東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

花粉症で、老眼じゃ、本当に爺ぃまっしぐらだ!!

春一番が吹いて、すっかり暖かくなるのかと思いきや、今日はまた肌寒い雨模様。花粉症も年々敏感になっくるのか、こんな雨の日でもひっきりなしにくしゃみが出るのだ。そして、花粉症よりももっと加速して急激に悪くなっているのが視力。昨年から老眼になった事は感じていたが、年末にメガネを新調した時に、お店のスタッフに「遠近両用にしますかっ?」って云われたのは、かなりの衝撃だった。
が、しかし、それも事実。今じゃ新聞や書類を見る時にメガネをかけていると何も読めないのだ。老眼はいづれ全員にやってくるとは判っていたが、これ、爺ぃ感がどっしりと残るなぁ。

先日、気持ちが良いくらい晴れたので、会社を抜けて浜松町の裏手にある『旧芝離宮恩賜庭園』に行って見た。日本庭園の水辺ではカモが気持ちよく水浴びをしており、丘の上には紅白の梅が見事に咲き誇っていた。梅に混じって、早咲きの桜も咲いており、なんだか春を先取りした感じだな。
b0019140_1847127.jpg
b0019140_18471365.jpg
b0019140_18472252.jpg

今月の1日から麻布十番のギャラリーカフェバー「en yen」(緑緑)にて、友人のデザイナー林たけお氏のモビール展を開催しているので、昨晩拝見しに行って見ました。天井からつり下げられた沢山のモビールは空調の風に合わせて、ゆらゆらと天を舞っていた。林君以外にも五十嵐桂さん、tamattiさん、KANTAROさんの作品が展示されており、いずれの作品も酒を片手に和むには心地良かった。僕が行った時間には林君はもう居なかったのだが、『緑緑』と云う店も良かった。初めて訪れたのだけど、スタッフのみんなも気さくだし、オリジナル「珈琲焼酎」も美味かった。丁度、僕が指にはめていた「Random」のスワロフスキー・スカルリングをとても気に入ってもらい、その話で盛り上がってしまった。まぁ、こー云う単純な理由で、僕は店に通ってしまうのだ。
b0019140_1852043.jpg

b0019140_18514933.jpg

さて、今夜はジャック・ジョンソンの親友でサーフ・ミュージック期待の新人テッド・レノンのショーケースライブに行ってくるのだ。ギター片手にのんびりと唄う歌は、これまた心地良いのである。ちなみに、彼はかのジョン・レノンの親戚らしい。まーどーでもいいけど。
「テッド・レノン」

ギャラリーカフェバー緑緑「en yen」
港区麻布十番2-8-15
03-3453-4021
「ギャラリーカフェバー緑緑サイト」
[PR]
by cafegent | 2006-03-10 18:55 | ひとりごと