東京だからこそ出会う人や店をつれづれなるままに紹介


by cafegent
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月に入ってから、毎晩の酒の量が一段と増してきた。いろんな店でいろんな連中が集まっているからハシゴする件数が増えているんだな。金曜は麻布でスタートして、六本木、西麻布と経由して最後は青山のバーで果てた。土曜日は西麻布の交差点から少し渋谷寄りの所にある隠れ家の様なバー「RiKaz」のリニューアルパーティがあった。その名の通り、美人の理香さんが仕切っているのだが、ガキが来れないように値段設定をもっと高くしようか、なんて云っていた。この店に似合う音楽を選曲して欲しいと云うので、激混みの渋谷HMVにて、女性が濡れてトロけてしまいそうな甘アマ・ソウルやジャズを十数枚買ってきた。レイ・グッドマン&ブラウンのSTAYやケニー・ランキンのAfter the Roses、ティル・ブロナーのThat Summerなんかを取り混ぜてみた。ジプシージャズのローゼンバーグ・トリオも選んで正解だった。女口説き系のバーの選曲は案外ハマるなぁ。コイーバのシガーを舐めながら女の太もものストッキングを撫でるような、そんなバーですかね。でも、ラム酒をもっと充実させた方がイイネ。RiKazのウェブサイト

b0019140_17402825.jpgイイ感じで酔いはじめてきたので、そのまま歩いてレッドシューズに向かった。この日は森永さん主宰のイベント「第3土ヨー日」をやっていて大盛況だった。Asshもマサルも忙しそうに酒を作っていたなぁ。あっ、Assh、大好きな珈琲ウォッカありがとう。とっても旨かったぜ。そう云えば、一時日赤通りのMWTでは、こればっか飲んでいたっけ。レッドシューズでジャック・ロックが効いたせいか、ビザールのコに心がときめいてしまった。バーで独特の色気を発するオンナって素晴らしくイイね。眺めているだけで酩酊してしまいそうだ。

そのあと締めに一杯飲んで帰ろうと思ってビブラビに行ったのがヤバいことになってしまった。歌唄いのオレンジがドラァグ・クィーンのジャスミンを連れてやって来た。b0019140_1801480.jpg強烈な取り合わせだったけど、酔いのついでにもう一件行こうって事になって、結局帰るどころかデザイナーの山ちゃんこと山本シゲキ氏とハチのオーナーのオーガナイズするイベントにてストリッパーを見ながら悪酔いしてきた。
あぁ、酒とタバコと香水の匂いで、記憶がここでぶっ飛んだ。おアトがヨロシイようで...
[PR]
by cafegent | 2004-12-20 17:45 | 飲み歩き
ELOHAのオープニングに行く為に中目黒まで出かけた。改札をでると、グッドタイミングで画家の阿部隆一氏に出くわした。「お−っ元気!!」って手をあげたら、今度はタクシーが僕らの前に止まって、そこから降りて来たのは鶴亀工房の島田君だった。そんな訳で三人でDEPOTに向かうことに。それにしても、個性的な男3人で歩いてるととてもカタギの生活をしている風には見えないね、僕らって。
線路の高架下沿いを歩いていて、やたらと新しい店が出来たなぁって思ったけど、どこも激変だね。

DEPOTのドアを開けると、そこからすぐに熱気が伝わってきた。既に馴染みの顔がいっぱい集まっていて、絵を見る前に「やぁやぁ、ご無沙汰」の挨拶タイムになってしまった。島田君ってずっとファッションのデザインやっているのかとばかり思っていたら、グラフィックだったんだね。知り合って随分と経つけど、完璧に勘違いしていたんだね。ごめんねー。この前、波乗りで右手を怪我したらしく、親指にプロテクター付けていたのに、思いっきり握手してしまった。またまた、ごめんね。
ハワードの遠藤君も子供連れで来ていたし、Kads MIIDAの二人の息子も元気いっぱいにしていた。みんな、下北沢で遊んでいた頃は悪ガキどもだった様な気がするけど、今じゃあ、僕が独りモンに戻っちまって、悪ガキ以下のろくでなしになっているかもなぁ。

