東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「エレガンス中毒につける薬はない」そうだ。

先日、青山スパイラルにて野宮真貴さんのソロ・リサイタル「エレガンス中毒」を観せて頂いた。
b0019140_1284051.jpg
Tokyoのパーティー・シーンで話題となった寿司パフォーマンス「美人寿司」を繰り広げている鬼才、湯山玲子女史がプロデュースしたショーで、昨年の「JOY」同様に大変素晴らしい内容だった。

湯山さんは「女ひとり寿司」と云う本も献上しているクリエイティヴ・ディレクターなのだが、其の存在そのものがキャラクターとして確立されている。
b0019140_127691.jpg
野宮真貴と岩谷俊和の個性派二人に囲まれても、此の存在感はさすが!
b0019140_1248582.jpg
公演前に協賛しているKashikey BROWN DIAMOND社のパーティが催されDress Campの岩谷俊和デザインのゴージャスなティアラなどが展示されていた。

会場では久しぶりに元博報堂の丸山さんにもお会い出来た。僕は映画プロデューサーの今井みはるさんと一緒に行ったのだが、みはるさんは丸山さんも湯山さんも知り合いだとは知らなかった。また、世間が狭いナと思ったひと時だった。
会場では、Gold Fingerチガちゃん、着物スタイリスト如月まみさん、寺本りえ子さん、菅野喜夫さんにもお会いした。

Dress Campのヤギちゃんは相変わらず、此処は青山なんだから、そんなハシタ無いコトしちゃ駄目よ!、と云いたくなる程に可愛いティム君を口説いて居た。
ナニが「ティムタク可愛い」だ!(でも、可笑しいナ。)
会場では、ヴィヴィアンとジャスミンもひと際目立って居た。
b0019140_1273191.jpg
ジャスミンがおしゃべりしているのが、ティム君だ。矢張り可愛いか。
b0019140_1275092.jpg
コチラは、ご存知ドン小西氏と岩谷クン。

今回のリサイタルは衣装を岩谷俊和氏が手掛けており、音楽は菊地成孔氏だ。菊地さんのオリジナルが二曲唱われたが、本リサイタルでも唱うピチカート時代の曲とは対照的に今の真貴ちゃんにとても似合った楽曲だったと思う。岩谷クンの創る数々の衣装も素晴らしかった。最後の純白ドレスから美しい男のコ二人が登場した時には思わず笑って仕舞ったが、頭上に輝くティアラも美しかった。

野宮真貴と云うシンガーは本当に唄が上手い。そして、大人の色気と圧倒的な存在感を放っていた。此れだけは、今時の若いコには絶対に真似の出来ない彼女の魅力だろうナ。

素敵な舞台にすっかり酔って仕舞ったが、此の後更に酔ったのだった。
b0019140_12491242.jpg
ジャスミンちゃんの日記にティム君、ヤギちゃんと映っていた僕も居たので、写真拝借しちゃいましたよ。ありがとうね、ジャスミン。
by cafegent | 2008-04-07 12:16 | ひとりごと