あい津』の前が丁度イベントステージとなっており、商店会長の挨拶の後、樽酒が振る舞われた。
b0019140_16255578.jpg
酒朋ビリー隊長とQちゃんが来るまで30分程時間が有ったので、『あい津』の店主石村さんと荒木マタェモンさんと振る舞い酒で乾杯をした。
b0019140_1626739.jpg
酒はもちろん東京の地酒、豊島屋酒造の「神田橋」だ。
b0019140_1626171.jpg
マタェモンさんと祭りを祝い、生ビールを戴いた。
b0019140_16264886.jpg
このマカロニサラダも実に美味かった。

ビールを呑みほした頃合いにビリーたちが到着。
b0019140_16284917.jpg
我々は同じ通りで開催中の「神田そば万博2012」へと移動した。
b0019140_16285916.jpg
今年は、神田やぶそば、神保町満留賀、神田司町志な乃をはじめ、17店の神田の名店が「つゆ比べ」に参加した。
b0019140_16312212.jpg
4人でそれぞれ違う汁を選べば沢山のつゆ比べが出来るのだナ。皆二枚づつ蕎麦を頼み、味比べを愉しんだ。
b0019140_16314483.jpg
僕が選んだのは左から神保町『満留賀静邨(まるかせいそん)』、内神田『浅野屋本店』、そして神田司町『志な乃』の三店だ。
b0019140_16313583.jpg
この色の違いからも判る様に各店とも本当に個性的なつゆを出しているのだネ。
b0019140_16321288.jpg
マタェモンさんに戴いた『かんだやぶ』の汁は本当に濃くて、蕎麦をほんの少し浸けただけで十分だったナ。満留賀静邨も辛口だが、香りが良い。

神田司町の志な乃は、そばとうどんの合い盛りが人気の店だが、改めて此処のつゆの独自性に驚いた。ダシで食べていると云う感じだったが、とても美味しかったなぁ。

つゆ比べを楽しんだ後は、商店会の福引きだ。

4人で二回分だったので、ビリーとQちゃんが回した。
b0019140_16352258.jpg
僕らの前に並んでいた若い女性がナント1等の2万円券をゲット!
b0019140_16365584.jpg
二本しか入ってないのだから、商店会の方々も驚いていたナ。
b0019140_16371983.jpg
そして、ビリー隊長も頑張った!4等の三千円券を当てたのだ。
b0019140_1637825.jpg
Qちゃんも6等の日本手拭いを当てて満足していたネ。

意気揚々と再び『あい津』の暖簾を潜った。

此処にはコレが有るのがウレシイ限り!
b0019140_16404316.jpg
これが、生ホッピーだネ。
b0019140_16405654.jpg
先ずは生ホッピーで乾杯し、秋刀魚刺しのダブルを御願いした。
b0019140_16422239.jpg
これで、700円とは神田の良心だネ、ホント!

三千円の商品券はこの商店会の参加店でしか使えないのだが、此処のご常連さんが快く現金で券を買い取ってくれたのだネ。
b0019140_16451522.jpg
神田出世不動通りは人情通りなんだネ。
b0019140_16453324.jpg
そんな訳で、現金に化けた三千円で焼酎のボトルを入れたワタシたち。

外のライブは、ベンチャーズの波乗りサウンドで盛り上がっている。
b0019140_16454432.jpg
テケテケテケテケに乗って、焼酎がススむのだ。
b0019140_16493457.jpg
自慢のとり豆腐も美味い。
b0019140_1649446.jpg
ステージでは一番盛り上がりを見せるベリーダンスが始まった。
b0019140_16495530.jpg
皆、酒を忘れて外に出る。そう、この妖艶な踊りに魅入るのだナ。
b0019140_1650434.jpg
ベリーダンスを堪能した後は再び、酒宴が続く。
b0019140_16504580.jpg
秋刀魚のなめろうも酒がススむアテだったネ。

『あい津』は、相変わらず素晴らしい料理で大満足。石村さん、ご馳走さまでした。
b0019140_16582040.jpg
神田から一路神保町を目指して、移動した。
b0019140_16561257.jpg
『兵六』の暖簾を潜ると、先日「二大ビール工場巡り」を楽しんだキクさん、ミッちゃんが来ていましたネ。

さつま無双の白湯割りが五臓六腑に沁み渡る。
b0019140_16561928.jpg
翌日はまた朝から立石朝酒の旅に出掛けるのだが、この夜は寝落ちもせずに家路に着いた。

夜空を見上げると半月が、無事に帰宅した僕を呵々と嗤っている様だったナ。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/18963917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2012-09-10 17:01 | 食べる | Trackback | Comments(0)