Kads MIIDAは、この夏にまたジャマイカに行って来たらしく、熱くなっていた。今回の作品も油絵で描いており、Kads自身がソウルフルでスピリチュアルな何かを向こうで宿してきたようだ。LAから覆面アーティストのRockin' Jelly Beanも戻って来ていて、久しぶりに会えて良かった。会場があまりにも熱いせいかトレードマークのマスクを脱いでいたのには、笑えた。b0019140_11234810.jpg彼はアート以外に「ジャッキー&ザ・セドリックス」っていうバンドもやっていて、今日下北沢シェルターでライブの筈だ。今日、一緒にやるバンド「DMBQ」ってのもかなりイイバンドだね。あそこハコが小さいから満杯だろうな。こういう日に限って、夜に打ち合わせが入っている。バカヤローだなぁ、まったく。

ELOHAには、他にKen The Flattop、fish、Mieishiiが参加している。ピンストライパー・アーティストKen The Flattopの作品は、ブリキに直接描かれており、額装含めて一体化した作品は面白かった。Mieさんはお馴染みのロング・ボーダーの作品ではなく、エロ派な感じでした。彼は、ほんとに人柄がいいっていうか、気持ちの良い風貌だよね。僕の友だちが波乗りで会うけど、やっぱりイイ人だって云っていた。
fishの作品もヒステリックグラマーでのアートワークとはまるで違う作品で強烈な個性を発していた。とても絵の上手い人というイメージがあったけど、もっと沢山の作品が見たくなった人でした。

DEPOTって物凄くデカいハコなのに、熱気でムンムンしているのは、ショーケースをやっている入り口付近だけなんだよね。中で飯食べて呑んでいる連中は、全然こっちの絵を見る気配もなく、不思議だったね。僕だったら、何か面白い事やってるって判ったら、無理矢理でも入り込んで楽しんでしまうけどなぁ。これが、今の若者の姿なのか、悲しいね。さて、次の店に行こうか。

東急ストアの横のパーキングの前の雑居ビルの上に「SIX」というバーが出来た。串焼き屋の上なのだが、最初にいった奴は必ず迷うだろうな。僕も判らなかったし。そう云えば、かつて青山通りに『北青山ホテル』というバーが在ったけれど、そこのビルの雰囲気に似ているかもしれない、入り口だけね。北青山ホテルのボーイさんは、今どこで店をやっているのだろうか。誰か知っていたら教えてくださいな。
SIXは武藤君が独りで切り盛りしているカウンターバーで、真っ黒な店内は以外とスタイリッシュかな。カウンターの奥が丸くなっていて天井からポールが突き刺さっている。まるで、NYあたりのストリップバーのようにダンサーが踊れる雰囲気だ。聞けば、既に何人か酔っぱらったオンナがここで踊った事があるらしい。当然、ストリップしたんだよね、武藤ちゃん。彼は長い間、音楽家・織田哲朗のマネージャーをしていて、昔みんなでLAにロケに行った事がある。新人バンドの撮影だったんだけれど、65年式のマスタングのオープンカーを手配して、LAからニュ−メキシコ方面に旅をするという設定だった。あの頃から、武藤ちゃんは真面目だったね。僕とか織田さんは酒ばかり呑んでいた気がするよ。
ある時、下北沢のバーで織田さんが「僕もバーをやりたいんだよねー。」って云っていた頃があってね。それで、ウチの店のバーテンダー丸ちゃんも「この店に長く居すぎたので、そろそろ上がりたい」って云うんで、転職してさ。それから、数年したら織田さんの会社に入ったらしく、デビューしたての相川七瀬のマネージャーになっちゃったから世の中不思議だよね。織田さんは、その後目黒川沿いにCODAというバーと、代官山に今は無きDown to Earthというレストランをオープンさせた。武藤ちゃんもそのへんから触発されたんだろうね。
さっきのDEPOTを少し祐天寺よりに行った所に「SLOW JAM」という一軒家のフード&バーがある。この店のオーナーの吉田亮介も昔のバーの馴染み客で、今は丸ちゃんが仕事帰りにここで酒を創っているらしい。自分の店を出す為に腕が鈍らないように準備しているんだろうね。頑張れ、丸菱一郎。

