東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ほっとけない 世界のまずしさ。

ホワイトバンドを手に入れた。今、世界の中では貧困のために3秒に1人の子供たちが亡くなっているらしいのだ。ボブ・ゲルドフの呼びかけで開催された「ライブ8」の模様をニュースで観て、何となくこの活動の事は知っていたけど、友人のAnnちゃんのブログでこのホワイトバンドの事を知ったんだ。世界中でこの白いゴム製のバンドを1つ買うごとにその3割の金額が貧困救済の活動資金になるらしい。
「Annちゃんのブログ ANN's ROOM」

b0019140_1426289.jpgブラッド・ピットやデニス・ホッパー、日本でも村上龍や金メダリストの北島康介なんかがこの活動に支援している。ホワイトバンドには、3つのアスタリスク*がついている。
***は、「3秒にひとり」失われていく小さな命を表しているらしい。また、
隠し文字としても***は、いのち、なかま、みんな、だいじ、ひとつ、だから、一緒に、まえへ、...と賛同してホワイトバンドを身に付けているみんなの言葉を秘めているのだとか。CFに登場する世界中のセレブリティが指をパチンッとならすのだけど、それも3秒に一人の秒を表している。
最近、友人の間でホワイトバンドを身に着けている方が増えてきた。なんだか、見知らぬ人でも一緒にこの運動に参加しているんだなぁって思うと妙な連帯感を覚えてしまう。
でも、一人では何も出来ないけれど、みんなの出来る範囲内のことが世界中からの呼びかけでひとつのムーブメントとなって地球の為に役立つのだから、こりゃぁ凄いことだ。「*** ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」、今からでも遅くない。参加してみようよ、ほら。
「*** ほっとけない世界のまずしさ」

そう云えば、モデルの貴之が、イエローバンドをしていた。横浜美術館の学芸員・中島さんもしていたっけ。
これは、自転車の名選手のランス・アームストロング氏が始めた「ランス・アームストロング基金」なる団体が、がん患者を救うための資金集めに創った黄色いバンドなのだそーだ。
ランス・アームストロング選手は、癌を克服した後にツール・ド・フランスに出場して連続優勝をした凄い人です。でも、このバンドは10個単位でしか売っていなくて、買った方達が友人9人に配るんだよね。で、またそれを貰った人々が同様に10個単位で購入していく。無理矢理増殖系な気もするが、まぁ良いか。これぐらいにしないと支援資金も集まらないもんなぁ。
これらのカラーバンドは、世界中でいろんな団体がエイズ撲滅や同性愛等々、自分が支援するいろんな目的で有るんだね。

でも、これらのバンドをネットオークションで高値で売っているふとどき者も沢山いるね。コメントも凄い!「セレブやスポーツ選手の間でも定番アイテム化!」バカかコイツら。
by cafegent | 2005-07-14 14:32 | ひとりごと