東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やっぱ、名古屋に来たら、王道の八丁味噌ときしめんだがや。

週明け、気合いを入れて名古屋まで日帰り出張に出掛けた。午後一杯使って提案した内容に先方の社長たちも真剣に耳を傾けてくれて、こちらもその熱意に応えてなければ、と十分な手応えを感じて名古屋駅まで戻った。

途中、高級ブティックの立ち並ぶ繁華街を歩いていたら、なんとも渋い喫茶店を発見。その名も『喫茶 赤と黒』。
b0019140_12383681.jpg
昭和な内装にイカした椅子席。次回、立ち寄ってみようかな。

新幹線の時間まで1時間半ほどあったので、ブタドクロと二人で駅近くの居酒屋に入る事にした。まずは冷たいビールで喉の乾きを潤す。
で、名古屋に来たんだからと、スジどて串と串カツを注文。
b0019140_1239312.jpg
八丁味噌の濃い甘さが今日のの疲れをじんわりと取ってくれそうだ。
b0019140_12393196.jpg
八丁味噌って云うモンは喰いながら鼻血が出そうなくらい濃い味だよね。でも、また手がでてしまい、スジどて串をお代わりしてしまうのだ。胸に研修中と書かれた名札をつけた中国系の女のコが妙に憂いを秘めていて気になってしまった。オヤジ二人は、鼻の穴おっぴろげて、ニ〜っとしてしまうのだ。
b0019140_1240286.jpg
「鳥手羽」を醤油味、ニンニク味、カレー味と立て続けに三皿注文し、あのコが運んでくれるのをフガフガと楽しく呑んでいたが、たまにニィちゃんが運んでくるとガッカりなのである。
俺たちまるで東海林さだお、か?
b0019140_12402552.jpg
ジョッキ3杯呑んだ処で「ささみのどて焼き」も気になったが、新幹線の時間まであと15分。
お会計をして、駅に移動。

郡上八幡出身のブタドクロは、名古屋駅に着くなり、「名古屋のオンナはみな顔がキツくて、性格悪そうだ」とヒドいことをほざいていたのに、プレゼン終わって、意気揚々となってくると「名古屋のオンナがみんなカワイく見えてきた」と勝手なことを云いだした。まったくいい気なモンだな。

「これ、結構イケるよ」と、駅のホームの立ち食い屋で「きしめん」を食す。ほんとだ、出汁が効いていて、結構美味かったなぁ。
b0019140_12404764.jpg
パートの叔母ちゃんたちが3、4人でチャッチャか分担作業で作るきしめんには母の味がギュっと絞ってあったように暖かかった。
さてと、心あったまったところで帰路東京へ。
b0019140_12411023.jpg

[PR]
by cafegent | 2007-02-07 12:47 | 食べる