東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々是日記/末広町『花ぶさ』で、鱧を食む。

      おこうこぐらいで飲んでね、
      焼き上がりを
      ゆっくりと待つのが
      うまいわけですよ、
      うなぎが。
b0019140_14434917.jpg
     ☆          ☆          ☆
うなぎはね、この頃、昔から知られている一流のうなぎ屋へ行くと、会席料理みたいにまず、突き出しが出る。刺身が出る、それこそ椀盛りも出てくるということでね、そのあとでうなぎが出るわけだよ。だからね、もう、うなぎがまずくなっちゃうんだよ、おなかがいっぱいになっちゃっているから。これは本当じゃない、うなぎの味わい方としては。

昔は、うなぎの肝と白焼きぐらいしかないですよ、出すものは。東京のうなぎ屋はね。その代わり、やっぱりおこうこはうまく漬けてあるからね、まず、おこうこをもらって、それで飲んで、その程度にしておかないと、うなぎがまずくなっちゃう。

ぼくを連れててくれた人なんか、小さな株屋さんの主人(たいしょう)だったけど、おこうこも食べさせなかったね。

「まだ何も食っちゃいけないよ。おこうこも駄目だよ」
と言われたものですよ。
「それじゃあ、何を食っていたらいいんです?」
と言ったら、
「酒飲んで待ってなきゃ駄目だよ」
     ☆          ☆          ☆
池波正太郎の名エッセイ「男の作法」から抜粋。

粋だよネ、いちいち云うことがスバラシイのだナ。
「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などの時代小説も面白いが、エッセイが特に好きなのだ。「旅」「食事」「映画」「銀座」等々、池波センセイの本から沢山のことを学んで来た。
b0019140_1459132.jpg
そんな池波センセイの「生誕90年 池波正太郎」展が今月28日から、松屋銀座8階にて催される。書斎の再現や小説の制作ノートなど貴重な資料も数多く展示されるそうだ。

今一度、池波正太郎の世界を垣間みてみようかナ。
     ◇          ◇          ◇
さて、先日久しぶりに末広町の『御料理 花ぶさ』にお邪魔した。
b0019140_1501895.jpg
此処は池波正太郎がこよなく愛した店でアル。二階、三階の個室には池波センセイが描いた書画も飾られているし、暖簾の文字も手掛けているのだからネ。
b0019140_1459525.jpg
午後1時半頃にお邪魔したのだが、満席だった。
暫し待つことにしたが、池波正太郎展のチラシが有ったので助かった。じっくりと読めたからネ。

午後2時、続々と個室のお客さんたちも降りて来て、カウンターも空いて来た。

夏の午後、板長が鱧(ハモ)の骨切りをする音が涼を運んでくれた。
b0019140_151326.jpg
そして、鱧の天ぷらが出て来た。本日のご飯は、とうきびご飯だった。
b0019140_15159100.jpg
鱧は塩で戴いて、野菜は天つゆで戴いた。とうきびご飯をお代わりし、夏の季節をたっぷりと味わった。

料理の終わりに出る白玉ぜんざいが、これまた美味い。
b0019140_1522174.jpg
変らぬ美味しい料理、ご馳走様でした。暖簾も中に仕舞われ、昼どきの最後の客となったが、大変満足した。

外に出るとアスファルトを灼熱の太陽が照りつけ、足元から暑い。
b0019140_1552860.jpg
旧練成中学校跡地の『3331アーツ千代田』の壁面では、ミンミンゼミがけたたましく鳴いていた。

松屋銀座「池波正太郎展」のサイトはこちらから!
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ティコティコ at 2013-08-16 08:42 x
「花ぶさ」好い店ですね~
食堂飲みが好きなのでよく行きました季節の肴を盛り込んだ「千代田膳」をつまみながらお酒を飲むのが好きです・・・

女将さんが亡くなってから少し方針や味が変わったのでそれ以後はご無沙汰気味です

涼しくなったらブログ仲間と2階でゆっくり飲もうかな~♪
by cafegent | 2013-08-09 15:10 | 食べる | Trackback | Comments(1)