東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

何故かブラジルに繋がってしまう今年のお盆

b0019140_18204148.jpg
今年の暑中見舞いは、ビールにした。と云ってもお酒じゃないのだ。『こどもびいる』なる清涼飲料水なんだけど、見た目もグラスに注いだ色も泡の感じも、まんまビールなのだ。
風呂上がりに大人と一緒に「プハーッ!、うめぇっ!」って言いながら、なんとも楽しい雰囲気ドリンクなのである。
これ、九州の「下町屋」と云うもんじゃ焼き屋の親父さんが考案したらしいんだけど、最初は手作りだっのが、評判を呼んで友枡飲料が量産して全国販売したらしい。キッチュなラベルと栓のカタチもイイ感じだし、この夏のマイブームだったのでご紹介。
「こどもびいる」
b0019140_1820458.jpg

世間が一斉にお盆休みの中、休みを取るタイミングを逃してしまい、普段と変わらず出社してたのだけど、東京のお盆はホントに静かだ。道も空いているし、携帯電話も鳴らず、ランチタイムに開いている店を探す事以外は、とっても快適な日々を送れた気がする。

誰かとの打ち合わせも無いのでアロハにショーツと云うラフな格好でオフィスで仕事していたらラジオからタイミングよろしくジョアン・ジルベルトの曲が流れてきた。時計を見ると午後の4時。あぁ、もう仕事モードがゆるゆるになってくる。オフィスに居ても、気分はすっかりブラジルに飛んでいる。ちょうど、サンパウロに里帰りしていた友達のお土産で貰った「ハワイアナス」のビーチサンダルも履いて来たし、仕事モードからいきなりブラジルモードにスイッチオン。

で、この時期はお中元とかでやたらとビールが届くから冷蔵庫の中には冷たいビールもあるし、えぇ〜い飲んじゃえって仕事も無理矢理終わりにしてしまう。こう云う時って、何だかテレパシーと云うか何つうか、引きが強く、ブラジルの事が頭の中に広がってくると、ブラジル関連の事が一杯飛び込んでくるのだ。メイルをチェックすると、友達から「ブラジル映画祭」のご案内が届くし、毎年浅草サンバカーニバルに参加している取引先の方からは、今年は麻布十番祭りで仲間がサンバを踊るから見てくれって連絡があったりした。これって何か仕事見つけて、ブラジルに行けってことかなぁ。でも、今年の夏はかなり寒かったらしいね。みんな風邪引いて帰って来たからなぁ。

ブラジル映画祭は、エジソン峰記さんがプロデュースするイベントで、9月2日から11日まで日仏会館にて催されます。今年は、ジルベルト・ジルやカエターノ・ヴェローゾが出ている音楽ドキュメント映画『シャメ・ジェンチトリオ・エレトリコ物語』を公開するので、それを見てみたいなぁ。エジソンさんのオーガナイズするブラジルイベントは何度か足を運んだけれど、結構楽しいんです。大抵、協賛でカイピリーニャと云うブラジルの強い酒のカクテルが飲めるし、ついつい飲み過ぎて酔っぱらってしまうのだ。「ブラジル映画祭2005」

先週末は麻布十番祭りが催されて、六本木から麻布十番にかけて人、人、人で溢れていた。冷たいビール片手に何をどうするって訳でも無く、ただ、人々の熱気を感じながら出店の並ぶ商店街を散歩する。このお祭りは、あぁ、今年の夏も終わりだなぁって、夏の締めくくりには欠かせない行事なのだ。でも、人が多すぎて、サンバの踊りは見れなかった。残念。

ブラジル映画祭に合わせたのか、偶然なのか9月の1日、2日とブラジルのシンガーソングライター「セウ・ジョルジュ」のライブがある。彼も役者として活躍しており昨年日本でもヒットした映画『シティ・オブ・ゴッド』にも出ていました。今年発売された新譜アルバムがまた最高なのだ。今年の夏のマイ・ヘビーローテーションCDだった。う〜ん、ライブ楽しみだなぁ。
「セウ・ジョルジュ来日情報」
by cafegent | 2005-08-25 18:25 | ひとりごと