東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日々是日記/春雨降る二日は「連翹忌」だネ。

先週、BS放送で「さらば向田邦子 風立ちぬ」が放映された。

昭和60年から18年間に渡り放送された「向田邦子新春スペシャル」シリーズの最後の作品だった。シリーズの中でも、「男どき女どき」「いとこ同志」「あ・うん」は好きな物語だった。だが、最後のこの「風立ちぬ」は、一番印象に残る作品だったかもしれないナ。

演出の久世光彦さんも光っていたし、何より田中裕子と宮沢りえの美しさに引き込まれたっけ。そして、音楽は小林亜星だもの、向田・久世・小林のゴールデントリオのドラマなのだから面白くない訳がナイ。

そして、黒柳徹子さんのナレーションが、これまた良かったのだナ。

「あの頃のことを思い出すと胸が痛くなります。庭の枝折戸の軋む音や、焚き火の匂いを想っただけで、ため息が出ます。

よくみんなで話したものですが、私たちのあの家には、いつも風が吹いていました。花の匂いのする暖かい春の風や、額が千切れそうな木枯らしや

中でも秋風の中には、いろんな匂いに交じって、うっすらと女の匂いが漂っていたように思われてなりません。

女ばかり、四人家族でした。」

「風に仄かな色が滲んで見えるような

昭和14年の秋のことでした。」
b0019140_16133784.jpg
向田邦子さんの小説「父の詫び状」と「男どき女どき」を原作にしたドラマは、戦前の母と娘三人の女四人家族に起きた波乱の物語なのだ。

5年前に蒸発した長女の婿養子俊吉を演じた小林薫さんも良かった。

上質のドラマは、何年経っても素晴らしいのだナ。
     ◇          ◇          ◇
さて、今日の東京は春の雨が降り、残り桜の花も雨風に曝されて街に舞っていた。春の雨に乗ってレンギョウの花の香りがそこはかとなっく漂っていた。

同じモクセイ科の金木犀の香りは強く、秋になると鼻につくが、レンギョウは優しい香りで、顔を近づけないと判らないかもしれない。雨風がその香りを引き立たせてくれたのかナ。

山吹と共にレンギョウの黄色い花が咲くと、春が来たと実感する。
b0019140_16183825.jpg
今日はこの春を彩る花、レンギョウの名が付いた「連翹忌」だ。連翹忌(れんぎょうき)とは、詩人で彫刻家の高村光太郎の命日のこと。

高村光太郎が中野桃園町の洋画家・中西利雄のアトリエでお亡くなりになった時、窓の外にレンギョウの黄色い花が咲いていたそうだ。光太郎はその花が何か知らず、中西夫人に何と言う花なの?と訪ねたと聞く。

雨の「連翹忌」、高村光太郎の読んだ「道程」を思い出した。

     僕の前に道はない
     僕の後ろに道は出来る
     
     ああ、自然よ 父よ
     
     僕を一人立ちさせた広大な父よ
     僕から目を離さないで守る事をせよ
     常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
     この遠い道程のため
     この遠い道程のため

以前観た映画『おっぱいバレー』の中で、中学校に赴任してきた国語教師(綾瀬はるか)が生徒を前にして挨拶した際に、この「道程」が好きだと話をした。思春期のわんぱく男子が主人公なのだが、皆がこの「ドーテー」と云う響きにのぼせ上がり鼻血を出したのが面白かったナァ。

川端康成が書斎の机の上にオーギュスト・ロダンのブロンズ彫刻『手』を飾っていた写真を見た事があるが、高村光太郎の作品『手』も素晴らしい。
b0019140_16243519.jpg
ロダンに衝撃を受け、彫刻に励んだ光太郎が自身の手を見て制作したそうだが、ロダン以上に印象に残る手なのだ。

川端康成じゃないが、いつか自分の机の上に『手』を飾って眺めたいものだ。
     ◇          ◇          ◇
閑話休題。

カミサンの実家から旬の食材が届いた。そんな訳で、夕べは家呑みにした。

今年最後の日生(ひなせ)の牡蛎はサッと蒸してレモンを絞って戴く。
b0019140_1630181.jpg
むふふの美味さでアル。
b0019140_16304252.jpg
キリリと冷えた白ワインでペロリと平らげた。
b0019140_16305435.jpg
こちらは、イイダコとワケギのぬただ。
b0019140_1631338.jpg
卵が米に似ているから飯ダコなのだネ。
b0019140_16323393.jpg
筍は煮物にした。

そして、何と言っても春を告げる魚、鰆(サワラ)だネ。
b0019140_1632464.jpg
味噌漬けにしたサワラは酒がススんだナ。
b0019140_16331447.jpg
もちろん、この日の料理はすべてカミサンの手料理だ。嬉しい限り!

僕は食べて呑むだけ!と云う訳で、ヘベのレケになる前に洗い物だけは済ませたのでアール。

☆レンギョウの画像は、こちらからお借り致しました。感謝多謝!
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyanocchi2 at 2013-04-02 17:25
鰆の味噌漬け、美味しいですよね~ェ(*´ェ`*)ェ
春のお魚だったんだ!!!
今度見かけたら買おうっと!
by cafegent | 2013-04-02 16:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)