東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

日々是日記/春の青春18で、梅見物だ!

今日の東京は気温が21度まで上がるそうだ。シャツ1枚で歩いても汗ばむ陽気だネ。武蔵小山駅前の都立小山台高校のソメイヨシノが今年もまた一本だけ一足早く開花した。
b0019140_1427239.jpg
見事に咲き誇る桜の花蜜を求めヒヨドリやメジロがやって来ていたナ。
b0019140_14214712.jpg
公園に居着いていた渡り鳥たちも皆飛び立ってしまい、留鳥の四十雀(シジュウカラ)やウグイス、オナガ辺りが目立つ様になった。
b0019140_14251311.jpg
今朝は気温が高いせいか虫たちも出始めていた。
b0019140_14253285.jpg
キチョウも今年初見だし、うららかな春の陽射しを浴びながら散歩が出来た。
      ◇           ◇           ◇
先週末、天気も良かったので梅見物に出掛けることにした。

青春18きっぷを使い、先ずは上野へ。上野駅構内で駅弁を購入し、快速ラビットで居酒屋グリーンの旅の始まりだ。
b0019140_14283365.jpg
列車内で食べる弁当は、どうしてこんなにも美味しいのだろうか?
旅の高揚感が、何もかも美味しく感じさせてくれるのだネ。

水戸の偕楽園に行くには、偕楽園駅で降りずに水戸駅まで出て、そこからバスに乗る方が良い。
b0019140_1433497.jpg
何しろ、偕楽園駅は偕楽園の出口前に駅が在るので、本来の入口から入れずに出口から見て回ることになるのだナ。

無事にバスで偕楽園に到着したら、好文亭表門へと進むのだ。
b0019140_14331215.jpg
この道(旧岩間街道)は、水戸の城下町から偕楽園に入園する正式なルートでアル。
b0019140_14304294.jpg
此処から入園し、孟宗竹林を抜けると徳川斉昭(なりあき)公の陰陽(おんみょう)の考えを基に造られた庭園の「竹林の暗」から「梅林の明」への誘(いざな)いを体感することが出来る訳だ。
b0019140_14313941.jpg
ほぉ、見事な孟宗竹林だネ。
b0019140_1439760.jpg
好天に恵まれた土曜日だけに園内は大勢の人で賑わいを見せていた。
b0019140_14392126.jpg
見事な紅梅、白梅を愛で、心身共に癒された。
b0019140_14393388.jpg
巨大な大理石で出来た井筒から清冽(せいれつ)な水がこんこんと湧き出る吐玉泉(とぎょくせん)は、偕楽園が出来る以前から在った泉で、徳川斉昭公の時代、茶会にこの水が使われたそうだ。
b0019140_14394261.jpg
咲き誇る梅を眺め、偕楽園を堪能した。
b0019140_14395292.jpg
水戸黄門さん御一行にも出逢ったし、次へ移動しよう。
b0019140_1442594.jpg
常磐線の線路上を渡り、田鶴鳴(たづなき)梅林を抜けると広い仙波湖に出る。
b0019140_1443954.jpg
暫く湖を囲む仙波公園を歩き、水鳥たちを鑑賞した。
b0019140_1442369.jpg
コブハクチョウ、コクチョウ、オオバン、ユリカモメなどが長閑に泳いでいた。
b0019140_14461258.jpg
おや、D51も展示されているのだネ。
b0019140_14462258.jpg
コクチョウは、こんな処まで来るのだナ。
b0019140_14482098.jpg
千波湖をグルリと廻り、水戸芸術館へ。
b0019140_14482965.jpg
現代美術ギャラリーにて現在開催中の『山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ』を拝見した。
b0019140_14484340.jpg
山口さんの作品はいつ観ても刺激的だったナ。

水戸駅までバスに乗り、其処からは再び青春18きっぷで、酒場を求め宇都宮へと向ったのでアール。
トラックバックURL : http://cafegent.exblog.jp/tb/24253289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-20 12:23
タイトル : 撲滅状態にから復活を目指す美しい梅郷
吉野梅郷 Yoshino Plum Township 写真は2009年3月の吉野梅郷    Photo: taken in March 2009  吉野梅郷は、東京都下で最大規模の梅郷で、多摩川の渓流と日の出山山系の自然に囲まれた、東西4kmに渡る自然に恵まれた地域で、なかでも「青梅市梅の公園」は、梅の名所として知られ、自然と文化の薫る地でした。 Yoshino Plum Township is a naturally blessed region spanning from eas...... more
by cafegent | 2015-03-17 14:50 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(0)