東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent

2011年 10月 26日 ( 1 )

b0019140_12361417.jpg
マーベルコミックスから、また新たにキャプテン・アメリカが実写版映画になったのだネ。ハルク、ファンタスティックフォー、スパイダーマン、X−メン、デアデビル、アイアンマン、ゴーストライダー、ソー等々続々と登場しているが、CGやSFX(特撮)の進化がアメコミの実写化に大きく貢献しているのだナ。

『Amazing Fantasy』の1962年8月の第15号に初めてスパイダーマンが登場した。
b0019140_12395097.jpg
スタン・リーが原作を考案し、鉛筆入れのジャック・カービーとインク描きのスティーヴ・ディッカーによりスーパーヒーロー、スパイダーマンの姿が完成された。
b0019140_12404441.jpg
これは、ジャック・カービーの自筆の漫画原稿だ。
b0019140_1241032.jpg
以前、渋谷パルコで展覧会を企画した時にニューヨークのコミック専門の画廊で手に入れたものだ。彼は、ハルク、X−メン、ファンタスティック・フォー、そしてキャプテン・アメリカの創造者だ。
b0019140_12421349.jpg
これは、超人ハルクの原画で、下の方が印刷されたコミックスだ。
b0019140_1242235.jpg
当時、『Amazing Fantasy』シリーズ自体は不人気で、この第15号で打ち切りとなった。
b0019140_12464178.jpg
マーベルコミックスの生みの親スタン・リーは、どうせ打ち切りになるのなら、好きなようにしよう」と、新たなキャラクターのスパイダーマンを登場させた。ところが、意外や意外その反響が大きく翌年の1963年に『The Amazing Spider-Man』が創刊されたのだナ。
b0019140_1247276.jpg
アメリカでは投資目的で、アメコミの初版本や原画が取引されている。初版本はその保存状態によって大きく値段が変わるのだネ。
b0019140_1249196.jpg
ミント・コンディション(限りなく新品に近い状態)のスパイダーマンの初版本などは、ナント13万ドルもするのだヨ。
b0019140_12482747.jpg
一千万円以上もするのだから驚きだネ。
b0019140_12493674.jpg
NYの画廊『メトロポリス』がコレクションしているリストによれば、下は4千ドルくらいから有るのだが、それでも高い。
b0019140_1375253.jpg
僕の仕事場には、多くのマーベルヒーロー達の初版本を飾っている。

先日、東京スカパラダイスオーケストラの大森さんにスパイダーマンの初版本を進呈した。自他共に認める大のスパイダーマン・ファンである大森さんの元に届いて、スパイダーマンもきっと大満足だろう。

そう云えば、最近スパイダーマンが変わったと云うニュースを聞いた。
新しいスパイダーマンは、黒人とヒスパニック(中南米系)のハーフの青年になった。
b0019140_12531321.jpg
今までは、ピーター・パーカーと云う白人青年だったのだが、彼が死亡したことを受け、後継者としてマイルス・モラレスなる10代の青年を登場させたそうだ。
b0019140_12524715.jpg
米国の大統領がオバマ氏になり、マーベルコミックスでも「現実の多様性を反映させたかった」と云うことだ。

これからもマーベルコミックスから目が離せないのだナ。
      ◇         ◇         ◇
さて、昨日は火曜日。酒朋ビリー隊長と『宇ち多゛』で合流した。
b0019140_12563819.jpg
午後六時半に到着すると、宗さん側奥席に地元ウーさんが既に梅割りをやっていた。
b0019140_12565934.jpg
カシラ塩をアテに大瓶を戴いた。ビリーが着いた頃には、もうカシラも終わり。アブラとガツ、シロ、それにレバーの四種類のみとなった。

女将さんらにイジられるビリーを肴に酒もススんだネ。

もう一軒行こうと云うことになり、大人の遠足は鐘ケ淵の『はりや』を目指した。八広から歩くのも遠いので、押上から乗り換えることに。

そして、押上から乗った電車が急行だったのだナ。鐘ケ淵どころか4駅も通過して一気に北千住に到着だ。戻る電車も暫く来ない。

で、北千住で吞むことになった。相変わらずおバカなワタクシたち!

駅前のロータリーを抜けて向かった先は『千住の永見』だ。
b0019140_1305761.jpg
金庫番の親爺さんにご挨拶をして二階に上がった。ちょうど、奥の4人席が空いていた。
b0019140_1311719.jpg
ビリー隊長は、スタミナ納豆。
b0019140_1312851.jpg
ウーさんはカレーコロッケ、そして僕はハラミ焼きをお願いした。
b0019140_1314178.jpg
さて、乾杯!
b0019140_1315662.jpg
追加で頼んだイカゲソから揚げが酒をススませたネ。
b0019140_1342951.jpg
いやぁ、美味かった。
b0019140_1322347.jpg
北千住で皆さんと別れ、僕は武蔵小山に移動した。

秋風の吹く駅前の路地を抜け、階段を昇る。馴染みのバー『Syu-On』は、マスターの穏やかな笑顔で僕を迎えてくれた。
b0019140_136868.jpg
一杯目は、余市の10年でハイボールをお願いした。

何故か、茹で卵が有る。
b0019140_1362888.jpg
目の前に有るとどうしても食べたくなるのだナ。黄身の茹で具合が絶妙で酒に合う。むふふ。
b0019140_1364941.jpg
二杯目は、CAOL ILAの8年を戴いた。
b0019140_13122616.jpg
芳醇な香りが僕をアイラ海峡まで一気に旅させてくれた。

目を閉じれば、スコットランドの海風が吹く海峡が浮かぶ。
b0019140_1371145.jpg
最後はシジミの味噌汁を戴いて、ほっこりとした気分で家路へ。
あぁ、だから今朝は目覚めが爽やかだったのだネ。
ありがとう、マスター。
[PR]
by cafegent | 2011-10-26 13:13 | 飲み歩き | Trackback | Comments(3)