東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

また、一人偉大な芸人の訃報を聞いた。ただただ、合掌。

銀座「Apple Store」裏手の洋食「グリル・スイス」でカキフライと元祖カツカレーを食べたので、帰りに並びの「白いばら」を覗いてまみた。なんと!まだその店は健在だった。新宿のグランドキャバレー「クラブハイツ」も昭和の香りがする処だが、銀座の「白いばら」もかなり昭和だ。ここはご当地ホステスさんが沢山いて、出身地を云うとそこ出身のコを付けてくれるのだ。値段も安いし、何よりもあのバタ臭さがたまらない。もう10年以上も行っていないけど、きっと店内の様子は変わらずなんだろうなぁ。こーゆー店はずっと残っていて欲しいものだ。
b0019140_1726527.jpg
この前、昭和30年代がブームになっていると書いたけど、小金井公園の中にある「江戸東京たてもの園」なる所で『できゆくタワーの足もとで −昭和30年代のくらし』展を開催している。ここは広大な敷地の中に江戸から昭和初期の家とか商店、居酒屋なんかを再現したり移築して展示していて、こんな所がこんな場所にあったのか、と思う程東京の歴史を垣間みれるテーマパークな訳だが、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」に連動したカタチのタイムリーな企画展だ。
「江戸東京たてもの園」

僕が小学生の頃はまだテレビがモノクロで、アニメや「ヤング・セブン・ツーオー」を見てから学校へ行くのが日課だった。中でもとりわけ好きだったのが日曜の昼番組「お笑い大正寄席」だった。あの頃は1社冠スポンサーの番組が多かったけど、大正製薬と云えば「大正寄席」と決まっていた。(丸美屋と云えば「エイトマン」ね。)牧伸二がウクレレ片手に漫談と司会をこなしていたが、何と行っても、「東京コミック・ショー」が大好きだった。その「東京コミック・ショー」のショパン猪狩さんが今月13日に亡くなった。数十年間、ほぼ同じネタで登場する訳だが、ここまでやるから名人なのだ。ショパンさんは、ターバン巻いた偽インド人の芸風で「 レッドスネーク、カモーン!」「キス・オブ・ファイヤー」なんかのギャグがウリだった。奥さんが台の下に潜って両手でヘビになって、ショパンさんが怪しいヘンな日本語と笛でそのヘビを操るのだ。何年か前にテレビに出ていた時は、奥さんじゃない人がヘビを操っていたっけ。amazonを検索していたら「東京コミック・ショー」が出演しているDVDを発見した。「昭和名人芸大全〜珍芸・奇芸・ビックリ芸〜 初日」と云うタイトルだが、そうそう昭和の名人芸なのだよ。
うーん、アマゾンでレッドスネーク、カモーンか。合掌。
「昭和名人芸大全」
by cafegent | 2005-12-19 17:31 | ひとりごと