東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々是日記/初夏の日曜、軽井沢小旅行!

五月ももうあと僅か。今日の東京は陽射しも弱く、涼しい風が樹々の薫りを運んでる。それでも自転車のペダルを漕いでいると汗ばんでくるのだナ。

暦では「初夏」だが、九州や四国では梅雨入りをしたらしい。四国では、昨年より6日間も早かったのだネ。

先週の金曜日からカミサンが軽井沢出張に出ていたので、日曜日から一泊でボクも軽井沢へと旅をした。

朝、東京駅へ到着すると真っ先に駅地下の『グランスタ』へと向かう。

此処には朝7時から営業している『はせがわ酒店』が在る。
b0019140_1617189.jpg
七人掛けのカウンターには旅に向かう前にワインを嗜んでいる女性やご常連らしき御仁が三人程居た。

店の方にオススメを伺い、先ずは山形の亀の井酒造が造る「くどき上手 おしゅん」から。
b0019140_161703.jpg
発泡性の酒で、辛口のスパークリングワインの様だ。朝の一杯目に良い酒だナ。

続いて、伊達ノ軍用御用酒「戦勝正宗」を戴いた。
b0019140_16171898.jpg
袋搾りの特別純米は、かなりしっかりした味わいだった。
b0019140_1618299.jpg
ちなみにこの題字は、伊達家18代当主の書だそうだ。

蛍いかの沖漬けをアテに酒がススむ。
b0019140_1617395.jpg
戦勝正宗をお代わりし、ご馳走様。

酒場を出たら、すき焼の老舗『浅草今半』へ。

いつもは全国の駅弁から選ぶのだが、今回は東京の味で旅に出る事にした。
b0019140_1623917.jpg
今半の牛肉弁当は、エキナカなのに店内の厨房で出来立てホヤホヤのお弁当を提供してくれるのが嬉しい。

創業明治28年の老舗のお弁当は、甘辛く煮た牛肉が温かいご飯に沁みて実に美味い。
b0019140_16232911.jpg
焼き豆腐と紅ショウガ、そしてグリーンピースもなんだか懐かしい。

旅は駅を出る前から始まるのだナ。
b0019140_16233823.jpg
さぁ、居酒屋新幹線の出発だ。

実は今回はチト奮発をしてしまった。前日から今半のお弁当を買おうと決めていたのだが、『駅弁屋 祭』の前を通ると「平泉うにごはん」をその場で作って居たのだヨ。
b0019140_16242337.jpg
これは買わずにはいられない。と、駅弁ダブル攻撃をしてしまった。
b0019140_16245187.jpg
ギッシリと詰まったウニが甘くて美味かった。

朝の日本酒も程よく旅を盛り上げてくれ、軽井沢駅へ到着した。
b0019140_1625658.jpg
今回はカミサンが終日仕事だったので、一人で野鳥を探す旅となった。

駅前から無料シャトルバスに乗り、星野リゾートへ。

そう云えば、三菱地所の誘致により、丸の内に純和風造りの『星のや東京』を建てるそうだネ。地下深くを掘って温泉を引くそうだ。まぁ、日本を訪れる海外のセレブリティにはウケるだろうネ。
b0019140_1627957.jpg
さて、星野リゾートに着いたら、「野鳥の森」でアル。

この続きは、また明日!さぁ、呑みに出よう!
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/20510616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2013-05-28 16:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)