東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ネズミの映画を観てフレンチでもと思ったが、豚バラでスタミナ補給。

それにしても毎日、BUGGY HOT DAYS! ムシ暑い! なんちて。

六本木ヒルズまで映画を観にやってきた。
ヒルズはお盆休みで人、人、人で大賑わいを見せていたが、それを狙ってなのか『LATIN AMERICAN GARDEN』と云うラテンな雰囲気のビアガーデン風テラスが出ていた。
b0019140_13291166.jpg
映画の始まりまで少し時間があったので、生ビールをゴクリと戴く事にして、ほろ酔い加減で映画を観ることにした。
b0019140_13413643.jpg
この日は「レミーのおいしいレストラン」なる映画を観て来たのだが、テンポも良く全体のディレクションも音楽も結構楽しめた作品だった。
ただ、最近のCGアニメは実写と区別が付かないほどリアルな映像を創りだしており、エンドロールの昔懐かしいようなアニメの方に惹かれてしまうのは否めなかった。
それでもキャラクターの表情のデフォルメ感はとても良かったと思う。

また、パリの街並をそのまんま再現しているので、知っている店なんかが登場して笑わせてくれた。
b0019140_13294062.jpg
屋根裏のアパートメントもこんな感じか。

レミーが親ネズミに連れて来られ、「人間とは関わるな」と諭すシーンに出て来た店も実際に在り、ショーウィンドウに鼠取りに捕まったネズミがそのままぶら下げられて飾られているのだ。
b0019140_13312050.jpg
結構、不気味だよね、これ。

また、原題の「RATATOUILLE」(ラタトィユ)もフランス田舎料理の野菜の煮込みとネズミのRATを引っ掛けているあたりのベタなセンスが僕的には好きだなぁ。

映画が終わって、さてフレンチでもと思ったのだが先日『LABO』に行ったばかりだったので、180度違うモンを喰おうと云うことになった。
で、『オルガンバー』の先にある『ホルモン ゆうじ』にてスタミナつけようと思った訳だが、ちゃんとした店はちゃんとした時には休むのね、と電気が消えていたのである。

そんな訳で道玄坂から駅の方に向い豚肉専門店の『とんちゃん』に行く事にした。
b0019140_1332469.jpg
激混みかと思いきや数人しか並んでおらず、こりゃラッキーと店内へ。待つこと15分程度で3階の席に案内してもらえた。

ここのウリは、生の三段豚バラ肉を石の上で焼くメニュー。1人前900円と云う安さの上にサンチュ、ニンニク、唐辛子、焼きキムチ、それに海老やナムルなんかのおつまみが四品も付いているのだ。ぐふふ。
b0019140_13324467.jpg
b0019140_133426.jpg
豚バラ肉は、「オンドル」と云う石を熱し、その余熱の力で絶妙な焼き加減を保ち焦げ付かずジューシーな豚肉を食べる事が出来る。それとここのコンロは予め傾いているのだ。ナナメに石鍋が傾いているので、豚バラから出る余分な濃い油分を全部オンドルの淵のミゾに上手い具合に流れ出てくれるのである。
b0019140_13344520.jpg
これ、どっかで見た光景だなぁと考えていたらニューヨークの下町ブルックリンに在るステーキの名店『ピーター・ルーガー』のTボーン・ステーキの置き方とまるで同じだった。但し、ピーター・ルーガーの場合は、斜めにした皿に溜まって行く肉汁をたっぷりとステーキに付ける為なので、油を捨てるのとはチト違うのね。

今回は「三段バラセット」2人前と「骨付きバラ肉」1人前(1200円)を頼み、〆に「焼き飯」(500円)を2人前頼んだが、これだけでもう十分満足だった。
b0019140_13443182.jpg
小気味良くチャッチャッと焼き飯を作ってくれるのだが、目でも楽しめる一品だ。
b0019140_13372329.jpg
スタッフも若い韓国の方が多いのだが、客層の2/3位も韓国人で渋谷の雑居ビルの上はさながら明洞(ミョンドン)辺りにワープした気分に浸れるのだ。
b0019140_13375791.jpg
ハフハフしながら頬張る焼き飯が胃に滲みる。
他にもチヂミや激辛のアンコウチムなんかのつまみも充実しているし、豚肉焼き以外にもジャガ芋のカムジャタン鍋や海鮮鍋なんてのもある。

新宿に本店が在るのだが、場所が区役所通りと職安通り近くなので僕らと無縁な世界の若いホスト連中がウジャウジャいる界隈である。なので、渋谷店が便利なのだ。朝5時までやっているあたりも僕ら呑んだくれ連中には嬉しい限りなのである。これで、瓶ビールが大瓶だったら、もう何にも云う事無しなんだけどなぁ。
まぁ、NO DIABLO GINGER!  ショウガない! か。
あー、我ながら下らんが好きだなぁ。

木曜日の昼はヨーロッパから帰って来た役者の尚玄(ショーゲン)君と久しぶりにランチでもと云うことになった。

事務所を出て、目黒川沿いを歩き中目黒手前のカフェ『HUIT』へ。日差しが強かったが、木陰は案外気持ちの良いもんだった。
b0019140_13563793.jpg
ショーゲン君も最近は映画「アコークロー」の劇場公開もあったし、精力的に映画の仕事をしている様子だ。
b0019140_1341771.jpg
一緒に食事をしたBAMBIの今井みはるさんは映画のプロデュースをしている方で、彼女がプロデュースし、浅野忠信監督作品の映画『トーリ』に尚玄が出ているのだった。
b0019140_13402026.jpg
彼女がプロデュースした映画では、浅野忠信主演の『ソラノ』が在るが、こちらは結構話題になったので知っている方も多いだろうね。

最近の映画の話やら近況などを語っていたら、三人とも同じ町内に住んでいるご近所だと云うことも判り、次回は近所のアイリッシュパブで飲み会をすることになった。今井さんは僕と共通の知り合いも多く居る様子だし、何故か僕のこの日記も結構見ているとの事だった。イヤハヤ、オハズカシイカギリだ。

8月からまたWEB上でのコラム連載がスタートしたので、ネタを探したり、いろんな方にお会いしたりとお盆も関係なく過ぎて行く。
今夜は神宮外苑の花火大会だ。友人のオフィスの屋上を開放してくれると云うのでワインでも持って行こうかな。また、新しいネタが見つかるかもしれないしね。
by cafegent | 2007-08-17 13:49 | ひとりごと