東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々是日記/秋の味覚、秋刀魚を目黒で!

    餅の名や秋の彼岸は萩にこそ    正岡子規

子規はたいそう牡丹餅(ぼたもち)、お萩が好きだったそうだ。病に伏せていても、好物はたらふく平らげたと云う。お萩のみならず、子規の日記には「牛乳一合ココア入り、菓子パン」との記述がほぼ毎日の様に出て来た。この菓子パンが、時に羊羹であったり、煎餅やお萩になっていたのだナ。
b0019140_1055778.jpg
    お萩くばる彼岸の使(つかい)行き逢ひぬ

こちらは、知り合いの家にお萩を配る人たちが道で出会った光景が眼に浮かぶ。子規はよほどお萩、牡丹餅が好物だったのだろう。

明日20日は秋の彼岸の入りだネ。子規が目にした様に、お彼岸にお萩を手土産に配る人たちを目にしたいものだ。
b0019140_10483182.jpg
暑い日が続いた東京も彼岸花が咲き始め、漸く秋らしくなってきた。

今夜は「中秋の名月」。台風が過ぎ去り、東京も秋晴れが続いている。
b0019140_1056553.jpg
今年も中秋の名月が満月になる。

三年連続で満月になったが、いつもこの日が満月になるとは限らない。
次回の中秋の名月が満月になるのは、東京オリンピックの翌年2021年9月21日とのこと。

今夜は満月を盃に映して、月見酒を愉しみたいネ。
      ◇            ◇            ◇
閑話休題。

秋の味覚の代表格でもある秋刀魚(サンマ)が食べ頃を迎えている。東北・北海道で水揚げされた秋刀魚が東京の市場に並んでいる。

四国や紀伊半島あたりの海域を泳ぐ秋刀魚は、春を迎えると水温の低い海を目指して太平洋を北上するのだネ。

北海道から千島列島にかけての海域で豊富な餌を食べて成長し、夏が終わる頃に南下し始める。産卵を控えたこの時季が脂もたっぷりと乗って一番美味しくなるのだナ。
b0019140_1132249.jpg
北海道から三陸沖にかけて南下した旬の秋刀魚で、飛び切りの酒を吞みたいものだ。

秋刀魚は昔は「狭真魚」(サマナ)とか「青串魚」(サンマ)と言われていたそうだ。夏目漱石は『我輩は猫である』の中で、「三馬」(サンマ)と記述している。

現在の秋刀魚(サンマ)は「秋に穫れる刀のように鋭い体付きの魚」との含意から名付けられたそうで、佐藤春夫の詠んだ詩「秋刀魚の歌」で全国的に知れ渡ったとのこと。我が国のみならず、中国でも「秋刀魚」と書くそうだ。

先日の日曜、目黒区の田道広場公園周辺で「第37回目黒のSUNまつり」が催された。その前に目黒駅前で開催された「目黒のさんま祭り」は品川区ということもあり、こちらの目黒区での祭りは地元色の濃いイベントなのでアル。

午前中の大雨で開催が危ぶまれたが、雨が上がった途端大勢の人たちで賑わいを見せた。
b0019140_1102680.jpg
家からノンビリ散歩しながら、先ずは目黒区民センターへ。
b0019140_1121838.jpg
こちらでは沢山の屋台が出ていて、駆けつけビールを味わった。
b0019140_110442.jpg
またホールでは、春風亭柳之助師匠の落語「目黒のさんま」も披露されたのだナ。
b0019140_113114.jpg
ふれあい橋の上では高円寺阿波おどりにも登場した「め組連」の方々の見事な踊りが披露された。
b0019140_1132238.jpg
おチビちゃんたちも懸命に踊っていたネ。
b0019140_1154339.jpg
田道広場公園では、宮城県の気仙沼から新鮮な秋刀魚が五千匹届けられ、炭火で焼いて振る舞われた。
b0019140_117129.jpg
雨が上がったとたん、大行列となったネ。
b0019140_1155249.jpg
大分県臼杵市産のカボスも無料配布されたので、ギュッと絞って味わう人々で賑わっていた。
b0019140_116255.jpg
ボクも大分かぼすPR大使のカワイコちゃんとゆるキャラのカボたんと記念撮影!

午後3時半、盛況のうちにイベント終了。皆さんお疲れさまでした!

再び武蔵小山へと戻り、立ち飲み『晩杯屋』へ。
b0019140_11131578.jpg
この日は西五反田の氷川神社例大祭だったので、酒朋タケと大西クンが神輿担ぎの前に一杯やっていた。
b0019140_11145188.jpg
大西クンの黒い衣装は別注だそうだ。洒落男だネ。
b0019140_11121561.jpg
ウチのカミサンは、セナちゃんが気に入ったらしくずっと遊んでいましたナ。
b0019140_11124617.jpg
新秋刀魚刺し150円も脂が乗っていて美味い。
b0019140_1059152.jpg
晩杯屋では、秋刀魚を大漁に仕入れ過ぎたらしく、焼き秋刀魚はナント二尾で150円と云う大判振る舞いなのでアル。

タケたちも神輿を担ぎに出掛けたし、僕らも引き上げることにした。

テレビで「笑点」を観ながら、お家居酒屋のスタートだ。
b0019140_11151034.jpg
金宮のソーダ割りで始めて、秋のから揚げ祭り開催!
b0019140_11153436.jpg
こちらはナンプラーから揚げだ。風味良く酒がススむネ。

続いて、マヨネーズから揚げの登場だ。
b0019140_11154750.jpg
鶏肉が柔らかく揚がるのだネ。
b0019140_111601.jpg
オリーブとトマトのブルスケッタは、赤ワインで!
b0019140_11161369.jpg
こうして連休の中日が終わったのでアール。

お萩の画像はプロカメラマンのフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォトから。
[PR]
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/21077220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2013-09-19 11:25 | 食べる | Trackback | Comments(0)