東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2011年 09月 26日 ( 1 )

二十四節気では秋を分ける「秋分」の日を迎えて、雲も高くなりすっかり秋らしい気候になったネ。
b0019140_12262416.jpg
「夜長」の時季となり、酒を片手に読書に更ける夜も多くなりそうだ。

先週は日曜から3日間連続で休肝日を作った。本当は5日連続にしようと思ったのだが、あの台風15号の猛威に打ち勝ったご褒美を勝手に決めこみ酒場の暖簾を潜っちまったのだナ。

そんな訳で水曜日は泥酔し、木、金とまた2日連続で酒を抜いた。
煙草はヤメてから20年位は肺が綺麗にならないと聞くが、酒はどうなのだろう。5日も酒を抜いたらすっかり肝臓も元通りの丈夫になっている気がするのは自分だけなのだろうか、ハテ?

しかし、休肝日の翌日は何故こうも泥酔するのだろうか。
貧乏性だから、酒を抜いた分の元を取ろうとするのかネ。駄目だナ。
       ◇        ◇        ◇
土曜日は、昼口開けの『牛太郎』に向かった。暖簾を潜るとヒゲオヤジ君が既に到着していた。

いつもならば、この時間は立石「土よ宇朝酒」の二軒目あたりの時間だが、『宇ち多゛』がお休みだったので、「土よ牛」となった訳だ。

久しぶりの酒は五臓六腑に沁みわたるネ。先ずは、瓶ビールに始まり、酒がススむ。あぁ、酒が水の如く流れる。
b0019140_12285662.jpg
酒のアテは、ポテサラとスパサラの相盛りと自家製ナムル。80円と言うのも嬉しい限りだネ。
b0019140_1230409.jpg
ホッピーも続けて三杯。最後はバイスで〆た。
b0019140_12305279.jpg
午後2時を廻り、すっかりヘベのレケとなった。

この日はちょいと用事があったので、ハシゴ酒をせずに終了。
       ◇        ◇        ◇
日曜日は、朝から家の掃除を済ませた。風呂場は外せるパーツを総て分解し、徹底的に掃除した。水アカって奴はしぶといネ。それでも3時間程かけてピカピカに仕上げることが出来た。

午後は、トイレ掃除と床磨きを済ませ、酒の前の儀式が終了。

午後4時口開けの野方『秋元屋』を目指して家を出た。
b0019140_12342546.jpg
野方駅に降りると午後の日差しが線路の向こうにかかり、踏切に長い影を落としていた。

開店15分程前に到着すると既に先客有り。毎度お馴染み荒木マタエモンさんが一番乗りであった。
b0019140_12354961.jpg
と言う訳で、お約束!ハイ、ドーンッ!

4時丁度にいつもの席に着く。
b0019140_12362219.jpg
昨日は生ビールから開始した。
b0019140_12365557.jpg
家掃除のままの格好で出て来たものだから、どうみてもスーパーマリオなワタクシでアル。
b0019140_123723.jpg
煮込みもウマいネ。
b0019140_12375844.jpg
酒を三冷ホッピーに切り替え、串がススむ。
b0019140_12381165.jpg
風邪で体調がイマイチと言いながら、Qちゃんも赤星が2本目だ。

三冷を二杯戴き、菊正宗の冷やにした。
b0019140_12382924.jpg
隣りにいらした方たちとも話が弾んだナ。
b0019140_12425034.jpg
阿佐ヶ谷の『立ち飲み風太くん』等で仕事をなされているナイスガイな鳥羽さん、与太話にお付き合い戴きありがとうございました!

すっかり長っ尻になってしまった。
あぁ、気がつきゃ3時間も居たのだネ。

皆とは此処で別れ、僕は目黒へと移動。

『権ノ助ハイボール』のドアを開く。武田さんの作るウィスキーハイボールは、本当に美味い。
b0019140_1243489.jpg
レモンピールの香りが、角の味を引き立てる。炭酸の効きも絶妙だ。
b0019140_12431766.jpg
この日も良い酒を戴けたナ。

すっかり酔っ払ってしまった。こんな晩は、大抵足がもつれて怪我をするのだナ。と夕べは慎重に家路に向かった気がする。

だが、朝目が覚めたら、オーバーオールを来たまま床に居た。
まぁ、怪我ひとつしていなかった事だけが幸いか。

     二合酒 朧の月に 夢うつつ     八十八
[PR]
by cafegent | 2011-09-26 12:47 | 飲み歩き | Trackback | Comments(0)