東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

我が家の9.11事件はスーパー『杉の木屋」の倒産である。

今朝、起きていつものスーパーに買い物に行くと開いていないのである。二日酔いを醒まそうとグレープフルーツジュースを買おうと思っていたのに「なんたることか!」。
b0019140_15123373.jpg
長年、我が家の冷蔵庫として重宝していた白金台のスーパー『杉の木屋』が倒産してしまったのだ。ここは、朝10時から翌朝8時まで営業しているので、夜中に帰ってきても買い物が出来るし、早起きした朝も牛乳や卵などを買う事が出来た。

しかし、2001年に起きたあの事件はまだ記憶に新しいが、我が家の身近な9.11事件はスーパー『杉の木屋』の倒産劇であったのだ。
b0019140_1524963.jpg
それにしても何の前触れも無く突然張り紙がしてあるだけで、もぬけの殻なのである。取引業者たちもきっと何も知らされていなかったのだろう、ガラス扉の前で呆然と突っ立っていたり、携帯で会社に電話して何やらわめいていた。
が、一番困るのは我々近所に住む住人だ。明日からはかなり歩かないとスーパーが無いのだ。広尾のナショナル麻布スーパーマーケット、明治屋か、それとも白金台駅近くの東急ストアーか。
はて、困ったものである。
b0019140_1532144.jpg
『杉の木屋』は都会のど真ん中にありながら深夜営業しており、品揃えが『明治屋』並だったので、真夜中にクルマで立ち寄る芸能人たちの姿を多く見かけることが出来た。西麻布のバーなんかよりも凄かったなぁ。(と、ミーハーなワタクシである。)

外はもの凄い勢いの土砂降りだ。昼飯を食べに出掛けようと思ったが、雨脚の強さに躊躇してしまった。小一時間程で止むのだろうか。
*****************************************************************************先日、久しぶりに松見坂『ボラーチョ』まで食事に出掛けた。以前は下北沢や富ヶ谷に住んで居たのでちょくちょく通っていたのだが、最近は生牡蠣の時期とかグラタンの欲しい季節にならないと行かなくなってしまった。

ここは僕がハタチの頃からお邪魔しているから、もう30年近くも通っていることになる。今はもっぱら『なるきよ』だが、当時は『ボラーチョ』が僕の台所となっていた。この日も昼間は暑かったが、夜になると風も出て来て少し涼しくなっていたんで、「茄子のグラタン」が食べたくなったのだ。

まずは、ビールに「エスカルゴ」。
b0019140_1543744.jpg
この香り豊かなガーリックバターをパンに浸して食べるのがたまらなく美味いのだ。エスカルゴと云う奴はこのバターの味を愉しむ為のツマみたいなものだな。

続いて出て来たのは「チキンカツ」。
b0019140_155224.jpg
これまた何十年と変わらぬ大きさだ。洋食屋ならではのフライパンで作るカツはこれまたビールに合う。

そして、おまちかね「ナスグラタン」の登場である。
b0019140_1553158.jpg
熱々をハフハフしながら食べるのは最高だ。牡蠣グラタンなど他のグラタンもいずれ劣らぬ美味さであるが、トマト味の効いたナスグラタンは酒のアテにもってこいだ。

美味しい料理に舌つづみを打っている処へ、知った顔が入って来た。
古川橋に程近い三田の『アダン』の川内一作さんだった。あぁ、また小言を云われるかなぁと思いつつ、ご挨拶。一作さんとはいつも何処かの酒場で出会う。
先日も渋谷のんべい横丁や銀座『ビザール』でお会いした。でもって、会うと大抵頭叩かれたり、小突かれるのである。
まぁ、ずっと『ケセラ』の事がシコりになっていたのだが、この日の一作さんは違っていた。そして、とても上機嫌であったのだ。
b0019140_1555649.jpg
そして、赤ワインまでご馳走してくれて、「お前もそろそろ出禁解いてやるから、また呑みにきなよ。」と言ってくれたのだ。こりゃ大変だ、凄い事だよまったく。
聞けば、また来年に向けて新しい店を出す準備を始めているらしい。
そして、ついに宮川賢左衛門さんとあの伝説の店を復活させるそうだ。
僕がやっと『アダン』に顔出せるようになるのも嬉しいが、80年代初め霞町で伝説となったあの酒場をまたやると云うのも素晴らしく嬉しいニュースである。

たまにお母さんの店に顔を出したのも、きっと縁なのだ。
腹一杯になっていたが、せっかくなのでもう一皿「イカ墨のスパゲティ」を戴くことにした。
b0019140_1574696.jpg
ワインも美味かったし料理も最高で、あぁ幸せ。一作さん、ワインご馳走さまでした。
b0019140_1572040.jpg
そして、こっちも上機嫌で道玄坂を下り、のんべい横丁の『Non』へ移動した。
そうそう、一作さんが連載している『日々(デイ)トリップ』も面白いので是非!挿画はご存知ソーメー師匠である。
「日々トリップ」
*****************************************************************************
『Non』では馴染みの連中が狭い店内に溢れて賑わっていた。
b0019140_1581555.jpg
b0019140_1583983.jpg
ブタドクロも美女相手にかなりの上機嫌である。
b0019140_1591747.jpg
小山君は弄(イジ)られやすいキャラなのか、皆のオモチャと化していた。
b0019140_1594644.jpg
シネカノンの松井姐さん、本気でどついていたし。
それでも本人はメゲずにニコニコしていると云うのは、矢張り相当の阿呆なのであろうか。最近はこっそりと『田神バー』で客の女のコを口説いているご様子だが、まぁ憎めないキャラクターなんであろう。
*****************************************************************************
b0019140_1512590.jpg
昨晩は『なるきよ』、『Non』とハシゴ酒。たまに一人で呑んでいるといろんな連中に出会うね。
b0019140_15114122.jpg
『なるきよ』では、デザイナーの田中君に会い、美味いタカベを焼いてもらたった。『Non』では、なんとも久しぶりにバーテンダーの青木に逢った。ダーツを投げさせりゃ世界6位だし、世界バーテンダーコンクールでも日本代表になるって云うのに、本人しょっちゅう手を怪我したりで、実に奇妙な男である。

ソニーレコードのモリケンさんが『田神バー』に行くと云うので、後から追っかけることにした。

『田神バー』はユルい空気が流れ、実に気持ちの良い居心地である。
『Non』に到着したと云う松井姐さんもこっちに呼んで呑み直すことにした。小山君、またしても一人客のマイコちゃん相手に頑張っていた。

いつの間にか僕もすっかりカウンターが枕になっていた。気がつけば朝の4時を廻っているではないか。おやまぁ、2時間近くも寝ていたことになる。皆もう帰ってしまったか。

しかし、それでもまだ「皆に話題を提供してくれる」小山君はしっかりとマイコちゃんを口説いていた。もう勝手にやってくんなはれ。次回のコケた話が楽しみなだけなんで、せいぜい頑張って欲しいものだ。

タクシーに乗り込み、帰宅。朝5時就寝、駄目だこりゃ。
[PR]
by cafegent | 2007-09-11 19:00 | 飲み歩き