さて、渋谷のMYKONOSに移動しよう。b0019140_1129678.jpgここの店の「よけまん」と云う焼酎が旨くてクイクイと飲めてしまって、ヤバいなぁ。ミコノスは、渋谷ののんべい横丁に「Non」というBooks&Cafeという3坪2階建てというヘンなバーもやっている。どちらの店も大抵飲んだくれ仲間の堀込さん&森さんに出会うんだよね。ホリさんは今、沖縄の映画撮っていて、そろそろクランクアップする頃だろうな。森んコも最近いつ電話しても「今、おきなわー」って非常にユルい返事が帰ってくる。みんなの話を聞いているだけでも、面白そうな映画になりそうだ。試写楽しみにしていよう。よろしくねん。
[PR]
by cafegent | 2004-12-16 11:33 | ひとりごと
六本木の芋洗坂を下っていくとストライプハウス美術館の向かい側にコンプレックスというビルがある。
食糧ビルが取り壊しになって、そこに入っていたギャラリーが木場に移ったが、いくつかは六本木に集まった。オオタファインアーツやギャラリ−小柳、レントゲンヴェルゲなどの現代アートのギャラリーに加え、もともと六本木でギャラリーを構えていたGALLERY MIN MINがコンプレックスビルに移転してきたのだ。
このビルも相当古いビルだが、MIN MINが中心となって芋洗坂を現代アートの発信地にしようとビルオーナーの協力でアートビルとして再生させた。今年はその隣のビルもトーキョー・デザイナーズブロックの開催にあわせてアートエキシビジョンを展開していた。このビルの事は、まぁ別にどこでも紹介しているので、どうでも良いのだが、このGALLERY MIN MINを主宰しているMIN MINことイクミさんという方がとびきり素敵な女性なのだ。もともとモデルか女優なのだろうが、その物腰といい、スタイルといい、まるで「LUX スパモイスト!ッ」って叫びたくなる程の美女なのだ。ここ数年で一番素敵な美女じゃないかなぁって云う気がする。
そして、輪をかけて素晴らしいのが、このギャラリーのキュレ−ション力である。アメリカのアーティストが多いけれど、ここで見て好きになった現代アートの作家が沢山いる。
b0019140_1653411.jpg
10月に開催したキャメロン・マーティンやフェラス・ミックレイノルズ、グレッグ・ロック、グラハム・パークス等々、ここで好きになったアーティストたちだ。中でもグレッグ・ロックの作品が好きなって、その周辺の作家を巡ってスー・ケンジントンという素晴らしい作家に出会ったりした。このギャラリーは、今東京で一番センスのいい作品を展開していると思う。それはまた、「東京だから通じるヒップさ」を感じさせるアートであり、その趣味の良さに脱帽である。それに、普通ギャラリーと云うと真っ白な空間が定石だが、このギャラリーはなんとPINK色なのだ。クラウディオ・コルッチという売れっ子クリエーターが手掛けているのだけど、彼もフィリップ・スタルク事務所から独立してからは、素晴らしい作品を沢山発表している。コルッチが手掛けている店でMIN MINも良く顔を出しているシャンパン・バーが六本木のはずれに在る。b0019140_16535858.jpg「Shu !」という店で、ヴィンテ−ジ物から手頃な物まで極上のシャンパンを揃えている小さなバーだ。コルッチのセンスが光り、怪しい赤い店内にはMIN MINと同じくらい素敵な美女がいつも居る。何人か居るらしく日替わり美女軍団だ。シャンパンに酔い、美女に酔い、赤い世界に酔うのだ。美女は最高だね。

b0019140_16532734.jpg
12月10日から始まるJan Staller展も六本木で見たいと感じる作品展だと思う。ここの所、時間が合わずオープニングに顔を出してなかったから、久しぶりに行ってみようかな。ここに来ると、帰りは大抵向かいのビルの2FにあるHBと云うバーか、その地下の怪しいゲイバーに立ち寄る事が多いな。HBを経営している桑野君と横山君は、中目黒のバーHIGASHIYAMA TOKYOに居た連中だ。この二人、東山から独立してバーテンダーの派遣とバ−オペレーションを受託する会社を立ち上げたのだ。今も数店鋪のオペレーションをやりながら、去年自分達のバーHBをオープンさせた。凄いねぇ、若いパワーと云うのは。彼等の事もいづれここで紹介しようかな。地下のゲイバーは、その世界では知らない奴は居ないくらい有名な北野さんという方がやっている店だ。デヴィ夫人、坂口征二夫人(って云うよりも、坂口憲二のお母さんと言った方が早いか)なんかが豪快に酒を呑み交わし、業界の裏側が垣間見れるヘンな店だ。北野さんとは、展覧会のオープニングパーティとかサウナとかいろんな所で出くわして仲良くなったんだけれど、話をしていたらバンコクに永住したインゴの良夫さんやケンジさんとも仲が良かったらしいのだ。ケンジさんとは2000年1月1日のミレニアムオープンで高級お洒落和食の店を一緒に開いた事があった。 今で言う所のNOBU TOKYOのような店だけれど、オープンの日はタイ中のお金持ちや芸能人達が集まってパーキングはフェラーリやベントレーばかりで、バンコクで一番シャンパンが空いたんじゃねーか、と言う位の凄さだったな。

