東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

昼は庶民のとんかつで泪し、夜はとびきりの料理に酔いしれた。

目黒には「とんき」をはじめ、とんかつ屋が多い。とんきのスタッフのあのオーダー時の記憶力には恐れ入るが、権ノ助坂の「とんかつ 大宝」のロースカツの方上かなぁ。そして、ガツンと喰いたい時には、大鳥神社の近くにある「とんかつポーク亭」だな。下味も程よく付いてしっかり揚げているから僕好みである。そして何と言ってもボリュームが凄いのだ。
b0019140_18464635.jpg
これは、海老フライ2本、あじフライ、串カツで800円。ほれ、十分納得な価格でしょ。但し,「ポーク亭」は、初めての人にはかなり刺激が強い店である。しゃべるトンカツ屋なのである。夫婦でやっているのだが、ご主人がトンカツ揚げながらひたすらしゃべっているのである。誰にって云う訳じゃ無く、テレビのネタに食いつけば、それに対して延々としゃべり、一人芝居の如くしゃべっているのである。常連たちは、慣れっこになっており、たまに吹き出す奴もいるが、みな気にせずとんかつを食べているのだ。これも必見なり。

目黒駅近くのビルの地下に入っている「かつ壱」も美味いとんかつを喰わせてくれる。ここのご主人はとても真面目そうで、カウンター越しに眺めていると実に丁寧な仕事をしていて、自然とこっちが安心してしまう店なのだ。そして、僕はここの「ソースカツ丼」が好きなのだ。どんぶり飯の上に海苔を敷き、キャベツの千切り、その上に揚げたてのロースかつを乗せ上からソースをジャーっとかけて出してくれる。
b0019140_18471339.jpg
揚げ油とソースがからまった味がごはんに滲みて美味いのなんの。昔、渋谷の丸山町の中で「キャベツ丼」なる食い物があったけれど、それもソースカツ丼だったっけ。「かつ壱」のソースカツ丼もどこか懐かしい味がして好きなのだ。ちょっとだけ贅沢したい時は、ここの「エビヒレランチ」か、今の時期は「かきヒレランチ」が1,250円でかなりのボリュームなのだ。喰うのにパワーいるもんね。
とんかつ天国・目黒はウレシイのだ。
               ****************************************************
昨日は、仕事先との打ち合わせを兼ねて久しぶりに白金台の裏手にひっそり佇んでいる和食の名店『堀兼』にお邪魔した。本当は前日の約束だったのだが、なんせこの店は人気があるので、個室が取れなかった。今回はこちらのお願い事を聞いてもらうのが最重要の目的だったので、あえて一日ずらしてもらって個室を予約したのだ。これが艶やかなオネエちゃん連れて行くのであればカウンター席で構わないんだけど、商談ならば喧噪シャットアウトの個室でしょうな。

最初の先付けが季節野菜の冷製煮浸し風と炊き込みご飯。どちらもひょうたん柄の盆の上に実に小さくて実に上品な器に盛られている。最初はビールで喉を潤し、2杯目からは焼酎に切り替えた。

次に大トロの御造りが登場する訳だが、仲居さんが「つけダレが来ますので、少々お待ちを」と付け加える。こんもりと氷が盛られた器の上に見事な大トロの刺身が三切れ乗っているのだけれど、銀座の寿司屋で食べたら一切れ数千円だろう大間産のトロを惜しげもなく出してくれるところにこの店主の心意気を感じてしまう。それだけじゃあない。ここの一切れは寿司屋のトロ4切れ分くらいに大きいのだ。そして、ここの名物とも云うべきこのトロの食べ方はと云うと、納豆と大根おろしに生海苔をぐちゃぐちゃに混ぜたタレをこの大トロで巻いて、わさびをのっけて食すのである。大トロは脂が乗り過ぎていて苦手って云う方でも、ここで出される素材は口溶けが良く何ともさっぱりと頂けるのです。これだけでも楽しみにしている人が多いのが判るなぁ。

お次は海老の天婦羅に柳葉魚(だと思ったが)の自家製スモーク。これがまたとびきり美味い。燻し具合が絶妙で焼酎に合うんだなぁ、これが。そして、話も弾んでいるとまた寒ブリのお刺身が出て来た。あれ、さっき御造り出たろうに、と皆で疑問に思っていると一人づつ炭入れした小さな火鉢が出て来たのである。そーか、焼くのか。表面だけをサッと焼いて食すのだが、ここでもタレにやられてしまったのだ。小皿に塩とわさびが乗っている。またも仲居さんに「すだちを1個全部そこに絞ってわさびも全部溶かしてくださいね。」と教えて頂き、「すだち塩わさびタレ」に炙ったブリをつけ食べてみる。4人が4人とも余りの美味さと初めての味に唸ってしまった。

いよいよ料理も大詰め、テーブルの真ん中に鍋の用意をし出している。水菜がたっぷりと入った銀の鍋は牛のしゃぶしゃぶ用のお出しなのだけど、またまた仲居さんから「まずは、おだし汁を飲んでみてくださいな。」とのオコトバ。それにしても美味い。この出しを取るだけでもかなりの手間を掛けているのだろうなぁ。そこに見事にサシの入った和牛のお肉をしゃぶしゃぶするのである。皆しばし夢中で、しゃぶしゃぶ、しゃぶしゃぶ、しちゃうのである。ん〜、ンマい美味い。極上の牛肉はこれまた三枚で十分納得でした。

焼酎のロックも4杯目になり、丁度心地良くなってきた頃に〆のご飯である。
お茶碗の中に入った焼きおにぎりに先ほどのしゃぶしゃぶのだし汁をたっぷりとぶっかけて戴くのだ。今日は牛のしゃぶしゃぶだったけれど、松茸の時期になると鍋も料理も松茸づくしになる。季節の旬を出してくれる料理屋だからこそ、また来たくなるんだよね。最後は豆乳のデザートとエスプレッソ。苦めの珈琲が再び頭をシャキっとさせてくれた。本日もお見事な料理でした。ご馳走さまでした。ご主人、堀内さんの料理には脱帽です。
(さすがにこっちも仕事中、料理の写真は撮れなかったのだ。)

仕事の話は15分位で済んでしまい、あとは相変わらず酒と女のくだらない話で花が咲く。まぁ、打ち合わせも上手くいったし、良しとするか。
by cafegent | 2007-01-19 18:50 | 食べる