東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日々是日記/立秋になったとはいえ、夏真っ盛りだネ!

    深山木(みやまき)に雲ゆく蝉の奏(しら)べかな   飯田蛇笏
b0019140_15295513.jpg
暦の上では、今日は「立秋」だネ。まだまだ夏真っ盛りだからピンと来ないが、翅をバタつかせながらひっくり返っている蝉の姿を眼にすると少しだけ晩夏の気配を感じたのだナ。

飯田蛇笏は、声高らかに鳴く蝉の声が流れゆく雲に乗っていつまでも鳴いていて欲しいとでも思って詠んだのだろうか。

蛇笏の句と対極に当たると思えるのが松尾芭蕉が奥の細道の旅を終えた後に詠んだ句だ。

     やがて死ぬけしきは見えず蝉の声

蝉は思い切り鳴くために生まれ、大いに鳴いたらあとは死ぬだけのことだ、とまるで悟りの境地のような歌を詠んだ。この句の前置きとして芭蕉は「無常迅速」と記している。世の中の移ろいは極めて早い、そして生も死も無常に繰り返す、という意味だろうか。そして、芭蕉はこの句を詠んだ4年後に死を迎えているのだナ。

飯田蛇笏の方が、ロマンチストなのだろうナァ。僕は蛇笏の句が好きだがネ。
    ◇             ◇             ◇
閑話休題。

毎朝、欠かさずに行っていることに「珈琲を淹れること」がある。

豆を電動ミルに入れ、約10秒ほどの目算で豆を挽く。ペーパーフィルターの角を折りたたみ、陶器のドリッパーにセットしたら、挽きたての粉を入れる。

ケトルのお湯が沸騰したら、火を止める。沸々とした湯が大人しくなるまで少しの間、待つ。ケトルの注ぎ口の温度が下がり湯の飛沫が飛ばない頃合いにペーパーフィルターの中へお湯をたらし、珈琲粉を蒸らすのだ。

珈琲の香りに包まれて、だんだんと僕自身も目を覚ましていく。お湯を注ぎはじめ、キメの細かい気泡が膨らんでくれると、なんだか一日が気分良くスタート出来る気がするのだナ。
b0019140_15194925.jpg
以前、表参道に事務所を構えていた時は、毎朝一度出社してメールのチェックなどを済ませたあとに必ず246の大通り沿いの雑居ビルの二階に在る『大坊珈琲店』へと出掛けた。
b0019140_15301327.jpg
角の方が反り返った分厚い木のカウンター席へと座り、大抵「3番」の濃さの珈琲をお願いした。

カウンターの隅で店主の大坊勝次さんが手まわし式焙煎ロースターのハンドルをゆっくりと回す姿やザルの中で冷ました珈琲豆を選り分ける作業など、ずっと眺めていても飽きなかったナァ。
b0019140_15305059.jpg
そして、何よりも左手に持ったネルドリップに丁寧にお湯を注ぐ姿は実に素敵だった。そう云えば、大坊さんはネルドリップを蒸らさずに珈琲を淹れていたけれど、本当に美味しい味だった。
b0019140_1531795.jpg
小一時間ほどを大坊珈琲店で過ごし、二杯の珈琲を飲み終えると事務所に戻るのだが、いつもシャツに珈琲の焙煎臭が染み付いてしまうので、みんなから焦げ臭いと言われる始末だったっけ。

今日は深煎りの珈琲を飲みながら、ふと大坊さんのことを思い出したのでアル。

そうそう、大坊勝次さんが綴ったエッセイやコーヒーの作り方、糸井重里氏や平松洋子さんなど大坊珈琲店をこよなく愛した方々の寄稿文で構成された本が出ているので、是非!

素敵な文章と店内の写真で『大坊珈琲店』を愉しんでみてくださいナ。 
b0019140_15315723.jpg
                      大坊珈琲店

過去の日記から/『大坊珈琲店』12月、38年の歴史に幕
[PR]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafegent | 2017-08-07 15:53 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)