話しがそれたけど、北野さんも六本木界隈じゃ筋金入りのゲイなんだね。昨日会ったら、彼が新橋で流行っていると云うゲイバーを教えてくれた。ヤバそうな匂いもするが、こんど行ってみよう。今夜は恵比寿のNOSにてタボちゃんのライヴ・ペインティングだ。相変わらず、昼も夜も刺激的で面白い日が続くなぁ。
[PR]
by cafegent | 2004-12-06 16:59 | ひとりごと

レッドシューズの逆襲

台風の影響で大雨が降り続く12月4日土曜の夜、レッドシューズの2周年パーティが開かれた。モンちゃんやこずえに「おめでとう」を伝えに行った訳だけれど、その日は何よりも「さすらいのバーテンダー二人組」の酒が飲めたのが嬉しい限りだった。ここ最近はカウンターのこちら側で酒を飲んでいる姿ばかり見ていたAsshもさすがにカウンターの中で仕事している姿はイカしてたな。Mも寡黙に酒を作っていたけれど、新宿御苑でラーメン仕事の手伝いをしていた姿より断然カッコいい。やっぱり、この二人、バーカウンターの中が一番水を得た魚の様に活き活きしてるぜ。
ジャック・ダニエルの杯が増えつつ、心地よく酔ってきた辺りに、DJが月山さんに替わりジャイブ、スカが流れる中どんどんと混雑してきて馴染みの顔達も集まってきた。月ちゃんは、レッドシューズで良く会うけど、新生レッドシューズのインテリアデザインを手掛けたんだよね。確か、昔の店は、あの松井さんだったっけ。

b0019140_16222781.jpgこの日は、2周年に加えて、「レッドシューズの逆襲」という本の出版記念でもあった。この界隈で遊んでいた連中は皆どっかで憧れているであろう森永博志さんとモンちゃんこと新生レッドシューズの店主、門野久志さんが作ったレッドシューズの伝説である。僕は81年から91年まで、六本木で仕事をしていて、丁度仕事を始めた年にレッドシューズもオープンしたと思う。あの頃は、他にToOLs BarとかTommy's Barとかで遊んでいて、途中で328とかが出来て行ったり来たり西麻布界隈が賑わっていた時期だったな。後に一緒に仕事をするなんて思ってもいなかった、ケセラのケンさんも当時クーリーズクリークという今のレッドシューズの向い側あたりで大人の集まる店をやっていた。僕なんかは20代だったから、クーリーなんて誰かに連れて行ってもらわない限り恐れ多かった。当時5歳年上だった彼女が富久さんの森村の後輩でTommy'sには出入りさせてもらってた。古い話だねぇ、まったく。まぁ、そんな懐かしくも刺激的な当時の事がたっぷり詰まった本である。昨日貰ったばかりだから全部読んでないけれど、お勧めしたい一冊だよ。
昨日はビザールも店を早じまいして、みんな駆け付けてきたし、KENYAにも久しぶりに会えて楽しかった。森永さんもいい感じでカウンター叩いて体揺らしていたなぁ。やっぱりイイ音楽に自然と体が乗ってくるのが最高だね。それが似合う店に出会って僕は幸せ者だぜ。b0019140_16241235.jpgb0019140_1624251.jpgDJからライブになって、店内も満杯になってきた。それにしてもモンちゃんの歌うStonesの曲やHoochie Coochie Manもゴキゲンだった。

思わず前まで行って一緒に踊ってしまった。レッドシューズ万歳!!
ジャック・ロック飲み過ぎて踊ったから酩酊が始まりつつも、さらに体の揺れを増加させたくなって、土砂降りの中328へと向かったのだ。

モンちゃん、こずえちゃん、昨日はお疲れ様でした。これからもゴキゲンな酒と食事と音楽よろしくです。
今日は台風一過と言うべく気持ちの良い秋晴れとなった。家の片付けしながら、リトルフィートとかクリームのLP架けてたら、また酒が飲みたくなってきた。さて、来週は、吉岡さんの店にでも顔だそうかな。
[PR]
by cafegent | 2004-12-05 16:31 | 飲み歩き